フォト
無料ブログはココログ

自然・宇宙

2024.04.19

竹は竹である

きのうの歌会でこんな五行歌を出した。


 竹は           リプル
 木なのか
 草なのか
 竹は
 竹なのだ

あまり得点は入らなかったが、文字数が少なすぎたか、簡単すぎたか、真意を読み取った人は少なかったようだ。私はものごとを決めつけるのは問題だということを言いたかったのだけれど。

農林省のホームページにこんなふうに載っている。

タケはイネ科タケ亜科に属する常緑性の多年生植物です。日本に生育するタケ亜科(タケ類とササ類)の植物は約130種類、そのうちタケ類は種としては20種ほど、変種・品種なども含めると50種ほどではないかといわれています。タケには草のような特徴もあれば樹木のような特徴もあり、草とも木とも違う生態を持っています

身近で不思議なタケの生態に迫る!:農林水産省 (maff.go.jp)

イネ科というと草のようにもみえるが、竹林を通るときなどまるで木のように思える。草の多くは毎年花を咲かせるが、竹の花は毎年は咲かない。マダケとハチクは120年周期に花を咲かせ、その後死んでしまうという。

むかし、子ども電話相談室で無着成恭先生がこんなふうに答えていたのを思い出す。「竹は草か木かというけれど、草でも木でもないものがあるんだよ」。それを聞いて、そうなんだ、なんでも白黒をつければいいというものではないということを学んだ。男でも女でもない人がいるのも不思議ではないのだ。

この歌を書いたきっかけは、朝採りのタケノコをいただいたことだ。その筍を若竹煮にしたら美味しかった。それでこんな歌をつくった。


竹かんむりに
旬と書いて
タケノコか
ちょっと
箸をおく

これをSNSに出したら、タケノコは10日で一人前の高さまで伸びるから旬という字を使うのです、という回答をいただいた。10日は一旬。たとえば、一ヶ月を上旬、中旬、下旬と分けるのと同じだ。果物や野菜の旬についてはまだ調べていない。

2024.04.05

クロス開店

向ヶ丘遊園駅のダイエーの跡地に複合型商業施設「クロス」ができて、きょう開店。チラシが入っていた。郵便局に行った帰り、道路にガードマンが立っていて「クロス満車、時間をずらしてお越しください」という看板を持っていた。チラシによると、イオン、ノジマ、セリアと歯科、メガネなどの店が入ったらしい。また、バス通りが渋滞するようになるから、嫌だけど仕方ない。

最近、救急車のピーポーが多く聞こえるが、人口が増えたのだから当然か。高齢者も増えたし。渋滞が起きると救急車も大変だろう。

けさは霧雨のなかを自転車で来たが、一日中どんよりした空で、寒い。あしたは曇りの予報だが、暖かくなり、花見はできそうだ。梨の花も咲き、八重桜まで咲いている。うちではチューリップとゼラニウムが咲いている。柿の葉がういういしい。

P1110050
柿の新葉

2024.03.21

グラリ!

9時10分ごろ、地震がきた。かなり大きい。震度4ぐらいに感じた。ラジオをつけると栃木県と茨木県の南側が震源地らしい。震度5弱と出ていた。そのまわりは4,3だ。うちは3階なので下より大きく揺れを感じることが多い。

たまたま、きのう来客と、南海トラフだの富士山の噴火などの話をしていたので、瞬間的にいろんなことを考えた。

家に電話をしてみたが、妻は動いていたらしく、あまり感じなかったようだ。上越・北陸新幹線なども一時止まったらしい。そういえば最近、千葉県にも地震が多発している。もう少し災害の備えをしておかなければいけないな、なんて思った。


すこし
瞑想をしてるぐらいじゃ
あわてるね
そんな自分を
冷静に見るなんて

2024.02.06

春の雪

Dsc_0006_burst20240206191235152-1

きのうは水っぽい雪が5~8㎝ぐらいつもった。立春をすぎたから、春の雪だ。しかし今日はやみ、道路の雪は午後にはほとんど解けてしまった。夕方6時ごろ、フロンタウンのサッカー場のまわりを歩いてきた。高校生ぐらいの子たちがジョギングや体操をしていた。まわりは雪がほとんど解けているのに、人工芝は真っ白で、解けていない。


春の雪
あっという間に
解け
寒さだけが
居すわる

2024.02.05

雪が降る

予報どおり
昼前から
雨が雪に変わる
積もりそうなので
明日は臨時休業

 

雨水をはねる
車の音が
雪水をはねる
音に変わる
少し重たい

 

冬だもの
たまには
雪ぐらい
降って
もらわなくちゃ

2024.01.24

能登半島地震

Notojisin
1月1日の地震の被害(東京新聞)


アナウンサーの絶叫は
大げさではなかった
時間がたつにつれ
被害の甚大さが
明らかになってきた


素人目にも
手が付けられない
状況だ
もどかしいが
復旧には時間がかかる


暴動や
強奪がないことを
日本人は
誇りに持って
いい

2024.01.21

大寒

きのうの20日は大寒だった。きょうの日曜も雨。


能登半島地震の
被害は
予想以上
断水・停電・寒さ
こころが滅入る

2023.11.29

神代植物公園の紅葉

P1100374

穏やかな天気だったので、午前中、酔芙蓉の枝切りをした。午後は、近場の神代植物公園の紅葉を見に行った。車で20分ほどだ。受付で「ちょうど見ごろですよ」と言われた。イチョウは見事に黄葉し、モミジは紅く迎えてくれた。

神代植物公園へ行こう! (tokyo-park.or.jp)

写真は、池に映るメタセコイアの紅葉である。メタセコイアの林のなかを歩くと、その落ち葉でフカフカしている。逆光で見るのもまた美しい。木々はいま有終の美を装っている。ホウノキはでっかい葉っぱを黄色く染めている。パンパスグラスも晩秋を象徴している。

木々の紅葉を
見て思う
私は晩年
どんな色を
見せられるだろうか

2023.11.20

丸山教本庁

P1100322

今日は私の誕生日。

自転車で通勤途中、登戸神社のそばにある丸山教の本庁に寄ってきた。境内にはいるのは初めてだが、私の父と母が結婚式を挙げたのがこの教会だったことを思い出したのだ。

うちに古い写真があり、丸山教で撮ったと書いてあった。写っている人は数人しかわからないが、戦時中だったのであまり笑顔の人はいなかった。昭和18年ごろのことだろう。私は戦後生まれだから、写っている人がわからないのは当たり前である。多くの写真は台風で水浸しになってしまったのであまり残っていない。

それでも、ここで父母が結婚式を挙げたと思うと、感慨深いものがあった。そのことがなければ、私は存在しないからだ。

一時は、西の天理教、東の丸山教といわれるほど信者が多かったようだが、政府の弾圧にあって、いまは信者数は少ない。それでも大祭のときはバスが並ぶほど人が集まるのを見たことがある。

丸山教 - Wikipedia

2023.11.07

11月、3度目の夏日

新百合ヶ丘駅あたりで落雷があり、停電で小田急線が10分ほど動かなかったそうだ。10時の患者さんがすこし遅れた。横殴りの雨にあい、服がかなり濡れている。私はバスで来たが、そのときは雨はほとんど降っていなかった。

ぐんぐん気温が上がってゆく。いま午後1時になろうとしているが、エアコンの温度計を見ておどろく。晴れているせいもあるが、室外33度、室内27度、湿度60%だ。外仕事の人は熱中症の恐れがある。

気象庁の予報は、百葉箱のなかだから、日陰で風通しがいいところの気温だ。11月に入って3度目の夏日だと予報で言っていたが、これは観測史上はじめてだろう。明日は立冬なのに。

熊に襲われる人が増えている。猛暑でエサがなく、民家の近くに出没するのだ。熊も冬眠に備えて、たくさん食べなければならない。映像で見ると、木登りなどもうまいし、走るとそうとうスピードが出るから危険だ。

夜のニュースで、東京の最高気温は27.5℃で、11月としては100年ぶりだそうだ。関東大震災の年も以来とか。

より以前の記事一覧