フォト
無料ブログはココログ

買い物

2024.01.16

登戸ゴールデン街

P1100620
登戸ゴールデン街ビル


ご存知の通り、いま登戸・向ヶ丘遊園駅のまわりは再開発事業がすすみ、むかしの姿はほとんど消えてしまった。登戸駅の南側には35階建てのタワーマンションができるし、北側はほとんどがビルばかりで、まだ公園も整備されていない。

そこで、少しでも昭和の雰囲気を保とうと登戸ゴールデン街なるビルができ、古い町の雰囲気を少しでも残そうと言うことになった。ま、中高年にはホッとするコーナーが残ったことになる。むかしの多摩マーケットあたりになるかな。

向ヶ丘遊園駅の北口には登戸銀座通りがあったが、あちらもビル街になり、名前はどうなるのだろう。実際、遊園地はだいぶ前になくなったのに駅名は、向ヶ丘遊園駅だ。


毎日
通っていても
どんどん変わる登戸
たまに来たら
面食らうだろう

2023.11.23

フリーマーケット

きのうは鎌倉を歩いてくたびれたので、家でくつろいでいた。それから散歩に行こうと思ったら、うちの前の道を大勢の人がフロンタウンの方へ向かって歩いて行くので驚いた。なんだろうと思ってその流れに加わったら、フロンタウンの中のみんなの広場でフリーマーケットが開かれているそうだ。いつも、この日は星が丘のユリストアの前の広場と、そこから伸びる通路で開かれていたのだが、今年からフロンタウンになったらしい。

23日にフリーマーケットがあるということは知っていたが、それがフロンタウンになったことは知らなかった。野球場よりもひろい広場に区画がつくられ、いろんなお店が出ていた。メインは古着だが、おもちゃ、手芸品、食器、野菜、焼きそば、綿菓子など、すきまなく並んでいた。このころは寒いことが多いが、ことしは暖かいので店を出す人も楽だったに違いない。

私はプーマのジャケットを、妻は帽子をゲットした。1000円の値札がついていたが、500円なら買うよと言うと、800円にしてくれた。こういうやりとりもフリーマーケットの楽しみである。


P1100359

特設舞台では、子供太鼓や獅子舞なども披露された。写真は川崎純情小町の4人が歌と踊りでイベントを盛り上げているところ。

パンや白菜なども買った。知り合いにも何人か会えて雑談した。コロナ以来、地元の人ともあまり会わなかったから、よかった。午後はまだ暖かかったので草むしりをした。2時間もやると、腰が痛くなった。すぐ夕暮れだ。

2023.10.14

テレビが来た

10日ほど前に、近くのあさひでんきの売り出しがあり、出向いて行った。13年愛用していたテレビがおかしくなったからだ。一番の問題はリモコンなのだが、修理してもうまく直らないし、生産もしていないという。

テレビもそろそろ寿命が来ているから買い替え時だと思った。店で見たら液晶より有機ELのほうがきれいに見えたので48V

古いのも同店で購入したPanasonicだから、リモコンの使い方が似ているので助かる。前のは39型だったがこんどは48型で、かなり大きくなった。少しテーブルをテレビから離すとまあまあだ。こんなでかいテレビを長時間見ていたら目をわるくするな、と直感した。

こんどのリモコンはやたらボタンが多い。YouTubeネットフリックスなども見られるらしい。スマホを介せば見放題という。たくさん便利な機能がついているのにマニュアルはひどく薄い。ゆっくり使い方に慣れていくしかない。


有機ELテレビは
想像以上に
画面がきれいだ
4KもOK
技術は進歩する



新しいテレビの
リモコンは
ボタンが多い
字が小さい
老眼にはきつい

 

きょう夕方
はじめて
金木犀の匂いを
嗅いだ
今年は一度咲きだろう

2023.08.02

くろがねや

P1090783_20230803111601
サルスベリ

猛暑の予報なので、午前中にホームセンター「DCMくろがねや」に行った。9時開店と、ここは他の店舗より30分早い。肥料や種、野菜の支柱を買い、クッションや首に巻くクーラー、作業用手袋、支柱除草剤などを買った。ホームセンターは何でもそろうので、つい余計なものを買ってしまう。11時前に車のドアを開けると、中は炎熱地獄。尋常でない暑さだ。

早々と家に帰って、『五行歌』8月号を読み始めた。これが400頁近くあるから、なかなか読みでがある。私は今月は特集になっており「半世紀前の旅」の題で、大学2年のとき、返還前の沖縄、台湾、香港と一人旅をしたときのことを16首の五行歌にまとめた。五行歌全国大会の作品集も送られてきたが、こちらは後回しになる。

2022.12.07

町田へ

今日は定休日。町田の小田急デパートに靴を買いに行った。近所にいい靴屋さんがあったのに閉店してしまったからだ。

靴の量販店やワークマンもいいが、シューフィッターのいるところでちゃんとした靴を買いたかったからだ。ところが、デパートの様子もちょっと変。不況の影響か人出も少なく、靴屋さんも少なくなってしまった。

それでも履き心地のいい靴が見つかり満足。あとは無印良品でパジャマや肌着、シャツなどを買った。完全セルフレジなのには驚いた。どうりでスタッフが少ないわけだ。

8階で食事をしたが、空は真っ青、丹沢や奥多摩の山々がパノラマとなって見える。高いビルがないのがいい。残念ながら富士山は霞んでいた。

無印良品という
ネーミングがいい
だから
無印ではないが
良品が多そう

2022.10.02

くろがねベビー

Baby3

たまたま、NHKの「幻の絶版車をさがせ」という番組を見た。そうとう前に製造中止になった車でまだ動くものを探す、というのである。そこに、くろがねベビーの写真が出て来たので驚いた。うちで叔父が初めて四輪車を買ったときの車だからだ。

スタッフはパソコンを駆使し、1960年ごろの写真や映像の中からくろがねベビーを見つけ、その車体に書いてある文字を頼りにあちこちに電話をする。米屋、酒屋、豆腐屋など。だが、写真は残っていても車は残っていない。しかし、とうとう福岡県に古い車を収集している人がいることをつきとめた。

現地に飛ぶと、100台以上の絶版車が倉庫に並んでいた。その中にミゼットと並んでくろがねベビーが鎮座していた。動きますかと聞くと、動きますよという。エンジンをかけるとセルモーターだけの音。だが修理すればすぐ走るようになりますと断言する。

一週間後、その試乗会が開かれた。くろがねベビーは東急くろがね自動車という会社が作ったらしい。この車を設計した人も見つかった。91歳でお元気だ。本人も驚いていた。実際に乗ってみて感激していた。2気筒4サイクルエンジンにしたのは静かさの追求だったとか。とにかく軽く、安くを目安に、298,000円とし、2年間で2万台が売れたそうだ。

だが、そのあとスバルサンバーやダイハツハイゼットのど後発の軽四輪が出て、会社は傾いてしまった。多くの仲間は富士重工に移り、スバルサンバーの開発に手を貸したらしい。くろがねベビーはリアエンジンのスペースが小さかったため水冷のポンプがなく、故障が多かったということだ。

私が中学生のとき、叔父が初めてこの車を買った。360㏄だ。リアエンジンが特徴で、前に大人2人が乗ってもとても安定性がある。荷台は横から紐をひっぱりあげると下に開くようになっていた。

私は叔父のいないときに運転台に乗り、クラッチを踏み、H型のギアを入れ、前後に車を動かして感動したのを覚えている。多少は道路に出て走ったこともある。当時はダイハツ・ミゼットとかマツダ・キャロルなど、軽は三輪車ばかりだったから目立ったものだ

車体は白っぽいベージュだった気がする。荷台とリアエンジンはキャンバス地(帆布に防水加工したもの)の幌が取り付けてあった。色は深紅だった。とにかく、いかに安くできるかを追求した車だった。叔父が亡くなったあとは、知人の青年が運転してくれた。これで、新宿なども走ったことがある。運転席に2人、荷台に4人の子供が乗った。おまわりさんに見つかるといけないので、幌は開けなかった。

実に懐かしい車である。

Baby2 

2022.01.12

テレビ台くる

先日、狛江のニトリで買ったテレビ台が来た。配送車の2人が、台の足を取り付けて希望の場所に置いてくれた。玄関渡しというのもあったが、組み立ても頼んでおいてよかった。自分でやるのはちょっと難しい。

いままでは、ビデオの上にテレビを載せていたが、こんどはテレビ台の中にビデオを納め、テレビはその上にのせる。そのため配線をうしろへ通す作業がちょっと面倒だった。いろいとなコードや差し込み口があるからだ。ミニコンポも並べなおし、FMの室内アンテナを窓際に持っていったら音がよく入るようになった。AMアンテナは局によって違うので、最適な場所を探さなければならない。

重いものを持ったせいか、背中が重苦しい。妻に背中に直接灸をすえてもらった。ひょっとすると、おととい山歩きをしたせいかもしれない。年をとったら翌日より翌々日あたりのほうが痛みが出るというではないか。根拠はわからないが。

2021.12.10

カプサイシン靴下

妻がきのう、近所の「ワークマン・プラス」で防寒靴下を買ってきた。唐辛子の成分であるカプサイシンを織り込んだ毛糸でつくってあるから、足がずっと温かいという。値段を聞いてびっくり。4足で580円。五本指は3足で580円らしい。とりあえず4足580円のを買ってきたという。1足150円にも満たない。

半信半疑できょう履いてみたが、たしかに足首からつま先までがポカポカと温かい。足首の締め付け部分がどうなるか心配だが、とにかく安いので驚いた。ネットで見ると、カプサイシン靴下は1足1000円から2000円台が多いから、まったくウソみたいな値段である。外仕事の人には恵の靴下となるかもしれない。

いまは皮膚にじかに履いているが、カプサイシンで皮膚が荒れるか心配なら薄手の靴下を下に履けばいいだろう。とにかく、きょうは1日は足がポカポカしている。私は皮脂欠乏性湿疹があるので、連続して履かない方がいいかもしれないが、厳寒のときは助かるだろう。

むかし、寒い日に、叔父は長靴の爪先部分に軽くあぶった唐辛子を紙に包んで入れていたが、けっこう温かそうだった。温湿布にもカプシプラストというのがあったが、あれはどうなったのだろう。

唐辛子はからい
英語では
からいも熱いもhotだ
カプサイシン靴下の
効果はどうだろう

2021.11.08

お宝のお礼

先週、2年ぶりにみえた女性。絨毯のへりにつまずいて転び、お尻を打ったという。腰椎は何でもないようなので骨盤をみてから、でん部に針を刺した。治療後はまっすぐ立って、楽になったと喜んでいた。帰りに、私の五行歌集『リプルの歌』を差し上げた。

きのう、また見えたが7割ぐらい痛みが取れたらしい。それで「先生からお宝をいただいたので、お礼を差し上げます」という。マイセンのカツサンドをいただいた。家に帰って、妻とお昼に食べた。やわらかくて美味しいがちょっとサイズが小さくなった感じがする。のきなみ物価が上がるなか、値段を上げるものあり、中身を少なくするものあり、製造業も大変なのだろうと推察する。

午後3時過ぎ、矢野口の「くろがねや」に行って、野菜の肥料を買った。どうもホームセンターはいけない。あれこれ欲しくなってしまうのだ。肥料を買う。肥料を入れておくコンテナが壊れたのでそれも買う。駐車場用の除草剤を買う。冬用の作業着を買う。音が静かそうなのでプラスチックの熊手を買う。小さなパッソが満杯になった。

私の五行歌集は
五百部刷ったが
ちょうどいいぐらいだった
喜んでもらえるのが
ごほうび

ホームセンターと
文房具屋は
鬼門である
あれも欲しくなる
これも欲しくなる

2021.10.01

値上げの10月

10月1日。10月の初日から台風の来週である。患者さんには電話で危ないから休みますと伝えた。しかし、いちおう車で来て、ホームページのアップロードするそふとFFFTPの調子を見た。Windows10にしてから、また新しいホームページビルダーにしてから、更新が反映されないようになったからだ。

いつもの一日800円の駐車場が1台ぶん空いていたいたので止めようとしたら、まさに先客の女性が車を止めるところだった。そして、駐車料金が一日1,000円になっている。しかたなくもう一つの駐車場に行くと、3台ぶん空いていた。こちらも800円が900円になっていた。だいたい1000円が多く、新しくできたところは1200円が多い。登戸は再開発がすすみ、空き地が少なくなっているから仕方ない。

なんだか、諸物価も上がるらしい。小麦粉や酒類、日用品も値上げらしい。コロナ不景気なのに、これでは経営が難しいだろう。

そうそう、いちおう新型コロナウイルスの感染者がだいぶ減ったので、きょうから飲食店の営業時間が伸び、午後8時まではアルコール類を出してもよくなった。ただ、役所の承認がいるとかで、ちょっと混乱している。

郵便配達も土日と祝日はなくなるそうだ。みんなメールやラインでやりとりするから郵便の利用は減っていくから仕方がない。ただ宅配のほうは校長らしく、土日でも配達するらしい。

より以前の記事一覧