フォト
無料ブログはココログ

治療・健康

2024.02.22

20年ぶりの患者

電話が鳴る。「治療をお願いしたいのですが?」 はじめてですか? 「いえ、20年ぐらい前に行ったことがあります」

長いことやっていると、こういうこともある。何かのきっかけで思い出してくれたらしい。開いている時間に来てもらったが、こちらには覚えがない。向うは「先生、変わりませんね」なんて言ってくれる。頭は真っ白だけどね。ま、初診の患者としてみる。

左の腰痛で腰から脇腹、でん部にかけて痛むという。細めの針で背中と腰を治療し、左中殿筋には長めの針を刺す。腰椎5番の下の仙骨部分がひどく硬い。仙骨のねじれ、右骨盤後傾をカウンターストレインで治療をする。だいぶらくになったようだ。何度か治療し、あとは体操を心がければ治ると思われる。あと、冷えると硬くなるから、使い捨てカイロで温めるといいと伝える。

次の患者さんのとき、吸引のポンプが壊れた。ぜんぜん吸わない。これは前にもあったが、ポンプの器械の中のオイルがきれたようだ。この人は吸引が好きだが、今日は針と交流地場と整体で治療する。左の巻き込み肩をカウンターストレインで治療する。これはよく聴いた。

おとといは22℃以上になったが、今日は最高が7℃で最低が6℃だから、冬の陽気だ。寒暖差が大きいので体調をくずす人が多い。私も体操をしなくちゃ。

2024.02.09

3日食べなきゃ

本棚に『3日食べなきゃ、7割治る』という本がある。著者は船瀬俊介氏。医者ではなく医療ジャーナリストであるが、よく勉強し、資料の裏付けも取っている。むかし買った本だが、ちょっとページをめくってみると、結構いいことが書いてある。

野生動物はぐあいが悪くなると、食べずに横になって休む。人間は病院に行き薬をのんでいる。それは基本的には毒だと言ってもきかない。みんなそうしている。結果的に、病院で殺されるとまで言っている。

それならいったい、どうしたらいいの?というのがこの本の内容だ。その方法は5つある。

①少食

②笑い

③感謝

④長息

⑤筋トレ


これらはあとで説明したいが、とりあえずなんとなく理解できるのではないだろうか。どれもお金がかからず、だれにでもできて、副作用もない。

2024.01.30

絨毯の傷み

治療室も40年近く使っているので、あちこち傷んできている。気がついたら、そのつどDIYで修理したりしているが、最近は絨毯が擦り切れてきた。人がよく通るところがすり減って、場所によっては、絨毯の裏地がはがれて穴が開いている。そいうところは穴を埋めて、タイル型の四角い絨毯をのせている。

私は端切れ絨毯と呼んでいたが、カーペットタイルというらしい。タイル型の絨毯だとすべるので、端を銀色の粘着テープで貼っているが、この粘着緑が弱い。1,2年でへたってくる。それで、よく通るところや立つところは50×50㎝の四角いタイル型絨毯がいくつも並び、さらに粘着テープが見えるので恰好がわるい。

しかし、ベッドやパーテーションや器械棚、ワゴンなどがあるので、一部屋ぜんぶ絨毯を張り替えることはできない。私も年をとってきたので、そんな大修繕したくない。

そこで、今日はいろいろネットで絨毯を部分的にうまく貼る方法を見てみた。絨毯をこするところが痛みがひどいので、そこをなんとか工夫すればよさそうだ。いちおうグレーのタイル型絨毯を注文しておいたので、ぼちぼちやろう。

いまはDIYの方法を動画で見られるのがありがたい。なんとなく手順や必要な道具が分かってきた。


長く使えば
部屋も人間も
傷んでくる
なおせるところから
手を入れよう

2024.01.15

針は効く

きょうは忙しかった。でも流れがよかった。


治療しながら思う
ハリって効くなあ
カウンターストレインて効くなあ
ああ私も
やってもらいたい

2024.01.11

ストレッチ体操

きのうは定休日、休養日。瞑想したり、体操したり、大河ドラマ「ひかりの君」を見たり、古い映画『源氏物語』を見たりして過ごした。映画は市川雷蔵や若尾文子らの豪華キャストで、古いなりに味わいがあった。

座っている時間が多いので、ストレッチ体操をした。中野ジェームズさんの「循環系のストレッチ体操」がよかった。これをすると、全身がポカポカあたたまる。それから散歩少々。

”循環系ストレッチ”[1]NECけんぽ体操を発表!【NEC KENPO EMPOWER CLINIC】 (youtube.com)


動物は
動く物
ヒトも
もっと
動こう

2023.12.19

寒いときは

寒いと
からだが固まる
筋肉が
動脈を押し込め
放熱をふせぐから


温かいものを食べ
風呂に入り
ゆっくり休む
そして適度に
体を動かすこと


保温と休養
適度な運動
ストレッチ
などが
おすすめ

2023.12.13

ぎっくり腰

定休日で暖かかったので、枯れたマリーゴールドを処分したり、ハツユキカズラを刈り揃えたり、庭仕事をした。昼頃になると暑いくらいになった。午後は少し薄着で続きをやった。ほとんどしゃがんでいた。ときどき風呂場で使う椅子に座ったりした。そのうち日が沈み、どんどん冷えてきた。そこで道具を洗って、おしまい。

3時すぎに家に入って、お尻転がしストレッチ体操をした。すると、とつぜん、キリキリっと刺すような腰痛に襲われた。いわゆる、ぎっくり腰である。これは、やばい。四つん這いの姿勢から動けなくなってしまった。

すぐに自分でカウンターストレインの治療を試みた。まず自分のからだに、どうしたらいちばん痛くなくなるかを聞きながら、その体勢にもっていく。すると、あぐらをかいて深く前屈すると痛みが取れることが分かった。ということは、下部腰椎のどこかが強く前屈してしまったのである。背骨の前側の筋肉や靭帯がつよく縮んでしまったのだ。

これを直すには、できるだけ前屈の姿勢を保ち、かつ腰に力の入らない姿勢を維持すればいい。椅子の座面に上体をあずけて、腰を深く前屈したまま脱力し、3分ほどじっとしていた。なんとなく腰の筋肉がゆるんだ感じがしたので、ゆっくりゆっくり状態を起こしていった。すると、さっきの痛みが消えている。そのまま、ゆっくり立ち上がってみると、立てる。腰の痛みもない。すこし歩き回ってみてもだいじょうぶだ。

しばらく腰の筋肉に負担をかけないようにしていると、あの強烈な痛みはもどって来なかった。強く収縮した筋肉がゆるんだのだ。脳がその筋肉を緩めていいということを学習したのだ。1時間たってもだいじょうぶ。2時間たってもだいじょうぶだった。自分でもカウンターストレインの治療がこんなに即効性があるのかと驚いた。

通常、ぎっくり腰を起こした直後は入浴を控えるようにと患者さんに言っている。炎症が起きているからだ。しかし、今回はからだが冷えていたのに腰に負担をかけたのだから、風呂に入って温めてみようと思った。自分のからだで実験だ。それで、恐る恐る40℃の風呂に入った。15分ぐらいしてから、用心深く風呂を出たが、痛みは消えたままだ。

早めにベッドに入ったのは言うまでもない。


からだに
どうしたら
痛みが取れるか聴く
その通りの
姿勢をつくる


すると
つよく縮んでいた
筋肉がゆるむ
それを脳が学習して
痛みは消える

その後は
患部に
負荷をかけないこと
再び過緊張を
させないように

2023.12.11

多摩川暮色

P1100514
多摩川の上布田堰

きのうの夕方、多摩川まで散歩に行った。日没の時間はだいたい4時半だから、西のほうは夕焼け空になっている。多摩丘陵の山があるので実際の日没は4時ごろではないだろうか。

それほど寒くなかったせいか、まだ釣り人が何人か残っていた。好きな人には、あの魚の当たりがたまらないのだろう。

小学生のときは、この堰の下のたまり水のところで水泳教室が開かれたものだった。それだけ、まだ川の水がきれいだったのだ。カナヅチの私は浅いところで泳ぐ真似をしていたが、泳ぎのうまい奴は中まで行って、手を上げたまま水に潜って、こんなに深いよと教えてくれた。

調布の花火大会があるときは、川崎側からは、このあたりで見物した。最近は予算のせいか、花火も1時間ほどしかやらない。


夕暮れは
さみしい
水に映る
影さえ
暗い


家に帰ると、訃報が入った。104歳の方が亡くなったとのこと。もうひとつ、義母が大腿骨を骨折したという。104歳の方は老衰で、大往生といってもいいかもしれないが、義母は股関節の手術をしなければならないようだ。義母も94歳だから、リハビリが大変だろう。

2023.11.21

過活動膀胱

前立腺はそれほど大きくないのに、頻尿と残尿感がある。夜は2回はトイレに起きる。たまに間に合わないときもある。10㏄まで吸水するというパッド付のブリーフを履いている。情けないが仕方ない。先日、PSAを測ったが、問題ないと言われた。

しかし、頻尿や残尿はわずらわしいので、午後、別の腎泌尿器科へ行ってみた。すぐ超音波の検査をしてくれて、腎臓や膀胱はきれいだと言われた。さらに尿の流れと残尿を測ってくれた。それで、けっきょく過活動膀胱があるようだと言われた。

膀胱をひろげ、前立腺を縮める薬を2種類処方され、2週間後にまた来院するように言われた。もしかすると、50年前の交通事故で背中を打ったことが影響しているかもしれないとも言われた。


頻尿や残尿は
一口で言えば
老化現象
長く生きれば
いろいろある


おしっこが
勢いよく出た
若い頃がなつかしい
でも出るだけ
ありがたいか

2023.11.09

しぶり腹

前立腺肥大があるから残尿感はだいぶ前からある。一週間ほど前から、こんどは残便感がする。左下腹部がちょっと痛み、トイレに行って排便しても一時間もするとまた行きたくなる。S字結腸あたりになんかできたのかもしれない。去年の7月に内視鏡の検査はしていて、なんでもなかったが。

ガンだの腸閉塞なんかにでもなったら大変だ。なんていろいろ考えてしまう。それで病院に電話予約して、診察を受けた。先生は、腸内に炎症があるか、機能的な問題でしょうという。ガンはそんなにすぐできませんよ、と言われた。それで腸内細菌のバランスをとる薬と、下剤を処方してくれた。調子をみて薬の量は増減していいという。

左下腹部の痛むところは腸骨筋や大腰筋が通る。私のやっている手技カウンターストレインでは、自発痛のところはそこをストレッチする。その姿勢が気持ちよかったら、その姿勢を90秒ほど保ち、ゆっくりゆっくり元に戻す。その方法を忘れていた。

Photo_20231110135001
     真向法第4体操

どうしたら自発痛のところをストレッチできるかを考えたら、真向法の第4体操がそれだと気づいた。正座をして足首を左右にすこし開き、そこにお尻を落とし、ゆっくりと仰向けになればいい。両手を万歳するとストレッチが強まる。この体操は大腿四頭筋のストレッチがメインだが、腸腰筋のストレッチにもなる。この体操をやってみたら確かに痛みは軽くなった。

念のため、いただいた整腸剤をのんだ。それほどの便秘ではないので下剤は控えた。いまのところ調子がいい。

より以前の記事一覧