フォト
無料ブログはココログ

« 紅葉 | トップページ | つわぶき »

2023.11.25

 鎌倉「お昼ご飯」

P1100351

出かけると、変な食事ばかりしてしまうことが多い。店を知らないから適当なところに入ってしまう。年をとってきたから、あまり脂っこいのはだめだし、イタメシやステーキなども避けてしまう。やはり、和食だな。

先日、鎌倉に行ったときは、人からすすめられた鎌倉の「お昼ご飯」という店に入ってみた。若宮通りの左側、八幡宮より少し手前の酒屋さんの手前の二階にある。平日だし、一階ではないので、それほど混んでない。私はマグロの漬け丼、妻はマグロの漬けとシラス丼を注文。女性だけでやっているようだ。

マグロは三崎直行で美味しかった。味噌汁のワカメも地元の生ワカメ。それにホウレンソウの胡麻和えなどの小鉢がついてきた。お腹が空いていたので、お代わりしたが、値段は同じ。美味しくいただいた。お茶が欲しかったところだが、水だったのが残念。

帰ってからネットで調べてみると、アジフライ、ハンバーグ、カレーなども美味しそうだった。こういうお店を知っておくといい。小町通りはスイーツ系が多い。若い人向けだ。もっとも、われわれもお決まりの鎌倉カスタを買ったけど。


成長期に
食べたものは
うまい
飽きない
なんか落ち着く

« 紅葉 | トップページ | つわぶき »

コメント

リプルさん、いつも有り難うございます。
せっかく、一代決心をして、詩仙堂へ行こうと思ったのに、残念でした。
紅葉の中の白い山茶花だなんて、一服の絵のようでしたね。
宇治の紅葉も今一でしたが、おっしゃるように、海外の方のマナーが・・・
水鳥の動画を撮っていたら、数人の青年が、大声で話ながらカメラの前を
堂々と(30センチくらいの幅を)、通り、お蔭で、動画はおジャンになりました。
躾されないで育ったのかしらと、腹立たしい思いがしました。
でも、注意もできなくて、これで日本経済が潤っているのかなと
思った自分が情けない('◇')ゞ

あ、ごめんなさい。鎌倉へ行かれたのですね。
大昔に行ったっきりなのですが、とても思い出深い所でした。
今はお洒落なお店が沢山ありますね。
ご夫妻が召し上がったお昼ご飯は、どんぴしゃり好みです♪
こういうメニューがあると、私も嬉しい気持ちになります^^

★うきふねさん、

鍼灸国際学会があったとき、詩仙堂に行ったのです。たえまなく散る山茶花の
白い花びらがいまでも目に焼き付いています。

国が違えば文化やマナーが違いますからね。あと旅の高揚感というのがあって
「旅の恥はかき捨て」なんてところもあるのではないでしょうか。そうですね、
旅行業なんかは喜んでいるのでしょうね。でもバスやタクシーのの運転手さんが
足らないとか。コロナ禍の傷跡は深いですね。

食事はやっぱり、和食がいいですね。私はとくにお刺身とかお寿司の類が好き
です。洋食ではカレーかな。

うきふねさんの真似して料理の写真を載せました。(^-^)

鎌倉はおしゃれなお店もあって、日帰りで出かけてちょうどよいところですから
良いですよね?それに場所も食事もおしゃれです。鳩サブレも好きです!

私も、食後にはお茶が欲しいですね。そこらへんは若い人の感覚なんでしょうか、
喫茶店のように水だけのお店が多くなりましたね。

お茶やお水も、今はセルフサービスが多いですから、たまに何も出てこないって
思っているとセルフだったりします。

今はファミレスにもあまり行かなくなりましたが、ドリンクバーでおかわりすることも
いつの間にかなくなりましたね・・・。

年ですかね?しかも、いつからそうなったのか、あまり覚えていませんw

おはようございます。
紅葉も綺麗だつたでしょう。お食事も「和食」が胃に優しいですからね。

今年も
あとわずか
暮の掃除
膝と腰に相談
今日はいいよと言う

若い人は その場の名所 コーヒ 食事などにしても、すぐスマートフォンで調べ予約電話。若夫婦の調和の良さ、山奥までいっぱいのコーヒーの為に車走らせる行為に感心するばかりだが、確かに「雰囲気」作りはある


★がっぽりさん、

修学旅行生の多くが鳩サブレの袋をぶらさげていますね。老舗はつよい!
八幡宮の本殿の八の字は鳩のかたちをしているんですね。それで鳩サブレ。
うちはソフトな鎌倉カスタがお気に入りです。

とくに寒くなったらお茶が欲しいですね。和食にはお茶ですよね。
ドリンクバーは甘いものが多くていけません。砂糖をとりすぎます。
年をとったら減塩、減糖でしょう。無塩、無糖かな。たまにはいいけど。

★E.A.さん、


イタリア料理の
シェフだった方が
やっぱり
和食が最高です
なんていう


私も今年スマホデビューしましたが、まだよちよち歩きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉 | トップページ | つわぶき »