2020.09.19

ハマスゲ

雨が降るというので、早めに帰ったが降らない。そこで草むしりを始めた。ハマスゲという草が伸び放題だ。地面がやわらかいところは、両手で握って引き抜き、根に着いた泥を払う。地面がかたいところは、スコップで根こそぎとるしかない。

ところが、このハマスゲは地面のなかで根だか茎だかが連結しているので油断がならない。神経のシナプスの様な塊がつながっている。ま、野菜も植えているので除草剤は使えない。こつこつ抜くしかない。かたいところはスコップで掘り取るしかない。

ま、取れるところだけ取って、あとは毛足の長い芝生と思えばいいか。けっきょく、雨は夜まで降らなかった。涼しい。

Hamasuge_20200920104501

植物も
それぞれ
縄張りを
ひろげようと
必死だ

| コメント (2)

2020.09.12

五行歌全国大会の採点

東京の会場を予定していたが、コロナでそれが中止になり、全国大会は文書大会になった。ホテルの会場などを利用して行うと、200人以上の人が集まり、主宰の講演、小歌会や講評、表彰、親睦会などが行われる。しかし、ことしは文書大会なので応募された歌は400を越えた。

400首以上の五行歌を小冊子にまとめて送ってもらい、採点する。150首以内の歌を選び、3点2点1点と配点し、合計200から220点になるようにする。この作業がけっこう手間取る。気に入った歌に点数をつけ、それを採点表の書きこむだけでも大変だ。今回はエクセルの採点表をダウンロードして、それに書きこむと自動計算してくれるので助かった。

あと、とくに気に入った歌にはコメントもつける。これは3~5首でいいが、受け取ると嬉しいものだ。そんな作業をした。

五行歌の会の事務局の人たちの能力には舌をまく。全国文書大会の資料の準備やまとめは大変な作業だろう。それに月刊誌『五行歌』の編集もある。個人の歌集づくりもある。

土曜日なので、寅さんを観たり、ドラマ大仏開眼を観たり、テレビを見る時間が長くなってしまった。

| コメント (0)

2020.08.18

エスカレーターは歩くな

P1250530-640x479
溝口駅のエスカレーターの張り紙

ふつう、エスカレーターは歩かない人が左側に並んで1列になっていることが多い。右側は急ぐ人が歩いたり、走ったりして追い越して行く。関西では左右が逆らしい。

いずれにせよ、全員が2列に並べば、左1列だけのときの二倍の人を載せて上に運べる。だから「エスカレーターは歩かないでください」は正しい。そのほうが機械の損傷も少ないだろう。

なかには数秒を争う人がいるかもしれない。しかし、その人だけのために右側を空けておくのは愚の骨頂だ。早足に歩いたり、走ったりするのは、手荷物にぶかったり、子どもにぶつかったりするから、昇るにしろ降りるにしろ、危険きわまりない。

私は右側のレーンにも立つようにしている。後ろから誰か来ても動かない。たまに前後の人が歩くのでつられて歩くこともあるが、できるだけ歩かないようにしている。はやく「エスカレーターは歩かないでください」が定着するといいと思う。

エスカレーターに
乘ったら歩かない
急ぐなら
階段を走れ
運動になるぞ

Tanshi

| コメント (4)

2020.08.12

焼け石に水

朝、日陰で草取りをしたが、すでに30℃はあったと思う。空調服を着たのでなんとかやり過ごせたが、湿度が80%近くあるので、こたえる。きのうは、群馬や埼玉では最高気温が40℃を超えたらしい。きょうは38℃ぐらい。東京は35、36℃。

定休日なので映画に出も行こうかと思ったが、やなり三密がこわい。録画したテレビなどを見て過ごす。

午後2時すぎに軽く雷がなり、少し雨が降ったが、焼け石に水という感じだ。

夕方、サミットに行き、お盆様のお供えなどを買う。けっこうな荷物になり、車で行ってよかった。今年のお盆はお坊さんの棚経もないし、近所のお棚参りも話し合って中止。お客さんもほとんど来ないだろう。変な年である。

柏葉アジサイが
枯れて
ぶら下がる
スズメバチが
飛んできそう

| コメント (0)

2020.08.03

もこもこ

治療室の入口で、電気の検針をしている女性と出遭った。なんだかダウンジャケットのような厚手のジャンパーを着ている。この暑いのにと思ったが、もしやと思って脇腹部分を見ると丸く窓がついている。モーター音が聞こえる。

空気を取り入れるので、もこもこふくらむのだ。「空調服ですか」と聞くと、「ええ」と笑う。一日炎天下を歩いたら熱中症になるだろう。ましてマスクをしているのだから。

Kuuchou 検針の女性が
 ダウンジャケット?
 いや
 空調服だ

 ファンの音がする

 腰から
 空気を取り込んで
 首と手首から出す
 汗をかくほど
 涼しい

| コメント (0)

2020.07.12

眠り猫

P1250359-640x461

夕方の散歩道
気持ちよさそうに
眠る猫を発見
近寄ると
置き物だったよ

| コメント (0)

2020.07.10

惑星直列

今日は7月10日で、納豆の日だそうだ。ま、うちは毎日が納豆の日だ。今日は久しぶりにバスで通勤した。雨で渋滞があってバスは遅れ、9時5分前に治療室に着いた。

けさの患者さんが、「先生、去年から今年と災害が多いのは、惑星直列のせいかもしれませんよ」なんて言う。惑星直列とは太陽系の惑星が一直線に並ぶことらしい。それで磁場が変動し、災害が起こりやすいとか。新型コロナウイルスの流行もそうかな。なんかノストラダムスの大予言かなにかのときにそんな言葉を聞いた気がする。

ネットで調べると、太陽系の惑星が一直線上に並ぶことはありえないそうだ。ただこの7月の下旬あたりの夜空に、ほとんどの惑星がそろって並んで見えるらしい。それを惑星直列というが、科学的な呼び名ではないという。

しかしまあ、新型コロナウイルスの流行でオリンピックは中止になるし、数々のイベントは消え、線状降水帯などという豪雨、川の氾濫が起こる。だから、一部の占い師たちは惑星直列が不吉だというのだろう。

ま、いつ何が起こっても不思議ではない気もするけれど。
今日の東京のコロナ感染者数は243人。多いな!

人は
災厄を
未知の力の
なせるわざと
考えたがる

| コメント (2)

2020.07.08

ヘアサロン「ヒロ」

P1250338-640x479
キキョウ

定休日なので床屋に行く。今日は中野島駅前の「ヒロ」に行った。奥さんが昨秋亡くなり、旦那さん一人でやっていたが、息子が修行から帰ってきたので、二人になり、回転がよくなった。待ち時間が短くなったということ。

息子さんはカット部門の全日本チャンピオンになり、パリの国際大会に日本代表として参加した。日本チームは5人だったそうだが、総合3位だから立派なものである。母親が亡くなる前に、その知らせを伝えることができて何よりだったと旦那はいう。

旦那のヒロさんも、散髪の技術にすぐれ、昔は店に山ほどトロフィーが並んでいた。自分の仕事で名人クラスになるのは尊敬に値する。私も鍼灸の道では名人クラスになる予定だったが、オステオパシーなどを取り入れて、鍼灸ひとすじというわけにはいかなくなった。しかし、守備範囲はひろがり、それなりに腕は上げたつもりである。

午後は、草むしりをした。曇り空で湿気があったが、いい風が吹いていたのでがんばった。梅雨で地面がしめっているので草も抜きやすい。駐車場の砂利のところは除草剤をまいた。

テレビでは九州の球磨川や筑後川の氾濫、飛騨高山地方の豪雨などをひっきりなしに放映していた。今日の新型コロナウイルスの感染者は、東京が75人、埼玉48人、神奈川23人だった。豪雨の被災者たちも新型コロナ感染のこともあるのでたいへんだ。それにしても雨が多く、梅雨らしい梅雨だ。

| コメント (0)

2020.06.21

採りたてのタマネギ

通勤電車も人が増えてきたらしい。新型コロナウイルスの緊張が少しずつ緩んでいくようだが、まだまだ油断はできない。第2波3波がいつくるかわからない。こういうのが精神的にも疲れる。

午後、栗平の西食亭に行き、食事をした。お世話になった叔母に五行歌集『リプルの歌』の本をあげ、叔父の仏前にも供えた。おかげさまで、こんな歌集ができました。ありがとうございます、と。

帰りに叔母の畑に寄り、キュウリとインゲン豆とタマネギをもらった。タマネギは規格外の大玉を選んで抜いた。夕食に、チーズを塗って焼いて食べたが甘い。大きいのにやわらかい。みずみずしいのだ。

夕方2時間ほど草むしりをした。今日は夏至だが、どんより空。涼しい。そのせいか蚊も少ない。

きのう書き忘れたが、土曜日には新しい4k版の寅さんシリーズを見ている。画面がきれいだ。きのうは寅屋一家が九州旅行に行くところだった。寅は留守番。マドンナは岸恵子。いい映画だった。

| コメント (0)

2020.05.27

サカキの刈り込み

涼しいので庭仕事をした。サカキの生垣の刈り込みだ。ヘッジトリマーという電動の機械で垣根にバリカンをかける。そのあとの掃除が大変だ。45ℓと70ℓのゴミ袋に3袋ずつゴミが出た。それでも垣根がきれいになると気持ちがいい。

夜、録画しておいたチャップリンの「ライムライト」を見た。バレリーナと道化師の物語だが、なかなか味があっていい。1914年のイギリスが舞台だが、さすが先進国だね。その少し前のころ、夏目漱石はロンドンに留学していたのではなかろうか。

アシナガバチが
一匹
巣をつくる場所を
探している
ここはだめだよ

| コメント (4)

より以前の記事一覧