2019.10.12

大型で猛烈な台風19号

日本列島がすっぽり入るほどの超大型台風19号がやってくるというので、治療室は臨時休業にし、家で引きこもりを決め込んでいた。東海道新幹線は終日運休だし、午後には都心の主だった鉄道も運休となった。

強い雨風に満潮も重なり、関東地方は厳重警戒態勢に入った。テレビはどこも台風のニュースばかり。録画したテレビを見たり、体操をしたり、五行歌の歌集を読んだりして一歩も外に出なかった。

二子玉川の東京側で多摩川が氾濫したというニュースには驚いた。よく田園都市線から見るところだが、あんなところが浸水するとは思いもしなかった。

千曲川の氾濫も被害が大きい。がけ崩れもある。ただ、台風がスピードを上げて北上したせいか、あるいは雨雲の分布のせいか、うちのほうは以外に被害が少なかった。運がよかったというしかない。

| コメント (2)

2019.10.06

十月の朝

水から
湯のほうへ
レバーを振って
顔を洗う
十月の朝

| コメント (2)

2019.10.01

人身事故

けさ10時ごろ、多摩病院の予約があったので治療室のビルの入口を出て登戸駅のほうに向かと、向ヶ丘遊園駅の方向にものすごい数の人が歩いてくる。その人たちのあいだを縫って進まなければならない。これは小田急線に何か事故があったな、と思った。何度かこういう光景に出遭っているからだ。

登戸駅に近づくと、警官が自動車を止めている。その向こうに赤い車が見える。消防車かと思ったが、工作車らしい。私が「何があったのですか」と訊くと、「軌道事故です」と言う。消防用語なのだろうか。ブルーシートを敷いている隊員もいる。

南武線の改札前を通ると「小田急線の登戸駅で人身事故が発生したため、小田急線は運休しています」とのアナウンスがあった。それで誰かが電車に飛び込んだのだと分かった。私が治療室を出るすこし前に、サイレンを鳴らして救急車や緊急自動車が何台も通ったが、この事故だったのだ。

ひとりの飛び込み事故で、何万人、何十万人の人が影響を受ける。本人は死ぬほど苦しい思いをしていたか、生きる希望を失ったかしらないが、なんとも迷惑な話である。もし飛び込み自殺だとしたら、それはエゴの極みである。

| コメント (0)

2019.08.21

しんゆり歌会を休む

月一回の「しんゆり五行歌会」の日だが、今回は代表を退いたこともあるし、すこし頭を休めたいので欠席した。資料の受け付けもないし、資料作りもない。あちこち電話することもないし、とてもらくである。今まで「五行歌会」のためにかなりのエネルギーを費やしてきたことがわかる。

午前中は、梅、椿、モミジなどを剪定した。すこし蒸し暑かったが、雨が降らなかったので仕事がはかどった。とくに、例の空調服を着てやると、ほんとにらくである。剪定した枝を短く切ってそれをゴミ袋に入れる。

昼は石臼挽蕎麦の「石づか」に行った。ランチセットは売り切れていたので、私は天せいろ、妻はけんちんそばを注文した。

ゴミ袋は45ℓが5つ、70ℓが3つにもなった。葉が枯れればゴミは減るが、生木のほうが切りやすいし、処分しやすい。あしたは平日なのでそれほどゴミも多くはないだろう。

私の欠席歌はこれ。先日のアクアラインの強風のこと。

バスや
トラックまでが
尻をふらつかせている
風速十八メートルの
高速道路

題詠は「提灯」だが、イマイチ。
彼らはたましいだもんね、で「千の風」を詠んだつもり。

台風で
送り火が焚けない
提灯もなし
でも彼らは
たましいだもんね

| コメント (0)

2019.08.18

空調服はありがたい

土日の午前中は忙しい。妻に手伝ってもらわないときつい。

お昼は、栗平の西食亭で食べる。ひざが悪かった叔母もだいぶ症状が回復した。やはり、畑仕事をしているので筋力があるから治りが早い。

午後3時過ぎから、家のまわりの草取りを始めた。空調服が快調である。体のまわりを空気が流れ、首に抜けて行くおかげで、暑さがだいぶやわらぐ。ファンの音もほとんど気にならない。だれが発明したのだろうか。

| コメント (2)

2019.08.08

生垣の刈り込み

きのうの続き、

午後3時をまわったころ、外に出てみると、あまり暑くない。風もある。そこで、南側のサカキの生垣の刈り込みを始めた。電動のヘッジトリマーでやるのだから重労働ではないが、暑い。とくに湿気がこたえる。すぐ汗ぐっしょりだ。今年は生垣の下の古い葉もかたづけたので、ゴミがたくさんでた。70リットルの袋が14個にもなる。さすがに半分にしてゴミ収集所に出すことにした。70リットルとなると重いので一輪車を使って運ぶ。

刈り込みの済んだ生垣は、風通しがよくなり気持ちよさそうだ。ことしは蜂の巣がひとつしかなかったので助かった。ただ、最後に事件が起きた。トリマーの刃で電気のコードを切ってしまったのだ。青い火が出たとたん、器械はうんともすんとも言わない。気をつけてはいたが、暗くなったので葉に埋もれていたコードに気がつかなかったらしい。

朝8時15分黙祷
渋野日向子さんが
全英女子プロゴルフ優勝
小泉進二郎・滝川クリステル結婚
平和のありがたさに涙する

| コメント (0)

2019.06.16

草取り

夕方5時ごろ、暑さがやわらいできたので草取りをした。雨のあとなので草も抜きやすい。左膝が少し痛いので、低い作業椅子に座って草取りをする。リュウノヒゲに似た草がたくさん生えている。リュウノヒゲのように固まって生えないが、あちこち分散して生える。あんがい根が深くて抜きにくい。無理に抜こうとすると切れてしまう。鎌を深く入れ、根っこごと取るのだが、やっかいだ。

根っこは神経のシナプスみたいな塊をつくり、地下に広がっている。草のほうも必死で縄張りを広げようとしているのだ。これを取らなければ、また生えてくる。上だけ刈っても、数日ごにはにょきにょきと芽を出す。それこそ根気よく、音を取るしかない。

ネットで調べるとハマスゲという草らしい。香附子(コウブシ)とも呼ばれ、昔は生薬に使われたようだ。こんなアドバイスが載っていた。【地下に塊状の茎を持ち、細い縄のような匍匐茎を伸ばして広がる】性質の悪い植物ですから、早めに深く掘り上げて根こそぎ処分しなければ、一面がハマスゲの絨毯にになりますよ。

Hamasuge
ハマスゲ

スコップで根こそぎ取るか、丈夫な防草シートを張るか、農耕地でも使用できる除草剤で駆除するか、が選択肢になるらしい。ア~ア。

| コメント (0)

2019.05.28

登戸新町通り魔事件

テレビ画面に、登戸の公園で多数の人が刺された、という臨時ニュースが出た。自転車に乗って登戸へ向っていると、上空にたくさんのヘリコプターがみえる。報道のヘリだろう。数えると8機、いや9機だったかもしれない。低空飛行するやつもいて、その爆音がすごい。風がつよいが、ヘリコプターの爆風かもしれない。

ニュースを聞くと、スクールバスを待っていた子どもたちを、男が包丁でつぎつぎ刺していったらしい。男はその場で自殺したが、18人が死傷したという。悲惨きわまりない事件となった。

現場近くのコンビニの前には、インドカレーの店があり、私もよく行く。馴染みの場所でこんな事件が起きて、それこそ「ムカツク」。巻き込み自殺なのだろうか、まったく許せない話である。

八機のヘリが
事件現場上空に
留まっている
爆音爆風が
すさまじい

| コメント (0)

2019.05.15

大阪からの客

きのう大阪から客が二人見えて、一泊して行った。夕食は親戚三人も加わって、われわれと計七人でいろんな話をした。どうしても昔の話が多くなるが、けっきょくは「人生いろいろ」ということだ。思い通りに行くこともあるが、思い通りにいかないことのほうが多い。事故や病気もある。ま、われわれの時代は戦争がなかっただけ幸いだろう。戦争の影響はいろんな形でまだまだ尾を引いてはいるが。

| コメント (0)

2019.04.13

草取り

寒いといっても
草はのびる
石が多いところは
心を鬼にして
除草剤を撒く

| コメント (0)

より以前の記事一覧