2018.04.14

猫のお葬式

患者さんの猫が死に、ペットのお寺で火葬し、埋葬したという。人間と同じように、丁重に行われ、骨拾いまでしたそうだ。猫は18歳というから、長生きだ。家族が少ないとペットも重要な存在だから、ていねいに見送ってやりたい気持ちはわかる。

うちでも飼い犬が死んだとき、同じ場所で火葬、埋葬をしてもらったが、獣医さん任せで、そういう場には立ち会わなかった。後で、共同墓地にお墓参りに行っただけだ。月毎に区切られ、塔婆が立っていた。一年後、一周忌の法要をやりますと連絡が来たので驚いたが、それにも出席せず、家で手を合わせただけだった。

私には、人間と犬とは違うという気持ちがあり、あまり丁寧にやるのに抵抗を感じていたのだと思う。ときどき妻と思い出話をすることで、慰めになるのではないかと思っている。

ペットがいると心が癒されるということがある。彼らは裏切らないし、人によっては家族以上の存在になるだろう。30匹の猫と暮している人を知っているが、猫が可愛くてしょうがないらしい。きちんと飼っている様子を聞き、りっぱだなと思う。

| コメント (2)

2018.04.11

春の嵐

暖かいので、草むしりをした。まだ蚊が出てこないのがいい。空気が乾燥しているせいか、あまり汗もかかない。

それから、中野島駅前の「ヒロ」へ行って散髪をしてもらった。大病をした奥さんもだいぶ元気になっている。よかった、よかった。床屋さんは小一時間ほど座っているので、いろんな情報が入る。往きは追い風でらくちんだったが、帰りは向かい風で自転車が進まない。花粉やほこりが飛んでくるので、目がしょぼつく。

お昼は、妻と香華飯店で食事をした。ランチと餃子、きくらげと卵炒め定食。ランチはネギソバとミニ・チャーハンだった。

そのあと、梨をやっている親戚のうちに寄った。もう授粉作業は終わったらしい。暑い日が多かったので、花粉の付きがあまりよくないようだと言っていた。ちょっと相談事もあったが、「どこだっていろいろ問題を抱えているよ」と言われ、すこしらくになった。

| コメント (0)

2018.04.04

来客

きのうの水曜日は夏日だった。25℃ぐらいあったと思う。義兄とその息子夫婦が遊びに来た。つまり、甥っ子夫婦である。二人はカリフォルニアに住んでいるが、母の墓参りをかねて日本にやってきたのだ。息子の母、すなわち私の姉は4月8日が命日で、その妻の父が4月9日だそうだ。

京子は赤飯を炊き、のらぼうのベーコン炒め、肉じゃが、ひじきの煮込み、お吸い物など、ごく普通の食事を提供した。しばし、5人でゆっくり寛いで歓談した。甥はITのアニメーションなどを作っていて、とにかくコンピュータに詳しい。ケータイさえ持たない私には異次元の人間だ。

久しぶりにアメリカの話や最先端のコンピュータの話が聞けて刺激になった。

若夫婦は大なり小なりアレルギーがあるようだ。そんな話の中で知ったのだが、pro-bioticsという言葉だ。抗生物質のことをanti-bioticsと言うが、その反対語にあたるらしい。意味は、おもに善玉の腸内細菌をふやす健康食品を指すらしい。たとえば乳酸菌や食物繊維をふくむものなどだ。アメリカは日本より健康への関心が強いのかもしれない。

桜が終わった山は、木の芽が一気に吹き出して黄緑色に衣更えだ。俳句では山笑うというが、山ふくらむも有りだろう。実際に新芽が山をふくらませているのだから。

| コメント (0)

2018.03.23

小田急登戸駅の北口改札

小田急線の登戸駅北口改札を初めて外から見た。上り下りホームの新宿寄りに出口専用の階段があって、そこを下りる。エスカレーターもエレベーターもない。このルートは出口専用で、北口改札からは入ることができない。

Noborito_all
改札を出て、階段を地上まで降りれば、すぐ多摩川方面に行ける。また、途中から歩道橋を渡って南武線の登戸駅に出ることもできる。なるほど、これなら夕方の通勤時間の混雑がだいぶ緩和されるだろう。ガードマンが3人ほどいて、案内をしていた。

| コメント (2)

2018.03.19

柿の木にブロック

P1180695_640x508_2

柿の枝にブロックが吊るされている。枝を横に伸ばすためらしい。そうすれば、日当たりもいいし、手入れや収穫が楽になるのだろう。ブロックが風にゆっくり揺れている。

| コメント (0)

2018.03.14

スマート・アシスト

朝、パッソの12か月点検のため、トヨタに行った。自転車通勤にしてから、ごくたまにしか車に乗らない。だからバッテリーのぐあいが心配だったが、大丈夫だった。点検が終わるのを待っていると、担当者がスマート・アシストの機能がついた新車をすすめてきた。

衝突しそうになるとアラームが鳴る、さらに接近すると自動でブレーキをかける。前後の誤発進を防ぐ。渋滞などで、前の車が出たことを知らせる。白線をはみ出すとアラームが鳴る、等々。特に高齢者の運転ミスが問題になっているので、どうかというのだ。

しかし、そもそも車に乗ることが極端に減ってきているので、新車を購入する気はない。長い不況でトヨタも車が売れないらしい。若い人の車離れも大きいようだ。

今日は暖かかった。20℃以上行ったのではないだろうか。裏の竹藪からウグイスの声が聞こえてきた。桜の開花予報は3月20日だ。

| コメント (0)

2018.03.13

ホームドア

東急の
溝口駅や二子玉川に
ホームドアがついた
いちばん喜ぶのは
運転士かな

| コメント (0)

2018.03.04

友の遠方より来たるあり

むかし近所に住んでいて、7年前に島根県に移住した知人がやって来た。こちらに友達が多く、久しぶりにあちこち顔を出しているらしい。気さくな性格で、みんなに好かれる人だ。

島根県では3年ほど林業に従事し、それから農業を始めたという。地元の人たちとの交流、農業のさまざまな問題など、話はとても面白かった。神社の総代の一人にもなったそうだ。

カメムシなどを駆除するために田んぼの消毒をすると、ミツバチなどまで減ってしまうこと。合鴨に田の草を食べさせるのもいいが、その糞に窒素が多いので米の味が落ちてしまうこと。アライグマがトウモロコシを食い、イノシシが芋を食うこと、等々。

ニワトリを買い始めたときのこと、送られて来たヒヨコが可愛くて、それをずっと眺めていたとき、深い幸せを感じたとか。とても充実した暮らし方をしているようだった。

数年前、行き詰まったことがあり、そのとき京都のヴィパッサナー瞑想コースに参加したという。深く自分を見つけることができて、とてもいい体験ができたと言っていた。

| コメント (0)

2018.02.18

毎日寒い

P1180544_640x479

三寒四温は
どこの話
五寒一温の
なか
梅も足踏み

| コメント (0)

2018.01.22

長靴を買う

大雪になりそうなので
長靴を買いに行った
「よく売れるでしょう」と言うと
「逆に、長靴しか売れません」
だって

長靴は大きめに
作られているので
ワンサイズ小さくていいという
なるほど
歩きやすい

きのうだいぶ売れました
きょうの夕方までには
売り切れてしまうかもしれません
靴屋さんは
にこにこ顔

| コメント (2)

より以前の記事一覧