2018.12.10

山内きみ江さん

日曜日の朝の「こころの時代」は毎週録画している。それを後ですこし見て、興味のないものはどんどん消去していく。だが今回は、国立ハンセン病療養所「多磨全生園」で暮らす山内きみ江さん(84)のドキュメンタリーで、これには釘付けになった。番組の紹介にはこう書かれている。

差別や偏見から、多くを失い、諦めざるを得なかったきみ江さんにとって転機となったのが、67歳のとき、当時、高校を卒業したばかりの真由美さんを養女に迎えたことだった。さらに、社会復帰を目指し、園の外での生活も体験した。人権を踏みにじられながら生きてきたきみ江さんに、人間とは何か、母としての思い、そして、次代に伝えたいメッセージを伺う。

山内さんは、五才のときハンセン病の兆候が見られたが、当時は診断がつかず、症状が進んでいった。末端の知覚神経マヒが強くなり、ヤケドやケガが増えた。小学校では血だらけになったりして、いじめられた。リウマチの診断を受けたが、どうもおかしい。成人したころ、兄嫁がハンセン病ではないかと疑い、静岡の病院に行き、ハンセン病と診断された。いわゆる、らい病である。

ハンセン病はらい菌の感染で起こり、すでに治療薬ができていたが、国はそれまでと同様に患者を隔離した。人間として生きる権利を奪われたという。らい予防法が廃止されたのは平成8年というから、それほど過去のことではない。

12月15日(土)、午後1時から、再放送がある。

http://www4.nhk.or.jp/kokoro/2/

| コメント (0)

2018.11.19

チコちゃんに叱られる

金曜の夜に放送されているNHKの「チコちゃんに叱られる」はクイズ・バラエティー番組だが、これが実にNHK的でなくて面白い。チコちゃんは5才という設定の女の子で、頭でっかちのゆるキャラ風だが、おそろしく表情が豊かだ。CGでコントロールしているらしい。

「ねえ、オカムラ」と目上の男性を呼びつけにするし、答えを間違えたり、まごついていると「ぼうっと生きてんじゃねえよ!」と目から火を噴く。ゲストとの掛け合いもうまい。ま、言葉づかいにはいろいろ意見もあろうが、こういう番組をNHKがつくったところが画期的である。

http://www4.nhk.or.jp/chikochan/

↑過去の放送が3本、数秒だけ見られる。

| コメント (2)

2018.11.11

麻生表現研究会

今では、マルセ太郎さんのことを知っている人は少ないだろう。昔、パントマイムやコントなどをやっていたユニークな芸人だ。スクリーンのない映画館と題して、「泥の河」「街の灯」「生きる」などの映画一本をぜんぶ語り、演じて見せる芸もある。舞台の脚本を書き、演出もした。『芸人魂』という自伝的な本も書いている。

平成5年、麻生市民館のマルセ太郎のパントマイム教室に参加した。その後、有志で「麻生表現研究会」をつくり、マルセさんを中心にして夢のような時間を過ごすことができた。マルセ太郎さんは平成13年に亡くなられたが、その間の軌跡をまとめたものがある。さきほど、読み返してみたが、当時のことが昨日のことのようによみがえってきた。

先週まで、両国のシアターX(カイ)でマルセ太郎脚本の「花咲く家の物語」が上演されていたそうだ。マルセさんの意思をつぐ人々ががんばっているのが嬉しい。

http://yokido.cool.coocan.jp

メニューの「麻生表現研究会」をクリックする。

| コメント (0)

2018.10.25

ユマニチュード

きのうのガッテンではユマニチュードという介護の方法を紹介していた。3、4年前から、いろいろな番組で何度も取り上げられている。最初に見たときは、創案者の大柄なフランス人男性が、認知症で暴れたりする患者を手なずけていく、というような内容だった。今回はその教えを受けた日本人女性が番組に出ていた。

ユマニチュードというのは,ヒューマンに通じ、介護する人が患者をひとりの人間として、尊厳をもって接していくという態度をいう。

認知症患者の多くは視野が狭くなっているので、脅かさないように、しっかりアイコンタクトとりながら近づいて行く。腕は下から支えるように持ち、大切な人として扱ってゆく。否定的な言葉は使わない。事務的、機械的にやらない、などいろんな注意がある。

ユマニチュードによって、反抗的だった患者の態度が変わり、笑顔さえ見せるようになる。介護者は大変かもしれないが、慣れれば介護者側もたのしく仕事ができるようになるような印象を受けた。

https://youtu.be/C4j_BCKDzrQ

| コメント (2)

2018.10.01

本庶佑博士にノーベル賞

一年ぶりに目の検診に行った。視力は左1.2、右0.8で、去年と変わらない。ただ、レンズはかなり濁っているらしい。いずれ白内障の手術をする時が来るのだろう。

病院の待合室のテレビに、「京大の本庶佑博士がノーベル医学生理学賞を受賞」というテロップが流れた。日本人の受賞は、去年につづく快挙である。

第4のガン治療を開いたことが認められたらしい。免疫細胞でガンをやっつけるといいう考え方が主流だが、ガンが免疫細胞の力を弱めるのを薬で防御するという発想がユニークだ。

くすりの名前は「オプジーボ」といい、すでに膚がんや肺がんに実用化されている。この薬はとんでもなく高価だが、安くなれば多くの人に福音をもたらすことになるだろう。

台風に
揺さぶられ
ノーベル賞受賞に
揺さぶられ
十月に入る

| コメント (2)

2018.09.14

片鼻呼吸法

先日、健康番組で高血圧を取り上げていた。その中で「片鼻呼吸法」というのを紹介していたが、これがとても面白かった。

高血圧にならないためには、減塩や適度な運動が勧められている。しかし、減塩を心がけても血圧が下がらないタイプの人がいる。それが、睡眠の質と関係があるというのだ。朝までぐっすりと眠れる人は塩分をうまく排出できるが、寝つきが悪かったり、眠りが浅かったりすると、塩分をため込んでしまうらしい。

睡眠の質をアップさせるには「片鼻呼吸法」を行うといいそうだ。片鼻呼吸をすると通常よりもゆっくりと深呼吸をすることができ、肺の中の肺胞が広がり副交感神経が高まり、それが安眠につながるという。そのやり方はこうだ。

①片方の鼻をふさぎ、10秒程度かけて息を吸い込む。
②同じ鼻からゆっくりと吐き出す。
③右→左→右・・と交互に10分間おこなう。

                 〔東京女子医大・市原敦弘先生〕

さっそく、私も布団に入ってから「片鼻呼吸」をやってみたが、たしかにいつもより深く眠れた感じがする。トイレに起きる回数が減った。次の日も、よく眠れた。血圧も少し下がった。こんなことでと思うものの、しばらくこれを続けてみたい。

| コメント (0)

2018.09.06

北海道の大地震

ラジオをつけると、午前三時ごろ北海道で震度7の地震があったという。火力発電所がみんな停止し、北海道全土が停電しているという。JRもぜんぶ運休だし、信号も消えているから道路も通行止めになっているところが多いらしい。山崩れもあちこちで起きているようだ。きのうの台風の傷跡にも驚いたが、けさの地震にも驚いた。関西空港も新千歳空港も同時にマヒ状態となってしまった。なんてこった。

Gd_640x427
北海道の地震による土砂崩れ(ネットより拝借)

気象庁は、北海道厚真町で震度7を記録した地震について、
「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」と命名したと発表。

| コメント (0)

2018.09.05

関西空港浸水

台風21号は、いわゆる風台風で関西方面に甚大な被害をもたらした。一般の人がスマホの動画を投稿し、それをテレビで流すので、風の強さ、恐ろしさが分かる。トラックが横転するところ、屋根が剥がされて飛んでいくところなどだ。

いちばん驚いたのは、関西国際空港が浸水したことと、連絡橋にタンカーがぶつかって空港が孤島になってしまったことだ。台風の海面引き上げ効果と高潮、それに強風による海水の吹き寄せが重なったらしい。関空がしばらく使えなくなると大変だ。

関東はそれほど被害は出なかった。でも、うちのまわりの木の枝や葉が落ちたりして、それを拾い集めたり、草を抜いたり、ゴミ袋がいくつもできた。風は一日中つよかった。

| コメント (0)

2018.08.23

新潟県でも40℃越える

台風19号が沖縄や奄美を襲い、20号が四国近畿地方に接近している。そんな今日、新潟県胎内市では40.8度を記録したそうだ。北陸地方で40度以上を記録するのは観測史上初めてだという。ここでもまた、「観測史上初」が出た。

胎内市という名前が不思議なので、すぐ覚えた。

うちのほうは37℃ぐらいだったと思う。台風の影響か、風があるのが救いだった。しかし、夜になると、その風が強くなり、雨戸を揺する音、ヒューヒュー鳴る音で何度か目が覚めた。さいわい関東地方は大きな被害はなかったが、台風はまだまだ来そうだ。

大雪山の初冠雪が
観測史上もっとも早かったとか
こんどは
新潟で40℃を越える猛暑
これも観測史上初

| コメント (0)

2018.07.29

逆行する台風

03

観測史上
始まって以来
がつづく異常気象
今回は
台風の逆行

| コメント (0)

より以前の記事一覧