2017.11.12

雪吊り

なにかのラジオ番組で「ゆきずり」の話をしていた。ゆきずりとは、通りすがりとか、すれちがいといった意味だ。なんとなく軽い感じの言葉だ。しかし、それが雪吊りの話だとわかった。

雪吊りは、てっきり「ゆきつり」と読むものと思っていたが、正しくは「ゆきづり」と読むらしい。たしかに、この記事を書いていても、「ゆきつり」ではなにも変換されないが、「ゆきづり」と打つと「雪吊り」と変換される。「ゆきつり」のほうが緊張感があるので、私が勝手にそう決めつけていたらしい。

雪吊りは
ユキツリでなく
ユキヅリが正解?
なんだか
縄がゆるみそう

| コメント (2)

2017.10.27

カボチャは英語で?

パンプキンでしょう。パンプキンスープ、パンプキンパイなど、一般にカボチャはパンプキンと呼ばれている。日本語では南瓜と書き、カンボディアから来たので、カンボジア、カボチャとなったと聞いている。

しかし、ある番組でパンプキンpumpkin というのは皮がオレンジ色のカボチャのことで、一般に食される皮が濃い緑色のカボチャはパンプキンとは呼ばないというので驚いた。このごろ騒ぎ出したハロウィンでは、橙色のカボチャの中をくり抜いてランタン(提灯)をつくるが、あれがパンプキンなのだ。

では、濃緑色のカボチャは英語でなんというかというと、スクワッシュsquash ときた。スクワッシュは広くウリ類を指し、オレンジ色のカボチャやズッキーニなども含まれるのだそうだ。スクワッシュは「ぐしゃっと押し潰す」という意味もあるが、そちらとは関係がないらしい。

カボチャは
カボチャでも
橙色がパンプキンで
緑色はスクワッシュ
なんだって

| コメント (0)

2017.10.21

うさこさん

Miffy_2
うさぎのミッフィー

この絵は
好きになれなかったが
ディック・ブルーナの
人となりを知って
見方が変わった

| コメント (0)

2017.10.12

カリフォルニアの山火事

Fire

カリフォルニアの
山火事はすさまじい
東京23区の
3倍の面積を焼き
なお延焼中という

雨が多いせいか
日本は
山火事が少ない
そのかわり
地震や水害が多い

広大な
炎を背に
不道明王が
悪を
睨みつけている

| コメント (2)

2017.09.03

藤井4段、森内9段を破る

中学生プロ棋士、藤井聡太四段(15)が3日、NHK杯トーナメント戦で、「十八世名人」の資格を持つ森内俊之九段(46)に94手で勝った。藤井人気で、この勝負は生放送された。10年ぶりのNHK杯の生放送だそうだ。

私は将棋はあまり分からないが、興味があるので録画をしておいた。早指し将棋だからタイトル戦などとは違うが、早指しだけに面白いところもある。

ビデオを見ると、先手森内は矢倉で守り、後手藤井は右四間飛車で攻めに出た。両者とも頭の中では脳がフル回転していたのだろうが、盤上を見ると森内の守り駒が散らされて、将棋をさせてもらえなかった感がある。

結局94手で森内は投了。藤井のあざやかな勝利だった。将棋ブームやひふみん人気に火種をつけた藤井、これから先がいよいよ楽しみだ。

https://www.youtube.com/watch?v=FOg9v4JrnqY#t=812.3026217

| コメント (0)

2017.09.01

咳止めにはハチミツ

健康番組が多い
今回は
病院の咳止めより
ハチミツのほうが
効くことを知った

| コメント (4)

2017.08.31

くねくね体操

水曜日の「ガッテン」は、「からだ若返りスペシャル」というのをやっていた。年をとると体の動きが悪くなるのは当たり前、運動不足になるから、といってしまえばそれまでだが、筋肉を動かす神経が減っていくのも原因らしい。番組では、それを防ぐ体操を紹介していた。

以前話題になった「ゆる体操」にも似ているが、もっと気軽にできるのがいい。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170830/index.html

見過ごしたかたは再放送がある。〔9月2日(土)午前0時10分〕

| コメント (4)

2017.07.06

九州北部の豪雨

九州北部に
集中豪雨
10時間に500㎜
ダムが決壊したような
映像が流れる

| コメント (0)

2017.06.10

人生の三冠王

きのうの「あさイチ」のゲストは80才になった加山雄三さん。インタビューの一語一語がうなづける内容だった。作詞作曲をし、歌手、俳優だけでなく、絵を描き、料理をし、船を設計し、船に乗り、最近の若い人がやるゲームにものめり込む。こんなに多才の人がいるのだろうかと驚く。若いときは禅宗の坊さんになろうと思ったこともあるそうだ。どん底から這い上がった話もすごい。

どうしてそんなにいろんなことができるのですか、と聞かれ、人生の三冠王をめざしているのだという。人生の三冠王というのは、ユニーの名誉会長だった西川氏の言葉で、

関心をもつこと
感動すること
感謝すること

この三つの「かん」をまとめたものだという。それを実践している多才な加山雄三さんが言うと、実に説得力がある。

詩人のまどみちおさんが、「人生は疑問符(?)と感嘆符(!)です」と言っていたのを思い出す。疑問符は「なんだろう、なぜだろう」と関心をもつことに通じ、感嘆符は「そうだったのか、すごいな」と感動することに通じる。それに感謝すること。わたしはどれも中途半端かもしれない。

| コメント (2)

2017.04.03

LGBT

ニュースなどでLGBT(エル・ジー・ビー・ティー)という言葉を見る。英語の頭文字をとったもので、1980年代中頃から使われ始めたらしい。性的マイノリティーなどともいう。

女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)
男性同性愛者(ゲイ、Gay)
両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)
性同一性障害を含む性別越境者など(トランスジェンダー、Transgender)

LGBTは
本人たちにとって
深刻な問題だ
神様は
妙なことをなさる

| コメント (0)

より以前の記事一覧