2020.03.12

古い友人との食事

きのうの夕方、武蔵新城の「大衆鉄板・たこ一・はなれ」で、学生時代の友達と食事をした。この店は、安くて、うまい。新型コロナウイルスの影響もなさそうだった。妻も一緒だ。

友人はアメリカでMBAを取り、石油関係の仕事をしていたが、会社を替わったり、別の会社の顧問をやったり、ベンチャー企業に投資したりしている。いわゆる成功者だ。第一線で働く人の話はスケールが大きく、驚くことばかりだ。

わたしは組織に属した事がないが、聞いているだけで面白い。わたしは成り行きで鍼灸師の道を歩いてきた。鍼灸以外にはカウンターストレインという手技療法を勉強し、治療の半分はそれを使っている。英語ができるので創始者のロレンス・ジョーンズ博士の本も翻訳させてもらった。あとはヴィパッサナー瞑想のテキストにあたる『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』を訳した。

おととい春秋社から、その本の16刷が贈られてきた。だいたい増刷のたび、翻訳者に献本が来る。地味な本だが着実に売れている。この本を読んで「ヴィパッサナー瞑想」に関心を持つ人も少なくないようで、最近は10日間コースもすぐ満員になってしまうらしい。

昔、彼といっしょに勉強したグンナール・ミュルダールの『アジアのドラマ』の話も面白かった。低開発国の経済問題を説い本だが、ミュルダールの知識の深さ大きさといったらない。わたしはミュルダールは必ずノーベル経済学賞をとると言ったが、数年後それが実現した。ただ、そこで学んだことの1%も、わたしには役に立っていない。ま、人生はそんなもんだろう。

古い友との食事
楽天家の彼は
仕事も人生も
ぜんぶ楽しんでいる
ちと羨ましい

| コメント (0)

2020.02.11

河津桜とまぐろ御膳

P1240388-640x479

11日は建国記念日で祝日。今日は久しぶりに京浜急行に乗ってみた。妻が京急には「みさきまぐろきっぷ」というのがあって、いろんな特典がついているという。京急川崎まで行って、それを買って快速特急というのに乗った。川崎の次が横浜だから速い。

まず三浦海岸駅まで行き、有名な河津桜並木を見ることにする。駅前にはテントが並び、さくら祭りをやっていた。写真でよく見る桜並木は駅からかなり歩く。河津桜は五分咲きぐらいだろうか。足元には菜の花をあしらって、なかなか気持ちがいい。休日なので人が多い。大池のまわりにはテントが出ていて、のんびり花見ができる。

つぎにバスで三崎港に行った。マグロ切符が有効な店はいくつもあるが、バス停のそばの庄和丸という店に入る。少し待たされたが、休日なのでしかたない。出されたのはマグロ御膳で、分厚いまぐろの刺身がたくさん並んでいる。まぐろの唐揚げや角煮もついて腹一杯。

P1240483-640x480

海底の魚を見る船というのがあって、それもマグロ切符についているというので、乗ってみた。城ヶ島大橋をくぐってポイントにつくと、船員さんがコマセを撒く。すると条件反射的にか、たくさんの魚が集まってきた。スズメダイ、メジナ、クサフグ等々。水浸6mぐらいのところらしい。往き帰り、船員さんがカッパエビセンかなんかを空中に撒くので、トンビの集まってきた。それもすごい数だ。ちょっとスリルがある。

帰りは海岸線を走るバスに乗り、剣崎経由で三浦海岸駅につく。そこでコーヒーとケーキで一服し、帰途に着いた。1万2000歩ぐらい歩いたようだ。

| コメント (0)

2020.01.29

栗谷を歩く

午前中は来客があって、頭を使って疲れた。それで午後は歩くことにした。2時ごろ家を出て、栗谷のほうに行ってみた。妻がそっちのほうに行ったことがないというから。小田急線は谷間を走っているから、その両側はどこへ行っても坂ばかり。まず一山越えて生田の踏切に出る。踏切を渡って坂を上る。三叉路の左が長沢で、右が栗谷だ。

昔、中学の恩師が住んでいた栗谷の神社を思い出し、そこに行ってみることにした。神社の名前は忘れたし、家が建て込んでいて道がわからない。そしたら偶然、妻が知人に会い、それは須賀神社だと聞く。行ってみると、たしかに須賀神社は昔の面影を残していた。

そこから読売ランド駅方面に下る。杉山神社という看板が見えたので、そこもお参りする。長い石段を上り、竹林に挟まれた参道を行くと神殿がある。かなり広い境内だ。神社を下り、つぎに、たまに落語会をやっているという棕櫚亭を探した。だいたいの場所はわかるが、見つからない。そこで通行人にたずねた。「ああ、シュロテイね、イタリア料理の店だったけど、今はやってないよ。そこの川の左側の家だよ」と教えてくれた。

古い建物で、ここに40人も客が入って落語会をやるのかと、中を覗いてみた。読売ランド駅への裏道となるのか、細い橋をときどき人が通ってゆく。

読売ランド駅前に出て、その辺を歩きまわり、くたびれたので「モンタナ」という喫茶店に入った。自家製のケーキが並び、大きめの店だ。からだが温まっているので、私はシェフおすすめのバナナジュースを、妻はソフトクリームを注文した。両方のクリームには岩塩の粒が入っているようで、それが案外おいしい。シェフおすすめの所以なのだろう。

読売ランド駅は日本女子大生や付属の高校生が使うからか、駅前はけっこう店があり賑やかだ。小田急OXで買い物をして、また一山越えて菅馬場に到る。ここまで来れば家は近い。3時間ぐらいかけて坂道を約1万歩あるいたから、いい運動になった。

隠し塩を
加えた
ソフトクリームは
シェフの
お薦めらしい

遠くに
行かなくても
歩けば
いろんな
発見がある

| コメント (2)

2020.01.25

「たまりばーる」閉店

P1240354-640x442
久地のオーガニックカフェ「たまりばーる」が、あしたで閉店する。それで一日前のきょう最後の昼食に行った。すべて悦ちゃんママが食材を厳選し、心を込めて手づくりしたものなので味わい深い。こういう店がなくなってしまうのは実に残念なことである。

①じゃがいもの揚げ煮
②切り干し大根の七福炒めなます
③菜花のおひたし
④きぬかつぎ
⑤だし巻き玉子
⑥ブロッコリーと南瓜の白和え
⑦ご飯のお供
⑧白菜柚子昆布漬け
⑨白小豆ヨーグルト
⑩あおさ海苔のおすまし

P1240357-640x480 
今日は閉店前日とあって、たくさんのお客さんがいた。ママさん一人ではたいへんなので、お客さんが手伝っている。ママの人柄だろう。親の介護のために大阪に帰ることになったという。向こうでも将来、同じような店をやるのかな。とにかく無理をせず、からだをいたわりながらやってもらいたい。

| コメント (2)

2019.12.21

やせる出汁(だし)

テレビで得た情報だが、それを実践してみると非常にぐあいがいい。痩せる効果もあるが、お通じのぐあいがとてもよくなる。これは工藤孝文先生が考案した出汁で、作り方もかんたん。お湯に溶かして飲むだけでもいいけれど、味噌汁や、炒め物などに振りかけてもOK。

Dashi 
写真はネットから拝借

●材料【10杯分】
かつお節 30g
煮干し 10g
刻み昆布(塩分を含まないもの)10g
緑茶の茶葉 5g

●作り方【調理時間:10分】
1.フライパンを中火で熱し、鰹節と煮干しを入れて5分ほど乾煎りする。かつお節がパリパリになり、煮干しがサクッとしたらOK。
2.ミキサーに移し、昆布と緑茶を加えて攪拌する。
3.粉末状になったら、密閉容器に移す。冷蔵庫で約半年間、保存可能。

●やせる出汁の健康効果
①腸内環境を整える。(食物繊維が豊富)
②中性脂肪の燃焼。(かつお節のヒスチジン)
③ストレス解消。(茶葉のテアニン)
④むくみ予防。(煮干しのカリウム)

情報は
いくらでも入る
ゴミもあれば
宝もある
宝をものにしよう

| コメント (4)

2019.11.30

焼きいも

あつあつの焼き芋を 
両手で転がしながら
フーフー言って食べる
ああ
たまらん!

しんゆり五行歌会の三席の歌を少し書き直して読売新聞に投稿したら、入選した。前の歌でもよかったかもしれないが、選者の共感を得られたのが嬉しい。焼き芋を食べられるのも幸せ、それを歌にするのも幸せ、その歌が入選するのも幸せ。幸せは無数に見つかる。

幸せな
人生とは

小さな幸せが
積み重なった
ものだ

| コメント (6)

2019.11.27

箱根湯寮

P1230702-640x479
ゆば丼

はっきりしない天気の定休日。10時過ぎに家を出て、箱根に行った。湯本で湯葉丼の昼食。マスコミで報道されることが多いので平日なのに混んでいる。豆乳で湯葉を煮たようなものだが、ぐつぐつと熱い土鍋で出てくるのでびっくり。ま、健康食には間違いないだろうが、一度行けば並んでまで待つほどのことはない。からだは温まる。

つぎは無料の送迎バスで、箱根湯寮に行く。ここにはベゴニア園とひめしゃらの湯があったが、数年前に箱根湯寮という日帰り温泉に変わった。オルゴール館もなくなっている。途中、みごとに紅葉している木々を眺めることができた。今回は二度目だが、平日なのに人が多い。箱根湯寮は休憩所がひろいのがいい。

紅葉の林を眺めながら湯につかるのは、実に気持ちのいいものだ。露天風呂のほうは少し温めなので、いつまででも入っていたくなる。帰りは、新百合ヶ丘にとまるロマンスカーに乗った。ひと眠りしたら新百合ヶ丘の駅についた。

| コメント (1)

2019.11.19

大ふじ

P1230671-640x469
あおい御膳、1300円(税込)

再開発がすすむ登戸だが、駅前のロータリーの真ん中に建物が残っている。その二階に大ふじという割烹レストランがある。今日はそこで昼食を食べた。何度か昼時に行ったが、満席で断られた。今日はうまいこと席が空いていた。1300円のあおい御膳を食べたが、いろんな料理が出て満喫できた。あおい御膳の上はみずき御膳だったかな。そちらは2200円だが、予約が必要とのことだった。

箸置きはなすび、その下の敷物は、柿と栗の絵が描かれた高級な和紙である。このへんからして、店主のこだわりが伺える。お造りも天ぷらも煮物も凝っていて、この値段ではちょっと食べられないような御膳である。以前に何度か夜の懐石料理をいただいたことがあるが、毎回工夫がこらしてあり、逸品ぞろいで満喫した。昼食の最後にはデザートが出たが、それが自家製のサツマイモ・アイスクリームと来た。これも旬の味である。美味しいものを食べられるというのは幸せである。

登戸にも
美味しいお店がある
本格割烹料理の店
「大ふじ」だ
きっと気に入る

| コメント (2)

2019.11.10

カフェ「ルグラン」

ひさしぶりに、お昼はカフェ「ルグラン」で食事をした。ハンバーグ、カレー、オムライス、しょうが焼き、といったメニューが並び、800円台が中心だ。飲み物はランチを頼めば160円だったかな。

圧巻はランチについてくるサラダバーで、種類の豊富なサラダが食べ放題だ。ドレッシングの種類も多彩だ。サラダバーにはポテトサラダやマカロニサラダが入っているから、腹いっぱいになっちゃう。若い人には嬉しい。

以前、うち来る患者さんに紹介したら、毎回ここに行っているようだ。なにかと野菜不足になりがちな現代人には嬉しいお店である。サラダバーだけでも580円で食べられるから、ダイエットの方にもおすすめだ。

Ruguran 

| コメント (0)

2019.08.25

たまりばーる

毎週日曜に鍼治療に来る日人がいる。きょうは午前中6人治療した。午後、自転車で久地にある有機野菜のお惣菜の店「カフェたまりばーる」に行った。これだけ手の込んだ料理を食べられるところはそんなにない。挽きたてのコーヒーもうまい。

P1220906-640x462

1.ミャンマーカレー
2.ポテトオムレツ(バジルソース)
3.カボチャサラダ
4.茄子の揚げびたし
5.ゴーヤと赤玉ねぎのポン酢和え
6.変わり冷奴 
7.ピーマンと十六ささげの当座煮
8.胡瓜の香り漬け
9.一口おやつ (杏仁豆腐)

府中街道のr陸橋の下で人が大勢いた。なにかの撮影らしい。サスペンスドラマかもしれない。

それから、川崎市緑化センターに寄った。先日出遭った黒い花の正体がわかった。クロホウシというやつらしい。黒い花とはおどろいた。花びらは静かに散るのだろうか。

P1220916-640x480

サンスベリアの苗を買った。トラノオなどとも呼ばれ、一時期これがマイナスイオンを多量に放出するというので話題になったことがある。先がとがっているから魔除けにもなるという。大きくなったら新しい家の件かんにでも飾ろう。

5j   サンスベリア

カフェ「たまりばーる」

| コメント (2)

より以前の記事一覧