2018.03.31

お花見御膳

P1180876_640x486

久しぶりに、久地のオーガニックカフェ「たまりばーる」に行った。お花見のあいだは特別メニューを出していて、私はさくら御膳、妻はかおり御膳をいただく。いろんな種類の料理が華やかに盛り付けてあった。どれも優しい味がする。

宿河原のニカ領用水沿いは花見の宴でにぎやかだ。桜は散り始めていたが、そよ吹く風に散る桜もなかなかいい。緑化センターでは「さくらマルシェ」をやっていて、出店が並んでいた。明日は町会の「桜まつり」だそうだが、なんとか葉桜にならなくてすみそうだ。

| コメント (4)

2017.12.09

渋いほど

P1170833_640x480
ころ柿@日本民家園

渋いほど
甘くなるという
干し柿
なんとなく
わかる

| コメント (4)

2017.12.01

スパイスハウス・CHOPPER

きのうの夕食は、一階の「ステーキハウス・CHOPPER」さんに行った。うちは三階で、同じビルの一階にある店なのだが、一度しか入ったことがない。今度で二度目だ。瞑想者は肉食をしないことになっているということもあるが、年をとると、肉は持たれるのだ。

ところが最近、「年をとると動物性たんぱく質が不足するから、肉を食べたほうがいい」などという情報が増えている。瀬戸内寂聴さんも笹本恒子さんもステーキを好物にしているらしい。そんなわけで、うちの食卓にもときどき肉料理がならぶ。いのちをいただくことに感謝して食べたらいいだろう。

Chopper1

チョッパーさんは店内が改装されていた。以前は、店を入ると右奥にカウンター席があったが、そこはテーブル席になっていた。客はテーブル席を好むらしい。チョッパーの意味は、肉を切る人で、とくに手切りという意味を強調したようだ。私はチョッパー・ハンバーグを食べたが、器械でミンチしたものと違って、粗ミジンなので食感がいい。

妻はステーキを食べた。サイズは小を頼んだのに、やけに大きい。マスターが出て来て、サービスをさせていただきました、と言う。いつも顔を合わせているので、気を使ってくれたらしい。ま、それだから言うのではないが、ハンバーグもステーキも美味しかった。となりのテーブルでは、6人が早くも忘年会らしきものを開いていた。

Irikuchi01_2

http://yokido.cool.coocan.jp

| コメント (2)

2017.11.05

スピッツ

妻の妹が還暦なので、お祝いの食事会に行った。横浜そごう10階の京鼎楼(ジンディンロウ) というお店で、台湾料理、とくに小籠包が有名らしい。秋の味覚コースに飲み放題がついた料理で、6人で2時間ほど楽しいひとときを過ごした。午後4時からだったので、日没から夜景まで移り変わる景色も堪能できた。

すこし早めに着いたので、そごうの屋上へ行くと、ちょうど、スピッツ展覧会というのをやっていた。展覧会とはいえ一種のコンテストのようで、犬の型、マナー、毛並みなどを審査しているらしい。表彰式では、チャンピオンになった犬が飼い主と一緒にウイニングウォークを見せていた。

Spiz

スピッツはほとんどが白で、耳がとんがっていて、よく吼える。私が子どものころはあちこちにいたものだが、最近はほとんど見ない。飼い犬にも流行があるのだ。そういえば、シベリアンハスキーなどが流行った時期もあったな。

屋上の南側は横浜港が展望できる。定期船シーバスの発着やベイブリッジ、鶴見つばさ橋まで見える。風力発電のプロペラがゆっくり回っている。タワーマンションなどのっぽビルが多くなって、少子化なのに先行きどうなるのかと首をかしげてしまう。

| コメント (0)

2017.10.08

カズオ・イシグロ

日曜日は、久しぶりにオーガニックカフェ「たまりばーる」に行って食事をした。月一度、こども食堂も始めたそうだ。ここのママさんはカズオ・イシグロのファンで、彼がノーベル文学賞を受賞したことをことのほか喜んでいた。

P1170412_640x479

それから宿河原の神社にお参りした。ちょうど秋祭りの最中で、お御輿や山車が出ていた。宿河原は広いので、夜になったらすごい人出になることだろう。

→オーガニックカフェ「たまりばーる」

カズオ・イシグロの
「日の名残り」は
暗く重い映画だが
アンソニー・ホプキンスが
憎いほどいい

| コメント (0)

2017.07.15

夏バテ

室外温度35℃
氏神様参りと
イベント見学で
妻もバテぎみ
夕立が欲しい

イベント:登戸まちなか遊縁地

チーズパン、伊勢屋のコロッケ、レバカツ、ハムカツ、自然食カレー、チキンサンドなど、ちょっと脂っこいものを食べすぎて食傷気味。胃袋もおどろくよな!

| コメント (0)

2017.07.10

納豆の日

7月10日は
納豆の日だそうだ
関西の納豆業界が
始めたという
なんでやねん?

| コメント (4)

2017.07.08

さくらんぼ

P1160586_640x478

いただいた
サトウニシキ
頬っぺたを
押さえながら
味わっている

| コメント (2)

2017.05.31

きんじろうカフェ

P1160360_640x501

定休日、小田原に行った。往復、新百合ヶ丘に止まるブルーのロマンスカー。前向きに座れるのと4駅ぐらいしか止まらないのでらくである。田植え前、田植え中、田植え後の景色がいい。靄がかかって富士山は見えなかった。小田原城の紫陽花はまだ咲き始めだが、菖蒲は楽しめた。

そこから二宮尊徳を祀る二宮神社に足をのばす。薪を背負いながら本を読む銅像がある。境内に最近できた「きんじろうカフェ」というのがあり、昼食をとる。呉汁(大豆をすりつぶして野菜と混ぜたようなもの)と混ぜご飯をいただく。質素な食事だが、二宮尊徳は身長183㎝、体重94kgだったというから大男だ。よく食べたのだろう。

あと、近くの清閑亭に行き、その二階でくつろいだ。高台にある古い家で、真鶴半島や初島が見える。ときどき、いい風が入って来る。

いまの
飽食の時代を
尊徳さまは
どう見て
おられるだろう

| コメント (0)

2017.01.27

中学生の餃子作り

Shoku
中学生の職業体験

中野島郵便局前の中華料理店「香華飯店」では、毎年、市内数校の中学生を受け入れて、職業体験に協力している。ラーメンをつくったり、餃子を握ったり、中学生も真剣だ。生徒はレポートを書くらしい。今回は生徒がつくった餃子を、あとから先生が食べにくると言っていた。どうなったやら。

スーパーや量販店ばかり増え、個人のお店がどんどん減っていくので職業体験を受け入れる店が少なくなっているそうだ。香華飯店では、年に2校も3校も受け入れている。いいことをしているなと思う。その中学生が大人になって、家族連れで店に来てくれることもあるそうだ。

自分で握って
自分で焼いて
食べる餃子は
そりゃあ
格別だろう

http://kouka.boy.jp/

http://blog.goo.ne.jp/minmin0326

| コメント (4)

より以前の記事一覧