2017.02.24

鶴太郎画伯の絵

P1150096_640x435
片岡鶴太郎の作品(小田原駅)

コンコースを
行く人々を
鶴太郎の
魚たちが
見守っている

| コメント (0)

2015.04.09

作品0037

P1010263_450x640_3 0037 P1010265_449x640 0038

黒いラシャ紙にパステルで描く。

0037はつくしとスギナ、0038は中東の男。

| コメント (4)

2015.03.20

映画「かぐや姫の物語」

Kaguya_2
http://kaguyahime-monogatari.jp/

録画しておいたアニメ「かぐや姫の物語」を見た。その映像の美しさに終始圧倒された。もともとアニメーションはあまり好きではないが、この映画は水墨画のように余白がたっぷり組み込まれ、登場人物たちも単純な墨のような線で描かれ、余計なものが描かれていないので素直に物語に入っていけた。すき間なく描きこまれた宮崎作品はすこし窮屈な感じがするが、高畑勲監督は余白のおかげであまり力を入れずに見ることができたように思う。

https://www.youtube.com/watch?v=daGOgPGjaZM

| コメント (3)

2015.03.16

作品0037

0037
静物、パステル

デコポン、ブンタン、それにブドウ。ブドウは本物でなかったので、やはり気が乗らない。とうぜん、瑞々しさが出ない。文旦は薄い色ばかりなので難しい。デコポンは紙の素材を生かせばよかったが、指でこすったらそれが消えてしまった。パステルのことがよくわからないので戸惑った。しかしデッサンなしに、いきなり色をつけられるので楽しい。

| コメント (2)

2015.02.25

キャベツ(作品0036)

P1000263_800x594
作品0036(アクリル水彩)

キャベツの
葉脈は
動脈のよう
いまにも
拍動しそう

| コメント (10)

2015.02.08

たまっこアーティスト作品展

多摩市民館二階の市民ギャラリーで「たまっこアーティスト作品展」が開かれている。鈴木造形絵画教室の生徒たちの作品展だ。その名の通り、8割ぐらいは子供たちの作品で、2割ぐらいが大人の作品である。スペースをフル活用した子供たちの展示品が楽しい。我々の作品も5点ほど展示されているが、時間をかけて描いた油絵や水彩があって、それらに比べると申し訳ないような絵である。

きのうの土曜日はちょうど「たま音楽祭」と重なったため、訪問者が多く、作品展は盛況だった。拙いえだが、見てもらえるとなると、ちょっと嬉しい。

P1290983_800x533

一階のアトリウムでは、岩手県の神楽舞が行われていた。大ホールでは、田園都市フィルハーモニー、専修大学グリークラブ、多摩高ギターアンサンブルなどの演奏があったようだ。

http://tamaon.net/

P1300052_640x427
岩手の神楽舞

| コメント (6)

2014.12.08

つれあいは大物

P1040858_530x640_3
京子が描いた犬

ちまちま描いた
私の仔犬など
吹っ飛んでしまいそうな
妻の
ダイナミックな絵

金子みすゞの言葉どおりだな、
「みんな違って、みんないい」

| コメント (4)

2014.12.06

三匹の仔犬

P1040853_800x603
作品0034、仔犬の写真を描く(水彩)

兄弟三匹
それぞれの
個性が出ている
見ていて
飽きることがない

| コメント (6)

2014.10.09

作品0032

P1280307_800x578
枯葉と団栗(アクリル水彩)

彼岸過ぎて
いつのまにか
枯れ葉舞い
どんぐり転がる
季節だ

| コメント (2)

2014.09.24

作品0031 ミニカボチャ

0031
ミニカボチャ(アクリル水彩)

| コメント (2)

より以前の記事一覧