2020.09.14

秋の虫

秋の虫が
やすみなく
鳴いている
エアコンつけずに
よく眠れた

| コメント (0)

2020.09.10

きれいな夕焼け

恐ろしいほど
きれいな夕焼け
ビルのないところまで
自転車を走らせたが
すでに薄墨色

つくつく法師の
蝉しぐれの中を
ゆっくり
自転車を漕いで
帰る

| コメント (0)

2020.09.09

風がころがる

 すべすべに     志村礼子
 磨かれた
 廊下
 風が
 ころがる

9月号の『五行歌』誌の表紙を飾った歌だ。きれいな歌だ。情景が目に浮かぶ。最近は廊下のない家も多くなったから、若い人にはわからない感覚かもしれない。

志村礼子さんは、読売五行歌欄の神奈川版入選者の常連である。特選になることも多い。私もしばしば応募しているが、ほとんどボツ。だから「また志村さんかよ」と思うこともあるが、それだけいい歌を書いているのだ。ただ、選者との相性がいいということも少しはあるだろう。

| コメント (0)

2020.09.08

温暖化

天候異変が続く
生態系が変わる
人間が荒らした
地球に
人間が苦しむ

| コメント (0)

2020.09.02

五行歌誌(9月号)・投稿歌

真夏日の
鉄筋工は
ダルマさん
空調服着て
もっこもこ

筒状の
柏葉アジサイが
枯れて
スズメバチの
巣のよう

何千年も
お米を
食べてきた
水田は
いのちの源

夕方の散歩道
気持ちよさそうに
眠る猫を発見
そっと近寄ると
置き物だったよ

コロナで
オリンピックが中止
外出自粛
二〇二〇年は
五里霧中

暗いニュースが
多い中
あなたの五行歌集を読んで
心が晴れました、
うれしい手紙

Uta_20200903143701

| コメント (2)

2020.08.24

夏の終わり

P1250584-640x447

猛暑は
つづくが
日暮れは
だいぶ
早くなった

アブラゼミも
ミンミンゼミも
オーシンツクも
一緒に鳴く
変な夏

| コメント (0)

2020.08.22

うれしいメール

いつもお世話になってます。ありがとうございます。
久し振りにホームページ開きました。本当にコロナより熱中症の方が。
今日も本当に暑い日ですね。お元気ですね?
先日お会いした時に言おうと思っていたのですが、『リプルの歌』に
関して「今までの中でいちばんいいですね、フアンになりました」と
私が参加している別の歌会の方がおっしゃってました。

こんなメールを受け取った。直接ほめられるのも嬉しいが、間接的に
ほめられるのは、もっと嬉しい感じがする。

直接ほめられるのも
嬉しいが
人を介して
ほめ言葉がまわってくるのも
うれしい

| コメント (2)

2020.08.19

しんゆり五行歌会(8月)

非常時の         のぶ(1席)
なかった事を
噛みしめる
賞味期限のすぎた
乾パン

時短の墓参り       有水(2席)
眠る子の
重さを抱いて帰る人
小さな手から
小石が落ちる

青葉の密          良元(3席)
蝉の亡骸に
喰らいつく黄金虫
情熱の夏に
縮こまる人間

あれはモテない鶯だぞ    ひゅー(3席)
季節遅れの
ホーホケキョが聞こえると
夫は必ず
うれしそうに言う

なかなか            冨樫
折り合いがつかない
就寝時エアコンの設定温度
あちいし さみいし 
眠れねえ

まな板が空いた       大日向
次は誰を乗せる
週刊誌(シェフ)が
面白可笑しく料理して
テレビジャックをする

長谷川町子記念館で     京子
存分に笑って
免疫力をたかめる
腕一本で
たいしたもんだ

訃報が入る          リプル
時期が時期なので
家族葬とのこと
コロナは
多くを変える 

| コメント (0)

2020.08.09

原爆の日

広島も
長崎も
その時間に
ただ
黙祷をする

| コメント (0)

2020.08.07

猛暑日つづく

P1250452-640x480 
サザエさん家族の銅像、うしろは長谷川町子美術館

鉄腕アトムで
興奮し
サザエさんで
笑って
育ちました

今週は
猛暑日が
つづく
なれてないから
きつい

| コメント (4)

より以前の記事一覧