2017.09.14

14歳の五行歌集

P1170356_378x640_2親が離婚した
けど僕は関係ない
ただ
ひとりの親に
捨てられただけ

みなもとカエデ君がが五行歌集を出し、今朝、
その広告が三大新聞の朝刊に載った。
これは読売新聞の一面左下。

| コメント (2)

2017.09.12

考える人

トイレで
考える人を
やってみたが
無理
足の長さのせい?

| コメント (0)

2017.09.07

一ヶ月反抗期

Soramamemi11

「五行歌の会」のカエデ君が歌集を出した。まだ中学生で14歳という。将棋の藤井聡太くんと同じ学年だろう。母親が五行歌の事務所で働いているし、祖母も「五行歌の会」の会員だから、五行歌一家である。この歌集には、けっこう衝撃的な歌が多い。二つ紹介する。

なんか
ほんとの
はなしを
すると
おちつくね          幼少期の歌より

友達に
裏切られるより
親に
裏切られた方が
何億倍も悲しい       一ヶ月反抗期より

http://5gyohka.com/shiseisha/kaede2017.html

| コメント (2)

2017.09.06

しんゆり五行歌会(9月)

本降りになるかと思ったが、それほどではなく、比較的涼しい日になった。しんゆり歌会は五行歌界の名物の大橋克明さんをお迎えして14人。にぎやかで楽しい歌会になった。大橋さんは月に20の歌会に参加しているつわもので、60か所へ作品を送っている。その多作ぶりには舌を巻く。

                  
気骨とは別に              早川
背中に出ている
歳の影
どこか寂しい
この姿

過去50余年で             熊田
溶けあえるものは
みな溶け合った
二人に残るは
共に生きるという頑固さ

とにかく                 冨樫
一巡目はジッと観察
イケメンの多い
チームの応援
私の甲子園

早すぎる                 佳子
旅立ち
友の人生
悔いなし
と、終えただろうか?

我が友は                有水
泣き
笑い
そして噎せる   
むせる
今年の夏終わる

みんなが喜び                     大橋
誰れ彼となくハグする
日本人的愛情表現
私が作った新語
「ハグレット」いかがかな

ハチが低い所に            京子
巣を作る
今年は台風が
多いのだろう
どうしてわかるのかな

きれいな                 リプル
三日月だなあ
君と
あのゴンドラに乗って
どこまでも行ってみたい

| コメント (2)

2017.09.04

人さまの歌

人さまの歌は
上手にみえる
それぞれ
視点が違う
ということもある

ひとつの歌に
いろんな
感想や解釈が生まれる
これが
歌会を盛り上げる

子どもの歌は
おもしろい
少ない語彙で
表現するから
意表をつかれる

| コメント (2)

2017.09.02

五行歌誌9月号への投稿歌

Img025

赤道まで
行かなくても
向こうから
熱帯が
やって来た

二宮神社の
きんじろうカフェで
呉汁を啜る
遠くで
小綬鶏が鳴く

各駅停車から
ロマンスカーまで
分きざみに
走らせる小田急
地味にすごい

熱い
空気の壁を
押しのけるように
進む
猛暑日

超ミニや
ホットパンツに
シースルー
これが
怖いもの見たさだな

雑草と一緒に
モロヘイヤを
抜いてしまった
「慣れているからだいじょうぶ」
と妻

| コメント (2)

2017.08.24

MRI

腰椎の
MRIを受けた
閉所恐怖症の人の
気持ちが
少しわかる

| コメント (0)

2017.08.18

雨つづく

梅雨と
秋の長雨が
重なってしまったような
この
八月の空

| コメント (0)

2017.08.10

お寺にもスズメバチ

P1170216_640x483
賽銭箱の真上、やや右側に巣をつくっている。

本堂の前に
ビニール紐が
張ってある
見上げると
オオスズメバチの巣

蜂の巣が低いと
台風が多いらしいが
本堂の軒下なら
揺さぶられる心配も
ないということか

| コメント (0)

2017.08.09

猛暑日

日は
短くなっているが
猛暑日の余熱は
夜まで
べっとり

| コメント (4)

より以前の記事一覧