2019.10.26

ジョウビタキ飛来

Dsc_1878-640x418
ジョウビタキ♂

妻は今日、山中湖の方にぶどう狩りに行った。家を出てすぐ、電話が鳴った。「うちの近くにジョウビタキのオスが来てるわよ」だって。うちには毎年ジョウビタキのメスが来るが、近所にオスが来たなら、もうすぐメスにも会えるだろう。メスはオスほどおしゃれではないが、やはり女らしくて愛らしい。人なつこい鳥なので、けっこう近くに来る。尾を縦に振って愛嬌を振りまく姿はたまらなくかわいい。

| コメント (2)

2019.03.06

エナガ

Dsc_1549_800x542
エナガ

小さくて
動きが速く
カメラマン泣かせだが
かわいい
エナガ

エナガは
10羽ぐらい
群れで来る
鳴き声も
心地よい

| コメント (0)

2019.02.07

カイツブリ

P1200513_640x479
ちっちゃいのがカイツブリ、右がカワウ

カワウと
カイツブリは
潜りがうまい
つぎは
どこに顔を出すかな

| コメント (0)

2019.01.24

ガビチョウ?

P1200417_640x479

緑化センターの枯れ木に鳥がとまっている。上と下にもいる。ガビチョウのように見える。そっと近づいて見ると、なんだ、枯れたザクロの実ではないか。ガビチョウならもっとスマートだな。

野鳥に興味を持ち始めたころ、こんなことがよくあった。カワセミかなと思ってカメラを構えると、ブルーの紙きれだった。また、カワセミの鳴き声がすると思ったら、自転車のブレーキの音だった。

枯れ枝に
野鳥らしき
影の
ひとつ
ふたつ

| コメント (0)

2019.01.07

せきれい

ツーっと走って
キョロキョロ
ツーっと走って
キョロキョロ
鶺鴒です        
セキレイ

鶺鴒は水辺の鳥だが、人なつこく、道路を走る姿をよく見かける。
「走るセキレイ」などで検索すると、そのようすが動画が見られる。

| コメント (0)

2018.12.17

ウグイスの地鳴き

ジッジッと
笹藪で鳴くのは
ウグイスかな
きみたちも
寒いかい

| コメント (2)

2018.09.11

つばめ飛ぶ

P1190765_640x473
多摩川、宿河原堰

きのうは蒸し暑く
きょうはやけに涼しい
曇点の空を
ツバメが飛ぶ
南へ渡るのはいつ?

| コメント (2)

2018.04.30

ひばりのパワー

つぎに、道路を渡って井の頭動物公園に行った。暑い日だったが大きな木が多く、ほどよい日陰をつくってくれて爽やかだった。ペンギン、カピバラ、カモシカ、ニホンザル、ツシマヤマネコ、キツネ、タヌキなどがいた。象のはな子は二年前に死んでしまったが、はな子がいたところはそのまま保存され、写真などが飾られていた。

印象にのこったのは、和鳥のコーナーで聴いたヒバリの囀りである。とにかく、透き通るようなきれいな声でさえずり続けている。以前も聴いたことがあるが、スタッフの話によると、この時期は一日中さえずっているそうだ。あの小さなからだから、あのような大きな声が出ること自体ふしぎだが、それを休みなく毎日やっているというからすごい。

すぐ近くにはウグイスの小屋もあり、こちらもいい声を聴かせてくれた。用心深い鳥だが、隠れるものがアオキの葉ぐらいしかないので、動きまわる姿がよく見える。地味な色の鳥だが、切れ長の目がかっこいい。

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

| コメント (0)

2018.04.29

井の頭公園

P1190067_640x480

29日は「昭和の日」。大型連休の後半は天気が悪そうなので、出かけることにした。自転車で稲田堤まで行き、京王線で明大前、そして吉祥寺まで行く。休日なので、井の頭公園はかなりの人出だった。ボートで池が埋まりそうだ。

池の水がとてもきれいになっている。3月ごろ、かいぼりをして水を入れ替えたからだろう。水をぜんぶ抜いて天日干しをし、外来種の生物を排除したというニュースを見たことがある。それまではゴミ捨て場のような状態で、自転車なんかもたくさん投げ捨ててあったそうだ。

まず自然公園に入る。コウノトリやタンチョウ、フクロウ、白鳥、カモ類がたくさん見られた。オシドリは繁殖期なのか、あちこちで鳴き騒いでいた。池のほうでも、カイツブリのペアが奇声を上げていた。

川魚の展示室にも入ったが、フナだのハヤだのと呼んでいた魚だけでなく、その種類の多さに驚いた。すべてにちゃんと名前がつけられている。それは当たり前だろうが、私はほとんど知らない名前だ。ヤマセミが間近かで見られたのがよかった。カワセミに似ているが、色は白く、大きさはカワセミの30倍以上はあるのではなかろうか。

| コメント (0)

2018.02.22

ゴイサギ君

P1180627_640x479

熱海梅園の中を小さな川が流れている。橋から目をやると、ゴイサギが岩の上に立っていた。以前は喜多見の野川でよく見た鳥だが、最近は見かけない。久しぶりの対面である。観光客は梅が目当てなので、私がゴイサギにカメラを向けても、だれも気がつかない。もっとも、川はすこし暗く、ゴイサギの色も地味なので目に留まらないのだろう。

ゴイサギは静止した状態で、時々ゆっくり岩を渡ってゆく。そのとき、岩に足を取られて滑ったりしている。本来は夜行性だから、昼間は苦手なのだろう。

梅の花にはメジロがわんさか来ている。人馴れしていて、かなり近づいても逃げない。ヒヨドリやシジュウカラもいる。

熱海梅園は、その名の通り梅の名所だが、秋の紅葉がいい。

| コメント (2)

より以前の記事一覧