2018.01.15

小歌会の歌

きのうの新年歌会では10人ずつのテーブルに分かれて、小歌会を行った。私のテーブルで一席になった歌はパンジーの歌で、なかなか味わいがある。

二席の歌は私の作品だが、川柳みたいになってしまった。短くて分かりやすいと褒められたが、すこし軽い。ま、世相を反映しているといえば、いえなくもない。

値引きの札から           磯貝
更に50%引かれて
北風にふるえる
黄色のパンジー
つれて帰る

優先席                リプル
むかし
寝たふり
いま
スマホ

小歌会では2点しか入らなかったが、いい歌があった。私も1点入れている。それが表彰式では草壁賞に選ばれたのだから分からない。草壁賞というのは主宰が選んだベスト2首である。万人受けする歌が作れるのも才能だが、その歌が本当にいい歌とはかぎらないのも真理である。

波打つ海だ              たかし
フナムシのような命から
今のこの命に
たどりついたのか
海よ、命よ、ありがとう

| コメント (0)

2018.01.14

新年五行歌会(関東)

四谷の主婦会館で行われた「関東合同新年五行歌会」に出席した。出席者は115人。主宰の講演のあと、全員の自己紹介、それから10人ずつのテーブルに分かれての歌会。その後、表彰式があって、主宰が講評を述べる、というのがいつもの流れだ。

小歌会で一緒になった人たちはほとんど初対面だったが、月刊誌『五行歌』で名前はよく見ているので覚えがある。読売神奈川の五行歌欄によく載っている志村礼子さんも同じテーブルだった。休憩時間にはしんゆり歌会の仲間や、べつの歌会の知人たちとも挨拶をかわした。

入選歌を三つだけあげよう。

洗濯物を丁寧に             岡田幸子(一席)
畳む
ささくれた心を
お日さまの匂いが
畳んでゆく

 

あの姑が                 村松清美(二席)
「ありがとう」を
言いだした
終章が
始まったのだ

 

「なんか好き」って            水源純(三席)
いいな
スゴクやトテモじゃ適わない
「なんか」が好きを
最上級に押し上げていて

| コメント (0)

2018.01.10

町田の版画美術館

正式には、町田市立国際版画美術館というらしい。町田駅から徒歩15分ほどのところにある版画美術館で、ここはなかなかおもしろい。途中に、町田市立文学館がある。入場無料。

18、19世紀のヨーロッパの版画、日本の作家のもの、浮世絵などが展示されていた。木版、銅版画(エッチング)などに使う道具や印刷機なども紹介されていた。古い作品は小さなものが多く、近寄って老眼鏡で見ていたが、帰りぎわにルーペを貸してくれることを知った。

http://hanga-museum.jp/collection

ロビーのビデオで、木版と銅版の作成過程を見た。また、会津の版画家・斎藤清のストーリーも見た。どれも見ごたえがあった。

P1180057_640x470

版画美術館は芹が谷(せりがや)公園のなかにあり、広い緑地に囲まれていた。噴水広場やこども冒険遊び場などもある。東京都の施設は整備がゆきとどいている。

| コメント (0)

2018.01.06

たこあげ

P1170990_640x419
野川ふれあい広場

洋凧が
その連凧が
あがっている
和凧の
姿はない

| コメント (0)

2018.01.03

青学四連覇

二日と三日は、どうしても箱根駅伝を見てしまう。私は神奈川県民だし、箱根にもよく行くから、ま、地元の行事だものね。

だいたいテレビを見ながら、そっちを消音にして、ラジオの実況を聴くことが多い。テレビはやたらとコマーシャルが入るから、わずらわしい。

やはり箱根は山登りと山下りが見もの。もちろん、長い区間もおもしろい。危ない場面もあったが、棄権する学校がなくてよかった。

それにしても、青山学院の四連覇はすごい。大学は四年間だから、ほとんど選手が入れ替わってしまう。だから、短期間で選手を育てて連勝にもっていくというのは神業に近い。原監督の手法が広がってゆくことだろう。

| コメント (0)

2018.01.02

新年会

201811元日は、零時に土渕不動への初詣。朝はお墓参りとお寺への志納金おさめ。午後からは、親戚が集まっての新年会という恒例のスケジュール。

おだやかな日で、お寺からは新宿副都心やスカイツリーがすぐ近くにあるように見えた。冬の空気は澄んでいるし、排気ガスもだいぶ減った。ただ、高層ビルや建物ばかりがひしめき合って味気はない。

写真は新年会の様子。奥で乾杯の音頭をとっているのが私。飲んで、食べて、しゃべって、そのあとはビンゴ大会と、これもお決まりのコースとなっている。

| コメント (0)

2017.12.31

初詣の列

紅白が終わる前に
お不動様に行き
初詣の列に並ぶ
薪が燃やされ
みんなの顔が赤い

みなさま、今年一年ありがとうございました。

| コメント (2)

2017.11.29

上川霊園

P1170755_640x461_2

八王子の上川霊園に母のお墓参りに行った。晴れて、とても暖かい日だった。20℃近くあったのではないだろうか。

いつもは中央高速と圏央道を使って1時間足らずで行ってしまうが、今日は一般道をトコトコ走ってみることにした。栗平で叔母を乗せ、あとはナビをセットして八王子へ向かう。途中、工事渋滞などがあったが1時間半ぐらいで上川霊園に着いた。

事務所から墓地までは、坂道を歩く。ケヤキの紅葉が美しい。お墓を掃除し、花を飾り、挨拶をする。事情があって、父と母は別々のところに眠っているが、私にとってはどちらも親だ。生んでくれてありがとう、とお礼を言う。

帰りも一般道を走る。往きは北野街道を通り、帰りは日野バイパスを走った。ナビが渋滞を避けて、案内してくれたらしい。

| コメント (0)

2017.11.26

菅フリーマーケット

菅(すげ)の星が丘でフリーマーケットが開かれているので行ってみた。23日が雨だったので日曜日に延期されたのだ。去年で終了とのことだったが、後継者が見つかって、なんとか今年も開かれることになった。幸い暖かい日だったので、出店者もよかったのではないだろうか。

パン屋、巻きずしなどを食べて昼食とする。あとはほとんど見て歩くだけ。妻はミネばあちゃんの帽子が好きで、ことしも一つ買った。タータンチェックのチューリップ帽だ。私はギンナンを買った。他にバッグなどを買ったが、断捨離が頭にあるので、買い物は控えめにした。

フリーマーケットというと自由市場のような感じだ。実際そんな雰囲気なので、「蚤の市」の日本語訳であることを忘れてしまう。フランスで始まった古物市が「蚤の市」 marché aux puces、その英語はflea marketで、日本語にするとフリーマーケットとなる。古物にはノミがつきものだったのだろうか。

菅の獅子舞や祭り囃子も披露されていた。外の行事はお天気しだいだ。

| コメント (0)

2017.11.23

硫黄のにおい

きょうは勤労感謝の日。夕べから雨が降っており、星が丘のフリーマーケットは中止。26日(日)に延期されるらしい。いろんなところで催し物が開かれているようだが、雨ではねえ。

撮りだめしたテレビ番組を見た。プレバト、ガッテン、医療番組などだ。午後雨が上がったので、落ち葉の掃除と、草取りをした。箱根の宿の泉質は硫黄だったので、からだも肌着も硫黄がプンプンにおう。そのぶん、肌はつるつるして気持ちがいい。

昔のロープウェイは
風で止まったが
今は
大涌谷の噴煙の
濃度で止まる

| コメント (0)

より以前の記事一覧