2019.07.12

シェアエサイクル

P1210922-640x443

せせらぎ館の
シェアサイクルは
みんな電動アシスト
もっとも
私にはスマホがない

| コメント (0)

2019.07.11

上野動物園2

P1210820-640x375 不忍池とスカイツリー

P1210722-640x433  ワライカワセミ 笑い声

カワセミの仲間だろうが、かなり大きい。初めて鳴き声を聞いたのは十数年前の多摩動物園だったと思う。しばらくそばにいたが、なかなか鳴きそうもない。ほかを回ってまた戻る。20分ぐらいたってからだろうか、とたんにワライカワセミが鳴き出した。というか、笑い出した。からだが大きいから声も大きい。人気番組のチコちゃんより、大きな声で笑う。こっちも一緒に笑ってしまう。

P1210839-640x424 疾走するアルマジロ

アルマジロも面白かった。ヨロイネズミともいうそうだ。甲羅をかぶった格好で、ちょこちょこずっと走り続ける。そのスタミナはそうとうなものだ。危険を察すると、ダンゴムシのように丸まってしまうという。鼻が長いが、アリクイの仲間だそうだ。こういうものが生きていることを知るだけでも、動物園は面白い。

ゾウ、オカビ、キリン、サイ、カバ、ライオン、白クマ、アザラシ、フラミンゴ、ワオキツネザル、三―アキャット、ヘビクイワシ、クマなど、とにかくいろんな動物を見ることができた。疲れたので初めてモノレールにも乗った。お目当てのハシビロコウは小屋の中で寝ていた。不忍池の蓮は見頃だったが、午後3時をまわっていたので花はつぼんでいた。帰りは根津駅から千代田線に乗り、向ヶ丘遊園前駅まで直行。

動物園の
動物は
かわいそうだけど
徳を積んでいるようにも
見える

| コメント (0)

2019.07.10

上野動物園1

P1210821-640x360
不忍池のモニュメント? バオバブの木

定休日。雨が降りそうもないので、上野動物園に行ってきた。クリムト展、丸山応挙展、モネ展、大哺乳類展2などのポスターを横目に、入り口に向かう。動物園の入園料はシニアが300円。入ると右側にパンダ館があるが、待ち時間10分とある。意外とすぐパンダ2頭に対面できた。シャンシャンとリーリーだが、両者ともぐっすりお休みだ。主食の笹が消化悪いため、寝ている時間がながい。そう後ろに並んでいる女性が教えてくれた。常連で、なかなかのパンダ通らしい。朝と夕方は餌の時間にでもあたれば、けっこう活発に動くのが見られるらしい。白黒のパンダだが、その白はひどく土で汚れていた。

お目当てのアムールカワウソも小屋で寝ていた。以前、餌やりの時間に見たときは、透明な筒の中を自在に泳ぎ、たっぷり楽しませてもらったのだが。いわゆる行動展示というやつだ。しかし、今日はだめ。

鳥ではシロフクロウやメンフクロウが面白い。コンドルなどは動物園でしか見られない。コンドルは羽を広げると2.5から3mにもなるそうだ。折りの中で、やつれた羽根を広げるコンドルがあわれだった。

P1210653-640x417

動物園はくさい。そのくさい臭いの中に無数の微生物が含まれており、それがヒトの免疫系を強めると聞く。だから、子どもたちを動物園につれて行くといいそうだ。無菌室みたいなところで育つ子はひ弱になる。

P1210694-640x477

ゴリラ園は広くて、6,7頭がてんでにくつろいでいた。親子もいる。やっぱり、われわれの祖先になるから、なんとなく親しみを感じる。顔や仕草など、どれも人間に似ているので見ていて飽きることがない。猿のように騒がしくなく、落ち着いているのがいい。

動物園は
くさい
人間も
くさい
生き物はくさい

| コメント (0)

2019.06.13

大イチョウ育つ

P1210476-640x426

御成り通りのレストランでランチを食べて、鎌倉野菜の市場に寄る。それから大巧寺など、小さな寺をお参りしながら鶴岡八幡宮まで歩いた。八幡宮も人が多い。とくに外国人が目立つ。遠足の子やツアー客も多い。鎌倉の道は狭いので、土日はどうなやらと心配してしまう。

9年前、強風で折れた大銀杏のあとは、その子どもが元気に育っている。倒木した根の方は、階段の左手のほうに移されている。しめ縄が張ってあるところが、おそらく大銀杏があったところだろう。右手の社務所は工事中だった。源平池は蓮の葉が密集していたが、まだ花は咲いていない。

小町通りをくだったが、食べ歩きが減っていた。観光客のマナーが悪いのが指摘され、商店街がそれをやらせないようにしているらしい。江ノ電は帰りも満員だった。海はまだ霞んで見える。

| コメント (0)

2019.06.12

かまくら

P1210472-640x462
「かまくら」という名の紫陽花

長谷寺か光則寺でアジサイの花でも見ようと、鎌倉に出かけた。薄曇りの天気だったが、比較的涼しく、さわやかなのがいい。江ノ電から見える海は静かでサーファーも少ない。長谷寺は超有名な寺なので、平日なのに混んでいた。生徒、学生、外国人、ツアーなど、とにかく人が多い。

拝観料を払うと、別に「あじさい鑑賞券」のようなものを渡された。そのわけは本堂の左脇の行列を見て分かった。あじさい見物の人が多いので、その券を見せて並ぶのだ。あじさいはまだ咲き始めの感じなので、行列には加わらず、十一面観音をお参りし、境内を散策した。何度も見ている観音様だが、やはり圧巻である。

「かまくら」という名札のついた紫陽花があった。なかなか可愛い。

| コメント (0)

2019.05.26

一日葬

妻が伯母の葬儀に行った。故人の遺言通り、シンプルだが心のこもった葬儀が行われたようだ。祭壇ははトルコキキョウの花で飾られ、故人の好きだった灰田勝彦の歌が流された。

香典は受け取らない。通夜も初七日もない。いわゆる一日葬だ。お昼に和食、挨拶状と1,000円のクオカードをいただいたという。みんなに負担をかけたくないという伯母の人柄が偲ばれる。伯母は100歳だった。

| コメント (2)

2019.05.12

必見!「日本民家園ものがたり」

Minkaen

日曜の午後、多摩市民館で「日本民家園ものがたり」を見た。タイトルは地味だが、なかなか味のある舞台で、これは市民必見の芝居だと思う。民家園は近いので何度も行っているが、多摩丘陵の自然を生かしたまま、全国各地から25棟の古民家を移築している。茅葺きの屋根、囲炉裏やかまどなど懐かしいものでいっぱいだ。休日にはいろいろな催しものも開かれる。

川崎市立日本民家園

いつも、どんな人がアイデアを出したのだろう、どうしてこんな素晴らしい野外施設をもうけることができたのかと思っていた。この演劇を見ることによって、日本民家園の成り立ちがよく理解できた。川崎にあるのに「日本」と名づけた理由も納得できた。文化的なものには予算が回りにくいなか、発案者の古江亮仁さんの熱意が光る。

| コメント (0)

2019.05.11

生田にB29が墜落した

地域の会合があり、そのあと「藍屋」で懇親会が開かれた。そばに座ったのは昭和一けた生まれの物知りの方で、いろんな話をしてくれた。広島と長崎の原爆のちがいとか、陸軍登戸研究所の話とか、じつに詳しい。B29が生田の長沢に墜落したことにも触れたが、これがじつにリアルだった。

米軍のB29爆撃機が長沢に墜落したことは有名で、年輩の人は知らぬ者はない。墜落後、現場を見に行った人もいる。数年前、どこかの新聞に特集記事が出たこともある。さて、件の人の話はこうだ。

「爆音を聞いて空を見上げると、B29が北のほうに向かって飛んでいた。それに向かって日本の戦闘機が機銃掃射をしたんだ。そうしたらエンジンに命中したらしく、煙が上がった。すると爆撃機は大きく旋回しながら西のほうに向きを変えたんだ。それから山の向こうに消えた。だれも信じなかったが、俺はこの目で見たんだよ」

墜落現場を見に行ったんですかと聞くと、「親父がそんなところへ行くなというので行かなかったが、あとでそれが長沢に墜落したと知ったんだ」と話す。現場に行った人たちの話ではみんな死んでいたそうだが、何人ぐらい乗っていたのですかと聞くと、「8人か10人ぐらい乗っていたんじゃないか」という。だからB29を失うのは、アメリカ軍にとってもずいぶん痛手になったらしい。

父の弟もふたり戦争に行った。上の弟は招集を受けて、フィリピンで米軍の捕虜になり戦後帰国した。下の弟は二十歳で志願し、フィリピンに向かう船が撃沈され、戦死した。その下の弟は学徒動員を受けたが、戦地には行かなかった。戦争は一家を破壊した。そんな家が日本中に生まれた。残酷な話である。

| コメント (0)

2019.05.06

10連休!

P1210372-640x425

5月2日は治療したけれど、3456は連休。1日が新天皇の即位の日だったのでその前後が休みになり、世の中は10連休。お休みモードだ。そんなに休めない人も多いだろうに。

3日はけっこう暑かった。木更津から京子の妹ふたりとその連れ合いが来た。車で来るのは渋滞のおそれがあるのでバスをすすめた。やはり、アクアラインは込んでいたようだ。甥っ子が7月に結婚するとか、スマホの使い方とか、ゆっくりくつろいでもらった。

4日は草取りや家の片づけをした。午後、空が暗くなり、霰(あられ)が降ってきた。雹もふったかもしれない。府中競馬が中止になったくらいだから、大國魂神社のお祭りもたいへんだったろう。

5日は八王子へお墓参りに行った。すこし霞んでいたが、富士山はよく見えた。福傳寺と子安神社もお参りした。帰りに高幡不動に寄り、門前でそばを食べた。多摩動物園か府中の大國魂神社に行こうとも考えたが、くたびれたので帰宅した。

| コメント (0)

2019.05.01

令和はじまる

新天皇即位
象徴としての
責務を果たす
とのお言葉に
覚悟を見る

| コメント (2)

より以前の記事一覧