2019.05.12

必見!「日本民家園ものがたり」

Minkaen

日曜の午後、多摩市民館で「日本民家園ものがたり」を見た。タイトルは地味だが、なかなか味のある舞台で、これは市民必見の芝居だと思う。民家園は近いので何度も行っているが、多摩丘陵の自然を生かしたまま、全国各地から25棟の古民家を移築している。茅葺きの屋根、囲炉裏やかまどなど懐かしいものでいっぱいだ。休日にはいろいろな催しものも開かれる。

川崎市立日本民家園

いつも、どんな人がアイデアを出したのだろう、どうしてこんな素晴らしい野外施設をもうけることができたのかと思っていた。この演劇を見ることによって、日本民家園の成り立ちがよく理解できた。川崎にあるのに「日本」と名づけた理由も納得できた。文化的なものには予算が回りにくいなか、発案者の古江亮仁さんの熱意が光る。

| コメント (0)

2019.05.11

生田にB29が墜落した

地域の会合があり、そのあと「藍屋」で懇親会が開かれた。そばに座ったのは昭和一けた生まれの物知りの方で、いろんな話をしてくれた。広島と長崎の原爆のちがいとか、陸軍登戸研究所の話とか、じつに詳しい。B29が生田の長沢に墜落したことにも触れたが、これがじつにリアルだった。

米軍のB29爆撃機が長沢に墜落したことは有名で、年輩の人は知らぬ者はない。墜落後、現場を見に行った人もいる。数年前、どこかの新聞に特集記事が出たこともある。さて、件の人の話はこうだ。

「爆音を聞いて空を見上げると、B29が北のほうに向かって飛んでいた。それに向かって日本の戦闘機が機銃掃射をしたんだ。そうしたらエンジンに命中したらしく、煙が上がった。すると爆撃機は大きく旋回しながら西のほうに向きを変えたんだ。それから山の向こうに消えた。だれも信じなかったが、俺はこの目で見たんだよ」

墜落現場を見に行ったんですかと聞くと、「親父がそんなところへ行くなというので行かなかったが、あとでそれが長沢に墜落したと知ったんだ」と話す。現場に行った人たちの話ではみんな死んでいたそうだが、何人ぐらい乗っていたのですかと聞くと、「8人か10人ぐらい乗っていたんじゃないか」という。だからB29を失うのは、アメリカ軍にとってもずいぶん痛手になったらしい。

父の弟もふたり戦争に行った。上の弟は招集を受けて、フィリピンで米軍の捕虜になり戦後帰国した。下の弟は二十歳で志願し、フィリピンに向かう船が撃沈され、戦死した。その下の弟は学徒動員を受けたが、戦地には行かなかった。戦争は一家を破壊した。そんな家が日本中に生まれた。残酷な話である。

| コメント (0)

2019.05.06

10連休!

P1210372-640x425

5月2日は治療したけれど、3456は連休。1日が新天皇の即位の日だったのでその前後が休みになり、世の中は10連休。お休みモードだ。そんなに休めない人も多いだろうに。

3日はけっこう暑かった。木更津から京子の妹ふたりとその連れ合いが来た。車で来るのは渋滞のおそれがあるのでバスをすすめた。やはり、アクアラインは込んでいたようだ。甥っ子が7月に結婚するとか、スマホの使い方とか、ゆっくりくつろいでもらった。

4日は草取りや家の片づけをした。午後、空が暗くなり、霰(あられ)が降ってきた。雹もふったかもしれない。府中競馬が中止になったくらいだから、大國魂神社のお祭りもたいへんだったろう。

5日は八王子へお墓参りに行った。すこし霞んでいたが、富士山はよく見えた。福傳寺と子安神社もお参りした。帰りに高幡不動に寄り、門前でそばを食べた。多摩動物園か府中の大國魂神社に行こうとも考えたが、くたびれたので帰宅した。

| コメント (0)

2019.05.01

令和はじまる

新天皇即位
象徴としての
責務を果たす
とのお言葉に
覚悟を見る

| コメント (2)

2019.04.30

天皇退位

天皇皇后の
お役目が終わる
空さへ
涙を
隠せない

| コメント (2)

2019.04.28

こんどは野毛大道芸

P1210230-640x422 
人間ジュークボックス

日曜の午後、また横浜の大道芸を見に行った。今回は野毛大道芸。大道芸発祥の場所だ。商店街挙げてのお祭りで、露店もたくさん並ぶ。

プログラムを見ると、タカパーチの人間ジュークボックスが載っている。段ボールで作ったような四角いものが立っており、まわりには演奏可能な曲目のリストが貼ってある。数百はある。右の穴から200円を入れると、ファンファーレとともに窓が開き、トランペット吹きのおじさんが顔を出す。何の曲をやりましょうか。スターダストをお願いします。そんな感じでリクエストすると、一曲聞かせてくれる。右手にトランペット、左手にタンバリンを持って、演奏が始まる。生だから、音がいい。

初めて見たのは20年ぐらい前だろう。おじさんもずいぶん年をとったはずなのに元気だ。トランペットは肺活量が必要だから、肺が丈夫で酸素をいっぱい取り込めるせいかもしれない。今回は子どものリクエストが多く、アニメの歌ばかり。変わったところでは笑点のテーマなどが聴けた。おじさんのレパートリーは幅広く、ぜんぶ暗譜しているところが立派。

曲が終わると、へびつかいの笛のようなもので、ヒョロヒョロヒョロと鳴らし、拍手に送られて蓋が閉まる。これを延々何時間もやっているのだからすごい。なんといっても、タカパーチおじさんの表情がいい。

P1210286-640x427

他に、アクロバット、タップダンス、ジャグリングなどを楽しんだ。先週見たZANGEも出ていた。この男の関節はどうなっているのだろうと思う。気持ち悪いぐらいに柔らかく動く。被災地支援のお店なども出ていた。

豪雨被災地支援のためのテントでは、ゴボウパン、ミニトマト、ヨーグルト、きな粉などを買った。

| コメント (0)

2019.04.27

簡素なお葬式

きょうみえた患者さんの話。弟の嫁が亡くなって、告別式に行ってきたそうだ。その告別式が簡素でよかったという。嫁がガンで余命宣告を受けたあと、自分で自分の葬式の準備をととのえたらしい。遺影を花で飾り、ぼんぼりをつけ、お坊さんも神父さんもなしの無宗教のお見送り。お通夜も、初七日も四十九日もやらないそうだ。身内だけ20人以内があつまり、心からお見送りができたと喜んでいた。これからはこういう簡素な告別式が増えていくのではないだろうか。

その人だけが
死ぬのなら
大ごとだが
みんな死ぬのだから
大騒ぎするな

| コメント (2)

2019.04.20

よこはま大道芸

P1210133-640x445
山本光洋のコメディマイム。子どもの表情がいい。

P1210062-640x462
ZANGEは世界大会で何度も優勝している。軟体男でもある。

P1210008-640x427
神出鬼没の銀色男

土曜午後、横浜の関内駅まで行き、イセザキモールで開催された大道芸を見た。到着したのは午後2時ごろだったが、大いに楽しませてもらった。ジャグリング、曲芸、水晶玉まわし、コントなど。観客を引っ張り込んで笑わせる醍醐味は大道芸ならである。

横浜大道芸は第3週末に、野毛大道芸は題4週末に開催される。ただ横浜大道芸は、みなとみらい、横浜駅東口、吉田町、イセザキモール、石川商店街などに分散している。私は大道芸が好きで、毎年のように出かける。彼らの影の努力たるや並大抵でないと思うから、感動もひとしおである。

| コメント (0)

2019.03.31

隅田川の花見

P1200601-640x460 
隅田公園の花見

あちこちで花まつりが行われている。妻は台和町の会場で、野菜、焼きそば、ヤキトリなどを買ってきた。台和町の桜は7分咲きぐらいだが、一週間後では葉ざくらになってしまうだろう。

午後、浅草に行き、母の実家のお墓参りをした。ご先祖様といろいろ話す。死んだら魂は千の風になるのだろうが、お寺やお墓はその基地のようなものだ。

それから合羽橋に寄り、フライパンなどを買う。ここは厨房機器、食器、食品サンプルなど、なんでもそろう。やはり、外国人が多い。フライパンを持ったまま、浅草までぶらぶら歩く。演芸場のあたりや新仲見世通りはにぎやかで、いろんな店があって面白い。若い女性の着物姿が多いが、あれもみなレンタルなのだろう。

隅田川に出ると、川沿いの公園は花見の人でいっぱいだ。スカイツリーが川向うに大きくそびえている。日が傾いてきたので、美しい。平和はありがたい。

すこし冷えて来たので銀座線に乗って帰る。表参道で千代田線に乗り換えたら、小田急線直通の急行「向ケ丘遊園ゆき」といいうのが来た。またダイヤが変わったのだろうか。

| コメント (0)

2019.03.14

数学の日

3月14日は、ホワイトデー。バレンタインのチョコに返礼をする日で、いつのころからかそう呼ばれている。何がホワイトだかは分からない。チョコをもらわなくなった私は、お返しのことなど考えなくていいのでらくだ。

この日は「数学の日」でもあるらしい。3.14だから、正確には「円周率の日」だという。そう、円周率(パイ)は3.14で計算する場合が多い。これは、実際には3.14159265…と無限に続く。なぜ無限に続くのか分からない。だが、こういうのを無理数と呼ぶらしいので、なんとなく納得する。

     π=3.14

ときどき、円周率を何千桁、何万桁と暗記している人がテレビに紹介されたりするが、おそれ入谷の鬼子母神だ。ああいう人は認知症になる可能性が低いだろう。

| コメント (0)

より以前の記事一覧