2020.07.01

7月1日、寿福寺へ

今日は水曜日。雨の定休日。寿福寺にお盆の塔婆の申込みに行く。お坊さんに『リプルの歌』とメープルシロップを差し入れする。

今年は人が集まるお施餓鬼もお坊さん一人でやるそうだ。8月6日に、個人個人で塔婆をもらいに行くことになる。それから、お盆の棚経もないという。お経をあげに回るお坊さんが、もし新型コロナウイルスをばらまいていたら話にならんからね。できるだけのことはしておかなければならない。えらい年になったものです、って。

 P1250316-640x480 帰りに、妻がネジバナを見つけた。今年はコロナのおかげで時間の感覚がぼやけている。気分的に遠出もしたくない。香華飯店飯店に行き、食事をする。サツマチドリという可愛い花が咲いていた。お持ち帰りの電話が鳴っていた。宴会はないが、客はあまり減っていないようだ。

午後は妻の伯父の彫刻家・長谷川昂先生のDVDを見た。3時間半ぐらいある長編だったが、彫刻の作成場面がよくわかった。円空は気性がはげしかったのではつり(荒彫り)で止めているが、わたしは性格てきなものか、それから先を丁寧に彫り続ける仕事をしたと言っていた。そのぶん細やかな情感がこもっているような作品が多い。

裸婦像がいくつかあったが、男は助平だから女の裸を彫ると思う人もいるが、裸の女性がもっとも美しい造形物だから彫るのだという。「大地」という作品は裸の母親にすべてをゆだねる子どもを彫ったものだが、大地は人類の母親なのだろう。

スケベエだから
女の裸を
彫るのじゃない
これほど
美しいものはないからだ

| コメント (0)

2020.06.07

花菖蒲

P1250282-640x479

日曜日。午後、生田緑地の花菖蒲を見に行った。暑い。30度以上はある。ビジターセンターでサンドイッチを食べてから菖蒲田に出る。日差しが強いので花も暑がっている。しかし、紫や白の花を元気に咲かせていた。すらりと伸びた茎の先に大きな花弁を垂らし、時おり吹く風に、ゆれている。

コロナ騒ぎで、あまり出かけることがなかったので気持ちがいい。野鳥の出る森のほうも回ってみた。遠くでアオゲラがホーと鳴いている。ホトトギスも鳴いている。もうだいぶ葉が繁って来たので、ともに姿は見えない。エナガの群れが木の実をつついている。ウグイスも鳴いているが、ガビチョウの大きな声に消されてしまう。

やはり、日曜日のわりには人出がそれほど多くはなかった。民家園も西口からは入れなかった。科学館の入口では体温測定をして、消毒ををさせていた。パンデミックは必ず終焉する。早くワクチンができるといいな。

そよ風に
ゆれる菖蒲は
着物美人
日本髪が
なびくよう

| コメント (0)

2020.05.05

忘れてた菖蒲湯

P1250109-640x479
薄紫色のシャガ、まだがんばっている。寿福寺への散歩道で。

端午の節句なんて
すっかり忘れ
柏餅も
菖蒲湯もない
コロナばっかり

しゃがんで
日がな
草むしり
お尻を転がして
腰をほぐす

| コメント (0)

2020.04.24

童心即仏

2-370x640 
長谷川昂作品 木彫「童心即仏」

今日は54歳で亡くなった従弟の命日だ。釣りが好きで、素潜りが好きで、海で亡くなった。童心のようなところがあったから、この木彫を捧げ、冥福を祈る。

| コメント (0)

2020.03.25

千鳥が渕の花見

P1240665-640x480

仕事は休みなので、お花見に出かけた。最初は、靖国神社へ。マスコミで報道されている通り、コロナウイルスの感染を防ぐため、境内は花見の宴は禁止となっている。それでも桜目当ての人でにぎやかだ。標本木はちょうど満開なので、カメラを向けている人が多い。神社の関係者がドローンを飛ばして、上空から桜を撮影していた。

つぎに千鳥が渕沿いを歩く。お堀端の桜は八分から九分咲きだろうか。ま、満開といっていい。お昼ごろになると、だいぶ人が増えてきたが、いわゆる花見の宴はない。ボート屋の上は絶好の撮影スポットなので混んでいた。足元のシャガがもう満開なので驚いた。

P1240689-640x451

千鳥が渕の戦没者墓苑にもお参りをした。菊の花を買って供える。こちらは靖国神社と違って閑散としているが、みたまはこちらのほうがはるかに多い。太平洋戦争の戦死者数が地図上に示されているところがある。中国大陸46万、フィリピン51万、沖縄19万などと書かれており、総数は240万人とある。その家族をふくめると、戦争の犠牲者はとんでもない数になる。ひどいものだ。

九段から飯田橋のほうへ向かう。九段中学では卒業式でなく卒業証書授与式という立て看板が見えた。ときどき、袴姿の女子大生も卒業証書を手に家族と歩いている。あたたかく、日陰を歩きたくなるほどだ。

| コメント (2)

2020.03.18

泉澤寺など

今日は定休日。お彼岸の入りなので、寿福寺にお墓参りに行った。ソメイヨシノもちらほら咲き、ウグイスがすぐそばで鳴き、あたたかい日なのでいよいよ春を実感する。買った花に、庭のラッパ水仙を加えるとにぎやかになる。スカイツリーが霞んで見える。

家に帰ると、叔母とお嫁さんがお線香を上げに来た。ちょうど日向夏(夏みかんの一種)をもいでいた時。しばらく、おしゃべりをしてから、中野島の香華飯店に食事に行った。新型コロナウイルス騒ぎで街は静かだが、店はけっこう混んでいた。

伯母たちと別れて、その後、中原の泉澤寺に行った。小さいときに2年ほどお世話になった人である。すぐそばにニカ領用水が流れていたが、このあたりは花桃が満開だった。もちろん早咲きの桜も満開だし、馬酔木がたくさん咲いていた。

そのあと久しぶりに伯母の家に寄った。築百年の旧家で、息子さんとお嫁さんが歓待してくれた。息子さんといっても私より6つも上だから喜寿を越えている。お萩をごちそうになった。花好きのお嫁さんは、庭はもちろん、門柱の元にも生花が飾ってあった。プロ並みの腕である。蕗の薹が長くのび、もう10日もすればきゃらぶきが作れますといっていた。

そこを辞して、宿河原のチョコットというケーキ屋さんに寄る。ここはうまい。

夕方、生田浄水場の長い階段を登った。218段で、しかもけあげ高いので途中何度か休みながら登った。きょうは平日だが、いろんなことができた。柳の芽も吹き、あちこちに春の兆しが見られた。

新型コロナウイルスが
世界中にひろまり
各国が非常事態態勢だ
東日本大震災に
比べるべくもないが

| コメント (0)

2020.03.16

ばらの庄

きのうの午後、読売ランドの駅あたりまで散歩した。そのとき同級生が「ばらの庄」という介護付有料老人ホームをやっているのを思い出し、寄ってみた。彼はいなかったが奥様がおられて、ていねいにホームを見学させていただいた。建物はきれいだし、庭には円形のばら苑があった。「ばらの庄」の名前の所以だ。

建物は三階で、全体的にスペースが広く、明るく、雰囲気がいい。要介護の人や病人がいるわけだから、管理が大変だろう。お医者さんとも連携しているようだが、やはり介護や調理のスタッフの確保が重要だ。44部屋満室というからりっぱなものだ。

同窓会でしか会わない彼が、りっぱな経営をしているのをみて感心した。先見の明があったのだ。バラはよく剪定されていたが、本人がやるらしい。好きでなければ、できないことでもある。

人は
みな年をとる
いずれは
だれかの
世話になる

| コメント (2)

2020.03.11

311

パッソの点検の日。トヨタは安全装置がついた新車を買ってくれという。サポカーの補助金も出るからと。しかし、年間1,000キロも乗らないのに100万以上のお金をかける気はない。

自転車をパンクするほど乗っているのは、そちらのほうが便利で、機能的、運動にもなるからだ。車は、雨の日、荷物の多い日、不便なところに行かなければならないときにはいいが、そんな日は多くない。

草取りをしていたら、土筆を見つけた。やはり、少し早い。つくしを漢字で土筆と書いたのはうまい。きょうは20℃になったので暑いぐらいだ、Tシャツで、ちょうどいい。

2時46分、311のあの大地震があった時間だ。北のほうに向かって手を合わせ黙祷する。テレビで放映されたあの嘘のような光景が頭をめぐる。

黙祷をしながら
この瞬間は
まだみんな
生きていたんだな
と思う

| コメント (0)

2020.03.07

妻の誕生日

今日は
妻の誕生日
いくつになったのかな
それはともかく
おめでとう

新型コロナウイルスは
どんどん広がる
大昔なら
こんなこと
なかったろうに

| コメント (6)

2020.02.23

百草園・もぐさえん

京王線に百草園という駅がある。聖蹟桜ヶ丘と高幡不動のあいだにあるマイナーな駅だが、その百草園は梅で有名な植物園である。とはいえ、私は一度も行ったことがない。きょうは天皇誕生日で祝日だし、天気がいいので行ってみた。

駅には「梅まつり」の幟がゆれていたが、百草園までの坂道がきつい。HPに書いてあったが、とくに最後の坂がきついので覚悟が必要。それでも、梅の花の季節だけに、多くの人ががんばって上ってゆく。いい運動になる。入場料は大人300円。

P1240600-640x480

園内も階段が多く、歩きにくかったが、適当に広場や休み場所がある。茶店もある。梅の花は満開で、紅、白、緋色、薄紅など、いろんな花が楽しめる。香りも上品でいい。「しばらくは花の上なる月夜かな」という芭蕉の句碑があったが、夜はそんな感じになるだろう。

梅の花の他にも、水仙、福寿草、寒咲きアヤメなども楽しめた。天気がいいので展望の効く場所ではスカイツリーも見えた。一度は行ってみていい所だろう。

百草園から高幡不動まで川崎街道を歩いたが、意外と距離があり、くたびれた。高幡不動をお参りして門前でそばを食う。

坂道を
登りきると
梅の園
ごほうびは花
色と香りと

| コメント (0)

より以前の記事一覧