2018.08.11

山の日

2016年から、8月11日は「山の日」になり祝日になった。日本中、13、14、15日はお盆だから、里帰りをする人が多い。長い休みを取りやすくしたらしい。16日までお盆をやるところも多いが、うちのほうは15日に送り火を焚き、16日はお墓参りをする習慣がある。

でなぜ12日を「山の日」としなかったのかというと、12日はあの日航機事故の慰霊祭が行われるかららしい。520人が犠牲になった事故だから、祝日にはできなかったのだ。

| コメント (2)

2018.07.28

盆踊り

夕べの盆踊りは
久しぶりに
よく踊った
炭坑節以外は
見よう見まねだけど

| コメント (0)

2018.07.22

中野島音楽祭

P1190462_640x480
サミット前ステージ、下布田ティーチャーズの演奏(野球帽は校長先生)

毎年この時期、うちの前の通りで「夏祭り」が行われる。きのうも午後2時からパレードがある予定だったが、今年はあまりにも暑いので家に帰ることにした。ブラスバンド、サンバ踊り、阿波踊りなどが繰り出す。売店もゲームコーナーなどもたくさん出て楽しいのだが、今年はスルー。

3時ごろ、まだ暑かったが、中野島商店街バザール&中野島音楽祭に行ってみた。線路沿いのステージで若い子がバンド演奏をしていたが、暑いせいか観客はまばら。新多摩川ハイムの広場はもうほとんどが片付けられていた。スタッフに3時半までじゃないのと聞いたら、熱中症にならないように、早めに終わることにしたという。

サミット前は日陰で、ここは観客も多かった。ここでは最後の演目である「下布田ティーチャーズ」が「Let it be」などを演奏していた。近くの下布田小学校の先生がたのバンドで、観客の多くは生徒さんだったらしい。サミットで買い物をして帰る。異常に暑い。

| コメント (2)

2018.06.07

のどぐろ

P1190284_640x479

のどぐろ
また
のどぐろ
金沢の

| コメント (0)

2018.06.06

金箔ソフト

P1190278_640x510

砂金が採れる沢が
あったから
金沢
地名の由来を
はじめて知る

| コメント (4)

2018.06.05

鈴木大拙館

P1190267_640x480
大拙館、思索の間

宿ではゆっくりできた。最初に鈴木大拙館に行く。わたしの希望だったが、朝いちばんに訪れるには恰好の場所だった。ときどき、池に不規則な波が起こる。人工的であるが波紋をたのしむようになっているらしい。

それから、ひがし茶屋街へ行く。京子の希望するパンケーキ屋で休憩。それから茶屋街を散策する。酒屋や金箔の店などを覗いてあるく。金沢は空襲を受けなかったので、古い町並みが残っているのだそうだ。修学旅行生なども目に付く。

そこから、近江町市場へ向かう。生ガキや生ウニなどをつまむ。しかし、三食刺身が続いたので遅めの昼飯はなんと杵屋になった。刺身も飽きることを知った。

| コメント (0)

2018.06.04

金沢行

P1190251_640x480
金沢駅前の門、柱は鼓をデザインしたとか

叔母の米寿の祝いを兼ねて、4日、8人で金沢へ行った。新幹線「かがやき」で東京から約2時間半だから速い。移動はだいたいタクシーを使ったから楽だった。昼に寿司を食べ、それから西茶屋街、忍者寺、兼六園とめぐる。

寿司ネタは
どれも新鮮
関東では
われわれの口には
入らない

米寿の叔母は
坂道も階段も
すいすい
つぎは卒寿
そして白寿か

| コメント (0)

2018.05.26

登戸まちなか遊縁地

登戸まちなか遊縁地というのが開催された。遊園地でなく遊地となっているところがミソである。街の中の空き地を利用して、テントを張り、飲食店がならび、遊具を置いて、子供たちに遊ばせている。例の子供用バンジージャンプもあった。即席のステージでは、ダンスやバンド演奏などのショーをやっていた。

https://www.facebook.com/machinakayuuenchi/

妻がカレー2種類とシホンケーキを買ってきて、お昼にした。曇りの日で、日差しがほどほどなのがいい。何より風がないのがよかった。テントは風に弱いから。今回は移動販売車も来ていた。

区画整理事業が進み、個人の店が消えゆくなか、こうした催し物は地域のコミニュケーションを保つ貴重な行事だと思う。スタッフのみなさんに頭が下がる。

| コメント (0)

2018.05.15

長念寺の式典

5月12、13日の土日、登戸の長念寺で大きな祭典があった。「親鸞聖人750回忌」と「平成大改修落慶」というような文字が入口に書かれていた。本堂前にはテントが張られ、大勢の客が座っていた。左脇の方には、裃を身につけた役員らしき人たちと、金色の方位をまとったお坊さんたちが5、6人控えていた。きっとお稚児さんも式典に参加していたに違いない。

浄土真宗は、南無阿弥陀仏と唱えれば救われるという教えがあり、あまり厳しい修行や戒律がないと聞いている。坐禅も行わないのではないだろうか。ここの住職も結婚し何人かお子さんがおられる。葬式などで一般にお清めの塩を使うが、そういうこともしないらしい。死者は汚らわしいものではないからとか。塔婆もない。

浄土真宗は、日本の仏教のなかでは最大の宗派だそうだ。浄土宗も浄土真宗も、念仏によって万人が救われると説いているのがいいのかもしれない。

| コメント (0)

2018.05.08

草鞋を編む

P1190141_640x480
わらじを編む(日本民家園にて)

草鞋は
両手両足を使って
編んでゆく
縦糸に横糸を
通すようにしてね

| コメント (4)

より以前の記事一覧