2017.05.09

MRI

背骨のMRIを
受けた
ダッダッダッダッ
カタカタカタカタ
まるで工事現場

| コメント (2)

2017.03.27

稀勢の里、男泣き

左肩を傷めた
稀勢の里
優勝を決めて男泣き
こちらも
もらい泣き

| コメント (2)

2017.03.10

クルトン体操

3月5日放送の「ゲンキの時間 」では股関節をとりあげていた。股関節が硬いと転びやすく、骨折しやすい。骨折すると寝たきりになるリスクが高くなる。そこで、股関節の柔軟性を取り戻す「クルトン体操」というのを紹介していた。たった2分ですむという。指導:有吉与志恵先生

【クルトン体操のやり方】

P1

1.脚を伸ばして座り、片ひざの下に丸めたタオルを置く。

2.太ももを両手で持ち、かかとを軸に左右にくるくるとまわす。
  このとき、脚を股関節から引き離すようにする。

P2

3.次にその脚を両手で持ち上げてトントンと床に打ち付ける。

4.このクルクルトントンを10回ずつ3セット行う。

5.もう片方の脚も同じようにクルクルトントン行う。

脚の力を抜いて手の力だけで行うとよいというが、あんがい手が疲れる。無理をしないで、徐々に回数を増やしていけばいいと思う。やりにくい人はは、おしりの下にッションを置くといい。こんな体操でも、けっこう股関節がゆるむので驚く。

| コメント (0)

2017.03.09

針とカウンターストレイン

たまたま治療室の近くでとつぜん膝が痛くなったという女性がみえた。うちの患者さんである。苦痛に顔をゆがめている。検査をすると、右の太ももの外側が引きつっている。このところ、冬に逆戻りしたように寒いので冷え切ったところに無理な力が加わったらしい。硬くなったところに針を数本を刺し、しばらく置くと、すこし緩んできた。腸脛靭帯というスジの膝に近い部分がいちばん痛むようだ。

つぎに、その部分にストレッチをかけることにした。ふくらはぎがつったときストレッチをかける要領である。それで痛みが増さなければ正解ということになる。腸脛靭帯のストレッチは、下肢を後内方にもってゆき、やや外側にひねればいい。

患者さんはその姿勢がらくだというので、5分ほど固定し、ゆっくり戻していく。すると、ひきつれは半減した。念のため、骨盤と腰椎の検査もする。あとは温灸をし、サポーターを巻いて、おしまい。帰りは体重をかけても歩けるようになった。うちの治療はだいたい針で痛みをとり、カウンターストレインで関節のゆがみを矯正することが多い。

http://yokido.cool.coocan.jp

| コメント (0)

2017.03.05

鍼(はり)を打つと

鍼を打つと
寝息をたてる人が
少なくない
みんな
疲れている

| コメント (2)

2017.02.23

背中の鈍痛

12月からストレッチングに通っている。体力測定で筋力の低下を感じ、バランス感覚がわるいのを実感したからだ。最初は軽くやっていたが、少しずつ負荷をかけていくと、背中のまんなか当たりが重苦しくなる。交通事故で打ったところだ。

火曜日に整形でレントゲンを撮ってもらったが、整形外科的には原因が見当たらないという。圧迫骨折でもあるかもしれないと思っていたので安心はしたが、治療は理学療法しかないようだ。やはり、うちで妻に鍼灸治療をしてもらうのがいちばんということになる。鍼灸はよく効く。

水曜日に小田原に行ったが、背中はそれほど苦しくなかった。木曜日、大きな患者さんをカウンターストレインで治療していたら、また少し背中に鈍痛がきた。ストレッチングのほうは軽くやるようにしてみたが、からだをひねる動作が多いので、すこし控えたほうがいいかもしれない。

去年の夏に受けたリコネクティブヒーリングをやったり、真向法をやっている。いまは人生の変わり目のひとつなのかもしれない。人生はいいときばかりでないし、わるいときばかりでもない。

| コメント (0)

2017.02.21

花粉症の若者

花粉症の若者が
グシュングシュンと
苦しそう
私にも
あんな時があった

年とともに症状がだいぶ軽くなった。
きょうは木枯し春号が吹いている

| コメント (4)

2017.02.20

転んでひざを打った

2,3日前に転んで、ひざを打ったという女性が治療に来た。正座ができなくなったという。両膝に軽い擦り傷があるがたいしたことはない。右ひざが曲がらないというが、どうもその傷のせいではないらしい。

曲がりたがらないひざは伸ばせばいい、というのがうちでやっているカウンターストレインという手技療法である。ひざの動きを調べると、深く曲げると痛いが、そうっと伸ばすと痛くない。そこで、右ひざを伸ばした状態で、足首の下に丸めたタオルをかい、ひざのお皿の上下を左右の手でゆっくりベッドのほうに押し込んでゆく。

強さは2、3㎏だろう。患者に痛くないかと聞くと、気持ちいいいという。2分ほど押し続けてから、ゆっくりゆっくり力を抜いてゆく。すると、あら不思議、右ひざが完全に曲がるようになった。ひざのお皿を包んでいる大腿四頭筋の緊張がとれたのだ。2、3日むりをしなければそのままなおるかもしれない。ただ体重がかかるところだから、何度か治療する必要があるかもしれない。

からだは
どうしてもらいたいか
知っている
それを聞くことが
たいせつ

http://yokido.cool.coocan.jp/

| コメント (4)

2017.02.15

漏水の修理

水道局の人が来て、漏水があるから修理の工事をしたいという。うちの水道メーターには出ない部分の漏水で、本管からメーターまでの間らしい。古い鉛管が腐食して漏水しているそうだ。別のところに水道管を付け替える必要があるという。敷地の中は2mまでは無料だが、それを越えた部分はこちらが負担しなければならない。仕方がない。

昔は、冬に水道管が破裂することがあった。最近は凍結防止をしているし、温暖化のせいもあってか、そういうことは少ない。今はむしろ夏のほうが漏水が多いそうだ。噴水やプールの使用が多くなるため、水圧を上げるためらしい。ものは傷む。高層ビルなどを見ていると、これが老朽化したらどうなるのだろうなどと余計な心配をしてしまう。

ものは
錆びる
腐る
生き物も
また

| コメント (0)

2017.01.24

金柑とインフルエンザ

P1140436_640x480
金柑(キンカン)

金柑の実を食べに、ヒヨドリがよく来る。熟れたものはスズメやメジロも食べる。最近はオナガも来る。オナガはけっこう大きいから、ヒヨドリも退散せざるをえない。黒いベレー帽に水色のコートを着て、おしゃれな鳥だが、オナガの鳴き声はいただけない。ギャーギャーと耳障りだ。

ところで、この金柑がインフルエンザの予防に効くと、きのうの「主治医が見つかる診療所」でやっていた。金柑に含まれるβクリプトキサンチンの働きでNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化されるそうだ。なんとなく効きそうではないか。

朝起きたらすぐ歯を磨くことも、インフルエンザの予防になるという。寝ている間は唾液の分泌が少ないから、口の中では細菌が繁殖している。起きたらまず歯を磨き、口をすすぐといい。ティッシュなどで歯ブラシの水気をとって、乾かしておくとのも大切らしい。

| コメント (4)

より以前の記事一覧