2017.09.13

脊椎専門病院

背中の鈍痛と足のしびれの検査に行ってきた。品川の脊椎脊髄専門病院だ。待ち時間が長く、予約もできないというので、一日がかりになることは承知の上だ。

8時半ごろ家を出て、10時すぎに受け付けをすます。それから2時間ほど待って自分の番が来た。専門医の診察のあと、頸椎のMRIと脊椎全体のCTを撮った。胸椎と腰椎のMRIは前のデータを持って行った。しばらく待つと、結果も説明してくれた。

首や腰には異常がなく、やはり胸椎の11番あたりで、脊髄が後方の靭帯に触れているという。22歳のときに、交通事故で強打したところだ。症状が軽いほうなので手術とかは考えず、経過観察をすることになった。

病院を出たのは午後1時半を過ぎていた。時間はかかったが、すべてが一日で済んでしまうのがいい。すこし気分が晴れて、残暑きびしい街に出る。品川駅のエキナカで「はかたのお粥」を食べた。帰宅したのは午後3時半ごろだった。

病院は
ふつうが
奇跡のように
ありがたく
思えるところ

| コメント (2)

2017.09.01

咳止めにはハチミツ

健康番組が多い
今回は
病院の咳止めより
ハチミツのほうが
効くことを知った

| コメント (4)

2017.08.31

くねくね体操

水曜日の「ガッテン」は、「からだ若返りスペシャル」というのをやっていた。年をとると体の動きが悪くなるのは当たり前、運動不足になるから、といってしまえばそれまでだが、筋肉を動かす神経が減っていくのも原因らしい。番組では、それを防ぐ体操を紹介していた。

以前話題になった「ゆる体操」にも似ているが、もっと気軽にできるのがいい。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170830/index.html

見過ごしたかたは再放送がある。〔9月2日(土)午前0時10分〕

| コメント (4)

2017.08.29

ぎっくり腰

日曜の夕方
重い袋を持ち上げたとき
腰にピリッときた
だんだん
痛みがひどくなる

妻に
針をしてもらって
しのいだが
腰の角度によって
ズキンとくる

いったん
横になると
起きるのが大変
寝返りも
かんたんに打てない

尿瓶(しびん)や
大人のオムツが
あったらと
本気で考えた
いい勉強になった

| コメント (6)

2017.08.22

足のしびれ

両足の底が
しびれる
昔の交通事故が
今になって
顔を出す

妻に
針治療を
してもらう
これで
凌いでいる

| コメント (6)

2017.08.03

耳がふさがったよう

二三週間ほど前から左右の耳が塞がったようになり、外の音が響いて困っているという女性が治療に来ている。耳鼻科で耳管開放症といわれ、ステロイド剤を処方されたが、副作用がつよいのでやめたという。MRIを撮ったが左に蓄膿があるだけだったという。

一回目の治療は、首と背中に針をし、温灸を加え、筋肉をほぐした。頭のてっぺんにも灸をする。すると、耳の塞がりがなくなったという。いままで電車の音がわんわん響いていたのがなくなったらしく、付き添いの旦那さんも驚いていた。治療を終えると、笑顔で帰った。

今日は三回目。同様の治療をする。その後、鼻孔から長い針を入れ、奥の耳管開口部を刺激する。これで耳の塞がった感じはほぼなくなった。

| コメント (0)

2017.07.16

ひざ伸ばし

先日の『ガッテン』はひざ痛がテーマだったが、とてもためになった。ひざ痛の多くは変形性ひざ関節症という病名がつけられ、とくに内側の軟骨(半月板)がすり減っていると説明される。軟骨のすきまが狭いというのだ。

しかし、新潟の松代(まつだい)地区で1000人規模の調査を行った結果、重度の変形性ひざ関節症でも痛みのない人が53%もいる。また初期のものでも痛くて歩けない人も少なくないということがわかったのである。ひざの痛みの原因は複雑で、半月板だけでは説明がつかないというのだ。

出演した専門家の先生は、膝の関節をつつむ「関節包」が硬くなっていることに原因があることが多いと話していた。そこには痛みを感じる神経も多い。そして、関節包をゆるめる方法は昔からリハビリに取り入れられていた「ひざ伸ばし」だというのである。ただ、それを指導しても簡単すぎて実行しない人が多いという。

ひざ伸ばし運動 (大腿四頭筋のセッティング)
座るか仰向けの状態で両下肢を伸ばし、右の太ももに力を入れ5秒保つ。これを10回ほど繰り返し、左側も同じように行う。これを一日2、3回やる。これを1か月以上つづけるのである。ひざの下に丸めたタオルを置き、それを押しつぶすようにするとうまくいく。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170712/index.html?c=health

見た目にはひざはほとんど動かない。だから地味な運動だが、これを続けるとその効果はいろんなところに波及するようだ。

うちの治療室では低周波をかけて大腿四頭筋を動かしている。関節包をゆるめるという意味ではこれでいいし、ひざ痛もよくとれる、しかし、このひざ伸ばし運動は自分でやるので筋力トレーニングにもなる。無理せず、また三日坊主にならないように続けることがカギである。

| コメント (4)

2017.07.15

夏バテ

室外温度35℃
氏神様参りと
イベント見学で
妻もバテぎみ
夕立が欲しい

イベント:登戸まちなか遊縁地

チーズパン、伊勢屋のコロッケ、レバカツ、ハムカツ、自然食カレー、チキンサンドなど、ちょっと脂っこいものを食べすぎて食傷気味。胃袋もおどろくよな!

| コメント (0)

2017.06.18

低気圧と病気

だるい
頭が重い
耳鳴りがする
低気圧が
やってくるぞ

天気痛
気象病
というのがある
体験者は
ごまんといる

| コメント (4)

2017.06.15

足首のねんざ

足が背屈できなくなった、という男性がみえた。酔って変な姿勢で眠っていたら、朝、左の足首が動かせなくなり、しびれているという。検査をすると、なるほど左の足首がむくんでいるし、内出血のあともある。

これは捻挫の一種だろう。捻挫は関節が可動域以上に持っていかれたときに起こる。ふつうは一瞬であるが、長時間おなじ姿勢で一部分を圧迫しつづけても似たようなことが起こる。治療は、むくみをとり、血流をよくすることだ。

低周波をかけて筋肉を動かし、そのポンプ作用でうっ血をとる。うっ血部分のまわりにゴマ粒大のお灸をすえる。それからカウンターストレインを使う。関節にどのようにしてほしいか聞くのである。足首を背屈できないというのだから、底屈してやればいい。そうすると、むくみの部分をストレッチすることになる。

30分ぐらいすると、だいぶむくみが取れてきた。ベッドを降りて歩いてもらうと、しびれは消えたし、足に力が入るようになったという。最後に、骨盤の傾きを調整して終了。患者さんの笑顔がいい。

| コメント (2)

より以前の記事一覧