2020.07.04

出版祝

P1250331-640x625

ゆうべ、『リプルの歌』を差し上げた方からミニ胡蝶蘭をいただいた。以前に『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』ももらっているからという。かえって気を遣わせてしまった。でも、お祝いをいただいて素直にうれしい。ありがたいことだ。

ありがとうございます
言葉だけでも嬉しいのに
戴き物をすると
嬉しさが増す
想定外だったからかもしれない

| コメント (0)

2020.07.03

紫陽花も色褪せて

P1250327-640x479-2

瑞々しかった
花たちが
日毎
色褪せていく
もう七月

きのう
東京での
コロナ陽性は
107人
第二波がこわい

| コメント (0)

2020.07.01

7月1日、寿福寺へ

今日は水曜日。雨の定休日。寿福寺にお盆の塔婆の申込みに行く。お坊さんに『リプルの歌』とメープルシロップを差し入れする。

今年は人が集まるお施餓鬼もお坊さん一人でやるそうだ。8月6日に、個人個人で塔婆をもらいに行くことになる。それから、お盆の棚経もないという。お経をあげに回るお坊さんが、もし新型コロナウイルスをばらまいていたら話にならんからね。できるだけのことはしておかなければならない。えらい年になったものです、って。

 P1250316-640x480 帰りに、妻がネジバナを見つけた。今年はコロナのおかげで時間の感覚がぼやけている。気分的に遠出もしたくない。香華飯店飯店に行き、食事をする。サツマチドリという可愛い花が咲いていた。お持ち帰りの電話が鳴っていた。宴会はないが、客はあまり減っていないようだ。

午後は妻の伯父の彫刻家・長谷川昂先生のDVDを見た。3時間半ぐらいある長編だったが、彫刻の作成場面がよくわかった。円空は気性がはげしかったのではつり(荒彫り)で止めているが、わたしは性格てきなものか、それから先を丁寧に彫り続ける仕事をしたと言っていた。そのぶん細やかな情感がこもっているような作品が多い。

裸婦像がいくつかあったが、男は助平だから女の裸を彫ると思う人もいるが、裸の女性がもっとも美しい造形物だから彫るのだという。「大地」という作品は裸の母親にすべてをゆだねる子どもを彫ったものだが、大地は人類の母親なのだろう。

スケベエだから
女の裸を
彫るのじゃない
これほど
美しいものはないからだ

| コメント (0)

2020.06.29

ノウゼンカズラ

P1250302-640x508

あちこちに凌霄花(のうぜんかずら)を見るようになった。この淡い朱色が、私のお気に入りである。自力で立てないので、なにかに巻き付いて高く登り、そのものを覆い隠すように咲く。一日花で、次々に花を開き、かなり長いあいだ咲く。最近、アメリカノウゼンカズラというのも見かけるが、ちょっと色が濃すぎていまいち好きになれない。

濃すぎず
薄すぎず
ほどほどがいい
そんなところが
性にあうのかな

| コメント (0)

2020.06.27

ネムノキの花

Nemu1

ネムノキは暗くなると葉を合わせるように閉じるから、眠りの木。それが転じてネムノキとなったらしい。それを中国では夫婦の愛の象徴として合歓の木と表記したらしい。ともに、葉が閉じる様から命名されている。

花のほうは、糸のように細い花びらが扇型に広がる。その先が薄紅色になり、化粧筆のように見える。マメ科だという。

合歓の木の
その花びらで
頬を染めるのは
どんな
女性だろう

| コメント (0)

2020.06.26

ホタルブクロ

P1250264-640x479
ホタルブクロ

昔、勤労奉仕で草刈りに出たとき、この花のことをチョウチンブクロと言っていた古老がいたのを思い出す。西洋では釣鐘草というらしい。カンパネラだ。

辞書をひくとキキョウ科とある。昔は提灯のことを火垂(ほたる)と呼んでいたらしい。提灯に灯が入り、それを照らして歩けば、遠目にはホタルが飛ぶように見えたのだろう。火垂る袋もいいが提灯袋という言葉にも哀愁がある。

| コメント (0)

2020.06.23

アガパンサス咲く

P1250299-640x476

アガパンサス(紫君子蘭)が咲いた。ヒガンバナ科かと思ったがユリ科。

新型コロナウイルスでいろんな行事が中止になるし、行きたいところも閉まってる。そんなわけで蟄居ぎみ。マスクは必需品になったし、ソーシャルディスタンスを保つように気を使う。そんなのが積もってストレスになる。

しかも、梅雨入りで低気圧が行ったり来たりで、からだも重い。でも、私は五行歌集が作れたから、まあまあか。治療室も開けておけば、ポチポチ患者さんが来てくれる。ただ、猛暑日はいやだな。

梅雨空は
気まぐれ
降ったり
照ったり
光ったり

| コメント (0)

2020.06.19

ヤマボウシ

P1250293-640x480
ヤマボウシ(山法師)

けさは本格的な雨だった。車で来て、いつもの駐車場が満車なので少し離れたところにとめた。そこから治療室に来るあいだに、白いきれいな花が咲いているのを見つけた。とっさに、ヤマホロシとヤマボウシの二つの名前が浮かんだが、どちらか思い出せない。

ネットで調べると、ヤマボウシが正解だった。法師がかぶる頭巾に似ているかららしい。ミズキ科の花で、ハナミズキに似ている。ただ、このヤマボウシは白にサビが入っていないのできれいだ。ハナミズキの白にはすぐサビが入る。ま、それも花の生き様だから仕方ない。

| コメント (4)

2020.06.13

タチアオイの花

P1250287-640x480

いつの間にか
ひゅーっと伸びて
花ひらく
女王のような
タチアオイ

タチアオイの
花たちが
並んでお出迎え
ちょっと
照れるよ

 

| コメント (4)

2020.06.10

五弁のドクダミ

P1250267-640x479

ドクダミの
5弁の花を
見つけた
幸運の
印としておこう

| コメント (3)

より以前の記事一覧