2018.10.11

寄生植物

P1190886_640x479

桜の
幹の叉から
木の芽
ビワが
生えている

| コメント (2)

2018.10.02

五体投地

垂れた稲穂が
腰を折り
五体投地までしている
すごい
大風だった

| コメント (0)

2018.09.30

銀杏の実の海

きのうの夜は台風24号が関東を襲った。カーポートに支柱をかい、飛びそうなものをしまった。22時ごろ、ゴロゴロと音がするので、外に出てみたら、ジョーロが転がっていた。風はかなりつよい。布団に入っても、風の唸り声が聞こえ、家が揺れる。眠れなかった人も多かったろう。登戸神社は境内一面が公孫樹の葉とギンナンの実の海。脇道はギンナンがつぶれ、くさいこと、くさいこと。

台風は左回り
時速50キロ?
関東に吹く風は
半端ない
家が揺れる

ヒマラヤスギ折れ
ユリノキの枝葉散り
ギンナンが臭う
台風一過
空はどこまでも青い

| コメント (0)

2018.09.23

お彼岸の中日

いい天気だった。板橋の親戚が三人でみえた。いとこの次女が結婚することになったそうで、寿福寺の墓地に寄ってからうちに来た。ご先祖さまにその報告をしたという。しばらく家の墓地に行っていないので場所がわからなかったようだが、ケータイで何度もやりとりして無事に目的を果たしてきた。

妻はお赤飯を炊き、手作りの料理で歓待した。お彼岸には曼珠沙華が咲くが、うちでは酔芙蓉が咲いている。朝白く、日に当たるとピンクになり、夜はそれが濃くなる。酒に酔ったようになるので酔芙蓉というわけだ。いつも来る栗平の叔母がみえなかったが、夜電話すると、畑に行っていて、中日のことを忘れていたらしい。

P1190822_640x471
酔芙蓉、朝なので白い。赤いのは前日の花。

彼岸を
知らせる
曼珠沙華
うちでは
酔芙蓉が咲く

| コメント (0)

2018.09.17

彼岸花

P1190782_640x471
福傳寺の彼岸花

9月の第3月曜日は敬老の日。私も古希を過ぎたから、敬ってもらうほうになってしまった。70歳以上が国民の約2割、60歳以上を含めると約3割になるというから、日本は超高齢社会になった。

暑さがぶり返すなか、八王子にお墓参りに行った。まだお彼岸には入っていないが、休日とあって、墓参の人は少なくなかった。亡くなった方やその家のご先祖さまに声をかけると、なんとなく気分がすっきりする。波動が交流するのだろう。

茎を
ヌッとのばし
知らぬまに
咲いている
彼岸花

| コメント (0)

2018.09.16

花は咲く

P1190784_640x479

人の世は
なにかと
騒がしいが
花は
ただ咲く

| コメント (0)

2018.09.07

カラスウリの花

P20

白く細い触手を
無数に伸ばし
一夜限りを
妖しく美しく
カラスウリの花

| コメント (0)

2018.07.31

リュウゼツラン

P1190522_480x640

P1190520_640x416

50年たつと花を咲かせるというリュウゼツラン。その花が咲いたと、タウンニュースに載っていたので行ってみた。個人のお宅の庭なのでなかなか場所が分からなかった。やっと見つけたが、花はそれほど美しいものではない。ただ、その花茎の長さに驚かされる。4、5mはあったのではないだろうか。花は下側から咲き、上の方はまだ蕾だった。

けさのニュースで、リュウゼツランの花が台風12号の風で折れたといっていた。ここのは幸い、折れてはいなかったが、花を咲かせたから、その生涯を閉じるのだろう。

| コメント (2)

2018.07.26

百日紅

P1190498_640x480

百日紅
と書いて
サルスベリと読む
夏場
ほんとに長く咲く

上品な
百日紅のピンクが
猛暑を
ちょっぴり
和らげてくれる

| コメント (0)

2018.07.24

P1190428_640x480

七月なのに
もうすぐ
栗が採れそう
ザーッと
欲しいね

| コメント (0)

より以前の記事一覧