« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020.11.30

半影月食と夜景

P1260134

夕方6時ごろ、生田浄水場の石段を登って、てっぺんから東京方面を臨む。階段を登るのは足の運動のためだが、今日は満月で晴れているということもある。スカイツリーも東京タワーもよく見える。ここは百万ドルの夜景が見える穴場である。

東京タワーがすこし短く見える。それは満月の日に限って、上層の灯りを消すからだそうだ。

三脚を立てて満月を撮っている男性がいたので、月を覗かせてもらった。そうしたら、その人は今日は月食もあるそうですと言う。何時ごろですかと聞くと、ちょうど今頃なんですがねえ、と言う。しかし満月は満月のままでどこも欠けているようには見えない。妻が、上のほうがすこし暗い感じがするけれど、なんていう。

ネットで半影月食を調べると、
地球の影のうち半影と呼ばれる薄い部分に月が隠されるのが半影月食だとある。1月11日、6月6日に続く3回目が、11月30日の夕方から宵にかけて起こる。 食の始まりは16時32分ごろという。われわれがいた18時半ごろはピークだったらしいのだが。

男性はずっとここにいたそうだが、半影月食らしきものは観察できなかったという。われわれが登った頃は、もう終わっていたのかもしれない。ま、ちょっと満月が暗くなった程度だったのだろう。アメリカ先住民がビーバーが巣作りをする頃の満月なのでビーバームーンともいうらしい。

半影月食

| コメント (2)

2020.11.29

ドクターリヴィング

夕方、大きな宅配便が来た。妻から私への誕生日プレゼントだという。開けてみると、しっかりしたヨガマットのようなものだ。フローリングなので、体操するのに使えるという。朝晩、うつぶせになってお尻ころがしをしたり、真向法をやっているが、それに使える。ま、妻も使えるから共用になるが、プレゼントとなると嬉しい。低反発なので、うたた寝するのにも役立ちそうだ。

夜、寅さんシリーズを見た。例のデジタル修正版である。樋口可南子のきれいなこと!

| コメント (0)

2020.11.28

持続化給付金申請

新型コロナウイルスの流行で経済がまわらない。とくに飲食業のお店は苦しい。客席を減らしたり、営業時間を短くしたり、いろんなサービスをしてなんとかやっている。病院へ行くのもこわいから行かない。それで病院経営が悪化するなどというニュースも流れている。それでGOTOトラベルとかGOTOイートとか、あるいは地域応援券のようなものを発行して経済をまわそうとしている。

うちの患者さんも中高年が多く、来院者が減ってしまった。国の持続化給付金を受ける資格が生まれた。それで、その申請法をネットで調べてみたが、これがややこしい。スマホでもPCでもできるというが、簡単ではない。

まず、登録の段階で、パスワードの設定がうまくいかない。半角小文字と書いてあるのにエラーメッセージが出る。サポートセンターに電話をしたら、一文字だけ半角大文字にしてくださいという。なるほど、そうしたら登録ができた。まだ入力の画面に不備があるらしい。

去年度の確定申告書、決算書、いちばん収入の低い月、運転免許書かマイナンバーカードの写し、振り込み先銀行の写し、などを入力しなければならない。スキャンしたり、デジカメで写真を撮ったり、ファイルを作ったりして、だいぶ時間がかかったが、なんとか申請は完了した。

| コメント (4)

2020.11.27

リンゴの日

患者さんから大きな信州りんごを二ついただいた。生産者の言葉が入っている。肥料をだいぶ研究したらしい。家に帰って食べてみると、たしかにうまい。最近は農作物でも、作者の写真や文章が入っていることが多い。一種の差別化なのだろうか。

夜、宅急便が来た。またリンゴ一箱だ。信州ゴールドといって、少し黄色がかっている。こちらもうまい。どっちのほうがうまいとは言えないぐらいだ。みんないろいろ研究し、おいしいリンゴを育てているのだろう。

毎日リンゴ一つ食べれば病気知らずという。ありがたいことだ。

| コメント (0)

2020.11.26

バッテリーがあがる

きのうのことだが、車のエンジンがかからなくなった。通勤はもっぱら自転車なので、バッテリーが上がってしまったらしい。ドアの鍵は開くし、メーター類は点灯するが、セルモーターが回らないのだ。2ヶ月前に半年点検を受けているのだが。

以前にもバッテリーが上がったことがあり、ネットでジャンピング・スターターを買っておいた。しかし、それも電池が切れているので、4時間ぐらいは充電しなければならない。そのあいだに、運動のためよみうりランド駅まで往復歩いたのだ。

ジャンピング・スターターの本体はちょうどスマホぐらいで実に小さい。フル充電すると、ここからエンジンを始動する電気の出力が出るというから優秀なものである。充電がすんだころ、車のボンネットを開けて、スターターをバッテリーにつなぎ、キーを回すと、みごとにエンジンがかかった。30分ほどエンジンをかけたままにしておいて、しばらくしてからまたかけてみたが大丈夫。車もたまには乗らないと自然放電してしまうのだ。油断ならない。


Rekable

| コメント (0)

2020.11.25

黄色い千両の花

P1260103-640x493

水曜日なので休み。床屋さんに行った。床屋さんのマスターは80歳を越えているが、店に出てときどき仕事を手伝っている。さすがに、首筋にカミソリを当てられるときは身構えた。でも腕はたしかだ。

香華飯店でランチを食べ、それからワークマンプラスで防寒ズボンと帽子を買った。小雨が降っていた。

夕方、妻とよみうりランドの駅まで歩いた。OXで買い物をし、ドトールでお茶を飲んだ。バスが出たばかりなので帰りもだんだら坂を歩いた。約1万歩ぐらいになったらしい。運動をすれば確実に血圧はさがり、睡眠が深くなる。問題は続けることが出kるかどうかだな。

からだは
使うようにできている
使えば
血の巡りはよくなるし
げんきになる

| コメント (4)

2020.11.24

古い患者さん

10年前に来たことがあるという患者さんや、久しぶりの患者さんが来てくれた。コロナの影響でうちも患者さんが半減し、思い出して来てくれてもありがたい。坐骨神経痛や腰痛などの患者さんは、すぐ効果が出ることが多いが、長いあいだ、あちこち患ったひとは手がかかる。それでも、うちの鍼やカウンターストレインが気に入って来てくれる。鍼は指圧やマッサージと違って施術者によって、やりかたが大きく異なるからだ。

急性の痛みは鍼がよくきく。慢性のものは温灸もいい。姿勢や整形外科的なものはオステオパシー、とくにカウンターストレインがいい。カウンターストレインはからだの癖をとるので、かなり恒久的に効果が持続する。

10年前に来たことがあるという女性は、もう80歳だ。首と肩が痛いという。本が好きで、一日何時間も読むらしい。あちこち痛がるが、頭を前に下げたときは痛くないという。首が前傾してしまっているのだ。とりあえず、仰向けで角枕を二つかさねるとらくになるから、すばらくその姿勢のままにしてみる。

首が前傾しているのだから、カウンターストレインでは、首が前に曲がりたがっているとみる。前側の筋肉が緊張しているのだ。それを緩めるにはからだが行きたい方向に持って行ってやればいい。そうすれば、そのくせを作っている筋肉がゆるむからである。背中と肩まわりを治療しておしまい。

※二日後に、もう一度治療に来たが、半分以上らくになっていた。

コロナで患者さんは減ってしまったが、うちのことを思い出して来てくれたり、ネットなどを介して新患も来てくれる。ま、なんとかやっていけそうだ。

| コメント (2)

2020.11.23

勤労感謝の日

祝日だが、三連休の最後とあって、観光地へ向かう高速道路などは大変な混みようだ。コロナで経済を回そうというGOTO トラベルのキャンペーンなどの特典があるためらしい。ま、巣ごもりで外に出たい気持ちは分かる。

P1260096-640x500

私は庭仕事をした。主に草むしりだが、天気がよかったので仕事がすすんだ。柚子が採れたので知人宅に届けたが、ひと山越えてまた越えて、足がおそろしく疲れたが、いい運動になった。勤労感謝の日というより体育の日だった。

柚子はたくさんなったが、少し日当たりがわるいのでスス病にかかり、顔が悪い。それでも焼き魚に絞り汁をかけたり、ママレードをつくったり、重宝する。

| コメント (4)

2020.11.21

ふくらはぎの太さ

左右の親指と人差し指で輪っかをつくり、それで自分のふくらはぎの太さを測ってみる。指とふくらはぎの間にすき間ができるようだと、ふくらはぎの筋肉が落ちていることがわかる。

だいぶ前にこの検査をして、ふくらはぎが大分やせていることに驚いた。以来、自動車通勤を自転車に変え、できるだけ歩くようにした。はじめはフーフー言っていた坂道や階段も、だんだん長く歩けるようになった。

いまでは、ふくらはぎの太さを測ると左右の指先がつくかつかない程度だ。つまりふくらはぎの筋肉がだいぶついたことになる。だいぶ長い距離も歩けるようになった。ふくらはぎは第二の心臓といわれるから内臓の老化もある程度わかる。やはり、積極的に歩かないといけない。

ストレッチ
スクワット
真向法
これが
朝晩の日課

| コメント (0)

2020.11.20

誕生日

P1260050-640x479
柊(ヒイラギ)の花

近づくと
甘い香りが
ただよう
ヒイラギの

若い葉は
とげとげしいが
古くなると
丸くなる柊の葉
人間みたい

今日は
私の誕生日
私はなにも知らないけど
親や親族は
お祝いをしてくれただろう

| コメント (10)

2020.11.19

昭和記念公園を歩く

P1260036-640x480

きのうは定休日。天気がいいので散歩に行きたいが、いちばん手軽な昭和記念公園に行った。立川駅から青梅線に乗り換えて一つ目の西立川が公園入口前になるのだが、青梅線の乗り場が列車によって変わるので気を付けないといけない。われわれは2台見送ってしまった。

平日なのに、紅葉狩りの人々でにぎやかだった。かたらいの公孫樹並木、日本庭園、やすらぎの里、みんなの原っぱなど、秋晴れの下をよく歩いた。コスモスは終わっていて、来年のために菜の花の種が撒かれ、マルチがしてあった。かろうじて百日草ががんばっていた。

P1260066-640x480

P1260061-640x480

この公園は広いので、何度来ても初めてみる場所がある。また季節によって変化が大きい。サイクリング専用ロードがあったり、ボートがあったり、適当に食事ができる店があったりしていい。一番いいのはトイレが多いことかな。人が多いので鳥はあまり見られず、モズの声を聞いたぐらいだ。14000歩以上歩いたから、くたびれた。

| コメント (2)

2020.11.18

マンガン電池

P1260011-640x479

トイレの天井灯が明るすぎるので、壁にLEDの小さな電灯をつけた。夜中にあんまり明るいライトに照らされると目がやられる。階段の足元などに使うライトらしいが、それを壁に取り付けた。ちょうどいい明るさだ。用を足すにはじゅうぶん明るい。

この電灯は人感センサーでもあり、モーションセンサーでもある。つまり人を感知すると点灯し、10秒ぐらいしてから自然に消える。ただ、動きがなくなると消えてしまう。あまり長いこと立ったままでいたり、便座に長いこと座っていると消えてしまう。そんなときは、ちょっとからだを動かせばまた点灯する。

試用電池がなくなったので、単4のアルカリ電池を入れてみたが点灯しない。なんといまどき、マンガン電池専用なのだ。先日、溝口のNojimaに行ったが、アルカリ電池しかありませんと言われた。そこでインターネットでしらべてみると、まだマンガン電池を販売しているところがあった。1本あたり70円ぐらいだから安い。売れないのだろう。もうマンガン電池の時代は終わったようだ。

小さな電灯は3個あるが、一つに単4のマンガン電池を3本使う。40本買ったから、当分は電池の心配をしなくてすみそうだ。

| コメント (2)

2020.11.17

人口が増えると

人口が増えると
戦争が起こるという
今回は
コロナウイルスだけに
してほしい

| コメント (0)

2020.11.16

交差免疫説

日本や東南アジアでは、新型コロナウイルスの流行は欧米に比べて規模が小さい。なかでも重症者や死者数がが少ない。これにはいろんな論文が出ているが、交差免疫による説明が妥当かもしれない。

ハーバード公衆衛生学のマーク・リプシッチ享受はこう言っている。

一般に、アジアでは季節性のコロナウイルスに感染することが人が多い。感染すれば、これに対して抗体ができる。抗体は数か月維持される。だから似たようなコロナウイルスに感染しても、これと戦いせん滅し、健康状態を保つことができる。

季節性コロナウイルスに感染したことがない人が新型コロナウイルスに感染した場合、重症化する割合は28.1%だが、季節性コロナウイルスに感染したことがある人が新型コロナウイルスに感染した場合、重症化する人は4.8%だそうだ。

コロナウイルスは夏場だと長生きできない。気温35度、湿度60%だと、2時間ぐらいで死んでしまう。秋口になって、気温24度、湿度20%だと15時間ぐらい生きるそうだ。

冬は寒く、乾燥する。インフルエンザの季節である。これからが新型コロナウイルスとの戦いの正念場である。

| コメント (0)

2020.11.15

ジョウビタキちゃん

P1260025-640x414 

コンパクトカメラで撮ったのでぼやけているが、けさ電線に止まっているジョウビタキ
の写真。声をかけると尻尾を小刻みに振って応えてくれる。かわいい鳥だ。

毎年
メスのジョウビタキが
やってくる
妻がすこし
妬いている

| コメント (2)

2020.11.14

えらい、えらい

私が五行歌全国大会に出した歌。締め切り間際に出した歌。
それでも5人からコメントが入っていた。

よくやってるな
えらい、えらい
まずは
自分自身を
褒めてあげよう

芽ろんさんからは個人賞をいただきました。
自分を褒めることはめったにないけれど、
小さなことでも自分を褒めると元気になるような気がする。

夕方、浄水場の長い階段を上り下りした。218段だが、けっこうきつい。

よく登ったな、えらい、えらい!

| コメント (2)

2020.11.13

カマキリ

P1260004-640x479

寒くて
動けないのだろう
カマキリ
ずっと
じっとしている

| コメント (0)

2020.11.12

五行歌全国会の大会誌くる

新型コロナウイルスの影響で今年は全国大会が書面の大会になった。移動する必要なくなったので、参加者は400人を越えたといいうからすごい。一同に会するとなると、芸能人のおこなう結婚披露宴の会場でも借りないと入り切れない。

それにしても「五行歌の会」の事務局のスタッフはすごい。400首の歌をワープロに打ち込んで小冊子をつくり、その作品集を参加者一人一人に送る。そして採点表を受け取ってから得点順に整理し、コメントも配分する。作者自身のコメントと他者へのコメントもあるから、その量たるや半端ではない。主宰のコメントも加え、あらたに大会誌を作成する。

その間、月刊誌の作成もあるし、個人の五行歌集もかなり出版した。キーボードを打つ指を傷めたのではないかと心配してしまう。上位五席だけ紹介しておこう。

ハンニャと          鈴木理夫(一席)
オカメのお面
妻は巧く使い分けるが
私はいつも
ヒョットコのまま

そうか            島田正美(二席)
許すことは
器を
大きくすること
なのか

「人が住んでいないと     吉田恵三(三席)
燕がこないんですよ」
限界集落の老婦
ほほえみの中に
にじむ覚悟

車イスを押す         大森仁(四席)
今日までどんな日も
背中を押し続けてくれた
妻の後ろ姿が
近くてちいさく

老いるとは          しおや敬子(五席)
その空間に
誰かがいても
寂しくて
たまらないのです

| コメント (2)

2020.11.11

しんゆり五行歌会(11月)

病院 図書館 レストランと    有水
何処へ行っても
隣りの椅子には
×が
座っている

「辛かったね」          内藤
その一言で
心のタガが外れた
泣き顔は
見せたくないのに

早朝の散歩            平田
東天の
刻々と変わる
彩りを眺め
感じる「生」

さすられた            冨樫
背中から
身体中に広がる
和らぎと
オキシトシン

空では              えんみ
鰯が大漁だ
夕陽が
うろこを光らせ
大漁旗をあげている

止まるまで            のぶ
席立たないでと
バス運転士
せっかちの手が
探す手摺り

一本の苗から           京子
ほったらかしても
その形になるという
ざる菊
ネーミングもベスト

冬に備えて            リプル
加湿器を出す
こびりついた
カルキを削り取る
ひたすら削り取る

| コメント (0)

2020.11.10

ロッキングチェア

ロッキングチェアに
身をまかせていると
いい思い出も
悪い思い出も
どうでもよくなる

| コメント (4)

2020.11.09

つわぶきの花

P1250976-640x479

今年もまた
つわぶきの花を
見るようになった
不器用だが
素朴な花だ

| コメント (4)

2020.11.08

昔の人は強かった

P1250970-640x479_20201108113901 
@川崎市日本民家園

電気や重機が
無い時代を
思うとき
昔の人々に
頭が下がる

| コメント (0)

2020.11.07

栗の渋皮煮

きのう
患者さんに
栗の渋皮煮を
いただいた
味が深い

作るのは
大変らしく
かけた時間と
エネルギーに
感謝

| コメント (0)

2020.11.06

バイデン大統領誕生か

今日もまだ勝敗がついていないアメリカ大統領選。郵便投票の開票がすすむにつれて、民主党のバイデン候補の優勢が伝えられている。トランプも個性のつよい大統領で人気もあったが、ちょっとやりすぎたところがあったのだろう。国際秩序は大いに乱れてしまった。このうえ格差社会が広がるのは富裕層にとっても危険になる。バイデン氏で落ち着くのではないだろうか。

みんなと
仲良くやっていくには
自分ファーストでは
いけないということだ
たとえ本音であっても

| コメント (0)

2020.11.05

米大統領選

共和党トランプ、民主党バイデンの一騎打ちとなった米大統領選。アメリカの選挙制度が複雑でわかりにくいが、大接戦になっていることは確かだ。一時、トランプが優位に立ったが、郵便投票の結果が出てくると、バイデンの勝利はほぼ間違いなくなった。しかし、トランプは郵便投票にいちゃもんをつけて敗北宣言をしないようだ。いさぎよくないねえ。

17:00現在、勝敗つかず!

アメリカ・ファーストで暴れまくった大統領にあいそをつかし、バイデンでアメリカの良心が戻ることを希望する。

| コメント (2)

2020.11.04

ざる菊(相模原)

P1250983-640x480

歌会の仲間に聞いていた相模原のざる菊を見に行った。小田急線で相武台前まで行き、そこからバスに乗り、降りてから20分ぐらい坂道を上る。看板もないから人に尋ねながら行く。やがて、小さなのぼりが見える。向こうには大山が見える。

ざる菊というから、ざるで樹形を整えるのかと思ったが、5月頃に植えた苗が自然に丸くなるらしい。たくさん植わっているのでみごとである。一見の価値はある。バラもいいが、菊もいい。なんとなく落ち着く。天皇家の五行歌紋章だもんね。

| コメント (0)

2020.11.03

日本民家園

P1250970-640x479

い本民家園に行った。ここは昔の人が人力で建てた古民家がならび、囲炉裏を焚いたり、民具をつくったりしている。いつ来ても、昔の人はよく打働いたんだなあ、いろいろ工夫しているなあ、と感動の連続である。山下家の修理は済んでいて、そば屋は開店していた。

今年はコロナの影響もあって、歌舞伎舞台も使われず、民具づくりや竹細工なども極めて小規模なものになっていた。藍染工房から七草峠に出て、枡形山の広場にのぼる。空気が霞んでいて東京はよく見えなかったが、ま、はっきり言ってビル一色だ。

よく歩いたので、よく眠れるだろう。

| コメント (0)

2020.11.02

収穫

日曜日の午後は柿を採ったり、生姜を抜いたり、草取りをしたり、落ち葉掃きをした。気温がちょうどいい。
ときどきジョウビタキが鳴き、ここにいるよと小刻みに尾を振る。ことしも、よく来たね。

小さな葉だけど
けっこう生姜が
とれたよ
七月の長雨の
おかげかな

甘いか
渋いか
食べてみなけりゃ
わからない
禅師丸柿

| コメント (0)

2020.11.01

『五行歌』11月号・投稿歌

人が
私をよける
あっ
マスク
忘れてた

レトロな店で
コーヒーをのむ
いい香りだ
午後七時閉店とは
早いな

マスクを
忘れて
取りに帰る
バス一台
見送る

たまに
マスク美人に出会う
マスクを外して
もらいたいような
もらいたくないような

マスクを忘れ
仕方なく
ハンカチを
口に当て
足早に歩く

彫刻の森
暑いせいもあるが
マスクをしている
作品は
なかった

Uta_20201102101501

| コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »