« 五行歌全国大会の採点 | トップページ | 秋の虫 »

2020.09.13

AIの翻訳

今朝みえた患者さんは、しごとで英語の学術論文の翻訳をしているという。これに時間がかかって大変だそうだ。そしたら奥さんが、グーグルの翻訳機能を使ってみたらとアドバイスしてくれた。やってみると、変な日本語も多いが、わりとうまく訳すという。人工知能の進歩はすごいものですね、と感心していた。使ったことはないが、有名なポケトークなども、何か国語もうまいこと翻訳するらしい。

AIの読み上げも昔はじつに機械的で、笑ってしまったが、最近はそうとう進化している。抑揚なども人間のことばに近づいている。たまに誤ってなにかのキーを叩いてしまい、ナレーター(読み上げ)機能が入ってしまうことがあるが、まあまあ聞き取れる。

妻はスマホでなにかを検索するとき、音声入力を使うことが多い。あっという間に返事がくる。便利な時代である。とにかく、コンピュータの検索機能は信じられないくらいすごい。何万、何十万の答えを瞬時に返す。おかげで辞書を引くことが少なくなった。

夕方、稲田堤のほうに散歩に行った。喫茶店でコーヒーをのみ、とホットケーキを食べた。ふっくらやわらかいのが多い時代だが、ややかためでレトロなホットケーキだった。帰りには霧雨が降ってきた。コロナの影響だろう。喫茶店も午後7時で閉店すると書いてあった。涼しい。

電車のアナウンスも
複数の女性の声を
合成したものらしい
ストーカーが
つかないようにとか

« 五行歌全国大会の採点 | トップページ | 秋の虫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五行歌全国大会の採点 | トップページ | 秋の虫 »