« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020.06.30

肋骨から五十肩

先週の月曜日に、左肩が痛いという女性がみえた。ちょうど50歳ぐらいなので、五十肩だ。もっとも五十肩は俗称で肩関節周囲炎という。しかし、それとて大ざっぱな病名だ。肩は前に後ろに横に上げる筋肉がある。腕を内外にねじる筋肉もある。肘を曲げる、あるいは伸ばす筋肉もある。

その女性は肩を覆う三角筋がいちばん痛いようだ。そこで、肩関節の神経の元になる首を検査する。僧帽筋と中斜角筋がかたい。そこに細めの針を打ってほぐす。もちろん背中の筋肉も関係するから、そちらもほぐす。帰りにはだいぶ楽になったようだ。

先週の土曜日に二度目の治療をした。そのとき、特に左腕が横に上がりにくいようだった。そこで左の第一肋骨と第二肋骨を押してみると、かなり痛がる。これはカウンターストレインの診断法で、左側の肋骨が下がっているとみる。胸郭がゆがんでいるのだ。

治療法は、患者を仰向けにして患者のあごの先を圧痛点の方に向けるようにして頭を持ち上げてゆけばよい。すると圧痛が消える場所がある。その位置に頭を2分ほど固定し、ゆっくりゆっくり元にもどす。これで圧痛は消える。座りなおしてもらい、左腕を横に挙げてもらうと、痛みがほとんど消えている。めずらしいケースだから、久しぶりだが、肋骨の位置異常が腕の横上げを制限していたのだ。

今日、火曜日は三度目の治療。肋骨はこのあいだの治療が効いている。今回は上腕二頭筋の短頭に圧痛がある。それと肩甲下筋の緊張をとる。あとは、そこを支配する神経の出るところ、やはり中斜角筋に鍼を打つ。簡単な体操を指導しておしまい。

きょうの記事はちょっと専門的すぎるが、自分の治療の記録にしたいので書いておく。

カウンターストレインについてはこちら

| コメント (0)

2020.06.29

ノウゼンカズラ

P1250302-640x508

あちこちに凌霄花(のうぜんかずら)を見るようになった。この淡い朱色が、私のお気に入りである。自力で立てないので、なにかに巻き付いて高く登り、そのものを覆い隠すように咲く。一日花で、次々に花を開き、かなり長いあいだ咲く。最近、アメリカノウゼンカズラというのも見かけるが、ちょっと色が濃すぎていまいち好きになれない。

濃すぎず
薄すぎず
ほどほどがいい
そんなところが
性にあうのかな

| コメント (0)

2020.06.28

青田

P1250301-640x487

何千年も
お米を食べて
生きて来た
稲は
いのちの緑

| コメント (3)

2020.06.27

ネムノキの花

Nemu1

ネムノキは暗くなると葉を合わせるように閉じるから、眠りの木。それが転じてネムノキとなったらしい。それを中国では夫婦の愛の象徴として合歓の木と表記したらしい。ともに、葉が閉じる様から命名されている。

花のほうは、糸のように細い花びらが扇型に広がる。その先が薄紅色になり、化粧筆のように見える。マメ科だという。

合歓の木の
その花びらで
頬を染めるのは
どんな
女性だろう

| コメント (0)

2020.06.26

ホタルブクロ

P1250264-640x479
ホタルブクロ

昔、勤労奉仕で草刈りに出たとき、この花のことをチョウチンブクロと言っていた古老がいたのを思い出す。西洋では釣鐘草というらしい。カンパネラだ。

辞書をひくとキキョウ科とある。昔は提灯のことを火垂(ほたる)と呼んでいたらしい。提灯に灯が入り、それを照らして歩けば、遠目にはホタルが飛ぶように見えたのだろう。火垂る袋もいいが提灯袋という言葉にも哀愁がある。

| コメント (0)

2020.06.25

患者の側

きのうのギックリ腰で、治療室へ行けるかどうか心配だったが、すこし痛みはおさまった。雨なので車で通勤し、妻がいろいろ手伝ってくれた。4人患者さんを治療したが、治療中は痛みを忘れていた。床に落とした物を拾うときなどはズキンとくる。患者の合い間に「お尻ころがし」などをやって腰をゆるめる。

午後、妻に鍼治療をしてもらう。太めの針を刺し、低周波をかけてもらう。だいぶ楽になった。患者の側に立つと、いろいろなことが分かる。ツボの位置の取り方、鍼を刺す瞬間の緊張感、鍼先のひびきなど。鍼のあと温灸をしてもらう。少し休むと、ずいぶん楽になった。痛いときほど、鍼がよく効くのが分かる。これから治療はよりていねいになるだろう。

ところで、学生時代の英語会の友達が、私の五行歌集『リプルの歌』を仲間に紹介してくれた。すでに読んでいて、面白かったという感想をくれた人もいる。五行歌という言葉さえ聞いたことがない人が多いだろう。しかし、五行歌は短歌のあの哀調を帯びた七五調には絶対表現できない自由がある。大らかさがある。今の思いを、今のことばで、今伝えるからだ。

短歌や俳句のファンは多いが、少しでも五行歌ファンが広がることを祈っている。

| コメント (10)

2020.06.24

魔女の一撃

定休日。どんより。家全体を換気するシステムのフィルターを掃除した。それからブロック塀の一部が壊れているので自分で修理することにした。

生田駅そばのホームセンター「スズキ」に行って、速乾セメントとコテを買う。その他野菜の支柱、それを安定させるための鉄の杭などを買う。ブロック塀は一部が欠けていて、ぜんぶはふさげないが、それでもモルタルをつくって塗り込んでなんとか修理できた。

そのあと、ゴーヤの支柱を立て、補強の鉄杭を打った。そのとき古い鉄杭を抜こうとしてがんばったのだが、最後になって魔女の一撃をくらった。魔女の一撃とはいわゆるギックリ腰である。腰の両側に痛みが走り、動けなくなった。それでも、そろりそろりと家に入り、らくな姿勢を探して横になった。慣れないことをすると、これだ。

自分がぎっくり腰をやると、患者さんの辛さが分かる。たまにはいいかな。

東京都の新型コロナウイルスの感染数は55人だったという。カラオケ店とか居酒屋とからしい。いろいろ規制はゆるんできたが、大きな第2波が来ることが心配だ。油断はできない。

| コメント (0)

2020.06.23

アガパンサス咲く

P1250299-640x476

アガパンサス(紫君子蘭)が咲いた。ヒガンバナ科かと思ったがユリ科。

新型コロナウイルスでいろんな行事が中止になるし、行きたいところも閉まってる。そんなわけで蟄居ぎみ。マスクは必需品になったし、ソーシャルディスタンスを保つように気を使う。そんなのが積もってストレスになる。

しかも、梅雨入りで低気圧が行ったり来たりで、からだも重い。でも、私は五行歌集が作れたから、まあまあか。治療室も開けておけば、ポチポチ患者さんが来てくれる。ただ、猛暑日はいやだな。

梅雨空は
気まぐれ
降ったり
照ったり
光ったり

| コメント (0)

2020.06.22

雨の月曜日

P1250292-640x480
クロコスミア

朝から本格的な雨。そんな中、来てくれる患者さんを丁寧に治療する。すこしでも楽になるようにと。やはり、若干コロナ太りの人が目につく。

午後、内科で血液サラサラの薬などを処方してもらう。先生は、梅雨に入ったからコロナの感染も落ち着くだろうと言っていた。そんな感じがする。それでもマスクは外せないし、ソーシャル・ディスタンスは保たなければならない。小さなストレスがたまる。

夕方、先週受けた大腸カメラの結果を聞きに行く。予約していたが、30分以上待たされた。で、結果はセーフ。3年ぐらいたったらまた検査しましょうという。ホッとした。

帰宅すると、『リプルの歌』を贈った人から礼状が来ていた。楽しい文面だ。本棚にしまわず、しばらく持ち歩きたいという。嬉しい話だ。

リモート授業が
多いらしい
普段の十倍疲れる
もうボロボロ
と大学の先生

| コメント (2)

2020.06.21

採りたてのタマネギ

通勤電車も人が増えてきたらしい。新型コロナウイルスの緊張が少しずつ緩んでいくようだが、まだまだ油断はできない。第2波3波がいつくるかわからない。こういうのが精神的にも疲れる。

午後、栗平の西食亭に行き、食事をした。お世話になった叔母に五行歌集『リプルの歌』の本をあげ、叔父の仏前にも供えた。おかげさまで、こんな歌集ができました。ありがとうございます、と。

帰りに叔母の畑に寄り、キュウリとインゲン豆とタマネギをもらった。タマネギは規格外の大玉を選んで抜いた。夕食に、チーズを塗って焼いて食べたが甘い。大きいのにやわらかい。みずみずしいのだ。

夕方2時間ほど草むしりをした。今日は夏至だが、どんより空。涼しい。そのせいか蚊も少ない。

きのう書き忘れたが、土曜日には新しい4k版の寅さんシリーズを見ている。画面がきれいだ。きのうは寅屋一家が九州旅行に行くところだった。寅は留守番。マドンナは岸恵子。いい映画だった。

| コメント (0)

2020.06.20

五行歌の手本

けさの「よみうり五行歌欄」の特選は、常連の志村さん。先生の評は、歌はこのように書くといいという出来、と高い評価。私も思わず「うまいなあ」と唸りました。

すべすべに        志村礼子 小田原
磨かれた
廊下
風が
ころがる

| コメント (0)

2020.06.19

ヤマボウシ

P1250293-640x480
ヤマボウシ(山法師)

けさは本格的な雨だった。車で来て、いつもの駐車場が満車なので少し離れたところにとめた。そこから治療室に来るあいだに、白いきれいな花が咲いているのを見つけた。とっさに、ヤマホロシとヤマボウシの二つの名前が浮かんだが、どちらか思い出せない。

ネットで調べると、ヤマボウシが正解だった。法師がかぶる頭巾に似ているかららしい。ミズキ科の花で、ハナミズキに似ている。ただ、このヤマボウシは白にサビが入っていないのできれいだ。ハナミズキの白にはすぐサビが入る。ま、それも花の生き様だから仕方ない。

| コメント (4)

2020.06.18

カッピング

カッピング、吸い玉ともいう治療法がある。コリのひどい人などに施術することはあるが、丸く痕が残るのであまり多用はしない。毎回やってくれと言う人が2、3人いる。私自身も背中が重いとき、妻にやってもらうことがある。陰圧で強制的に充血させるから、内出血を起こす。その修復に乗じてうっ血や筋線維の傷などもなおり、血行がよくなり筋肉がゆるむ。

今日来た女性は、最初からカッピングが希望だった。鍼は怖くてだめだという。女性にしては筋肉質なので、カッピングをやってもあまり痛がらないし、内出血のあとも少ない。昔はよくやってもらったが、最近やるところが少ないらしい。

あとは軽く整体を施す。左の首の太い筋肉が硬いのでそれをカウンターストレインでゆるめる。どうも斜頸だったようだ。

| コメント (2)

2020.06.17

しんゆり五行歌会(6月)

きのうは久しぶりの「しんゆり五行歌会」がいつもの会場で開かれた。6月の例会ということになる。

3、4、5月は、新型コロナウイルスの感染防止のため会場が閉鎖され、歌会は紙上歌会になった。メールやファクス、あるいは郵送などで資料や採点表などを何度も往復させるため、事務局はたいへんだったと思う。

会場は30人部屋だが、半数の15人以内、食事は禁止との条件。それで学校の教室みたいに一方向を向いて座る会だった。しかも、マスク着用のため聞きずらいところもあったが、やはり直接みんなと会うのはいい。

突然倒れた老婦人を     良元(一席)
抱き起こしもせず
一一九番通報
コロナが恐くて
優しさも消えた私

午後七時三十分       冨樫(二席)
ホタルの照明
カエルたちの輪唱
六月の里山ステージ
開園

ドクダミの            リプル(三席)
白十字の花に
問いかける
ウイルスのこと
なんとかならない?

外は花いっぱい        浅井
緑いっぱい
でも心が寂しい
わたしはやっぱり
人が好き

顔をすっぽり被うほどの    大橋
でっかいマスクで
目だけ出した様なお嬢さん
そおまでしなくてもー
美人が台無しよ

待ちつづけて43年       佳子
めぐみさんに
とうとう会えず
天国へ
横田滋さん逝く

| コメント (5)

2020.06.16

『リプルの歌』の感想

五行歌集を
あちこちに贈った
褒め言葉の波に
呑まれて

おぼれそう

| コメント (2)

2020.06.15

大腸カメラ

大腸内視鏡検査を受ける。

前日の夕食後は、水やお茶以外は口にできない。朝、下剤を飲む。下剤2ℓを2時間ぐらいかけて飲むのだが、これがけっこう苦しい。はっきり言って、まずい。合い間に水を1ℓのんで、計3ℓだ。

下剤を飲み始めて1、2時間すると便意が起こる。そして、頻繁にトイレに行く。後半は速射砲のような弁が出る。和式トイレだったら大変だ。

ほぼ透明になったら写真を撮る。前にやったときは、ときどき看護師さんが便の色をチェックしに来たが、今はスマホの写真になった。

31℃ぐらいの真夏日のなか、自転車でクリニックに向かう。ほぼ予定通り16時半から検査開始。鎮静剤も使わなかったが、カメラの管も進化しているらしく、あまり苦しくはなかった。先生も看護師も優しい。詳しい説明は一週間後のことという。

なんだか長い一日で、くたびれた。

今日の新型コロナウイルスの感染者は東京で48人。新宿歌舞伎町での集団検診で多く出たらしい。街は少しずつ賑やかさを取り戻しているようだ。

大腸の検査を
受けながら
ありがたい時代だなと
無数の人に
感謝する

| コメント (0)

2020.06.14

マスク

マスクは
自分のため
ひとのため
そういうことって
大切

暑い時や、状況が許すときは外しましょう。

| コメント (2)

2020.06.13

タチアオイの花

P1250287-640x480

いつの間にか
ひゅーっと伸びて
花ひらく
女王のような
タチアオイ

タチアオイの
花たちが
並んでお出迎え
ちょっと
照れるよ

 

| コメント (4)

2020.06.12

タウンニュースに載る

Img036-640x435

先日出版した五行歌集『リプルの歌』が、今朝の新聞のチラシ・「タウンニュース誌」多摩区版に紹介された。「人物風土記」の下のコラムだが、わりに丁寧に書かれているので嬉しかった。やはりプロの記者は違う。

ただ、写真はけっこう白髪が目立つ。天井灯の反射かもしれないけど、悲しいけかな、年をとるのは早い。新型コロナウイルスのため治療室がヒマになってしまったので、過去の五行歌を整理して歌集をつくることができたわけだが、たのしい作業でもあった。

五行歌は文字数に制約もないし、文語の知識もいらない。俳句の季語などのような約束もない。いまの気持ちを、いまの言葉で、いま書けばいい。できれば、ちょっと詩歌の雰囲気をのせて。

こんな記事に目を止める人は少ないかも知れないが、五行歌の普及の一助となればさいわいに思う。

| コメント (4)

2020.06.11

マスク熱中症

昼間は30℃を越す暑い日だった。日陰を中心に草刈りをしたが、マスクをしていると口のまわりに熱がこもり、息苦しくなる。浄水場のまわりをジョギングしている人も、たいへんだ。マスク熱中症の危険が報道されてからは、人と人との距離が離れていればマスクをはずす人も少なくなくなった。涼しいマスクというのも売り出されているらしい。

今日で東京アラート(新型コロナウイルスの警戒レベル)が解除された。PCR検査の実数がわからず、ただ感染者数だけが発表されるので、「ちょっと早いんじゃないの」という気もするが、経済の復活も目指さなければならないから、なんとも言えない。

梅雨と
真夏日が
重なったら
マスクサウナに
なりそう

| コメント (0)

2020.06.10

五弁のドクダミ

P1250267-640x479

ドクダミの
5弁の花を
見つけた
幸運の
印としておこう

| コメント (3)

2020.06.09

泰山木の花

P1250271-640x476
生田緑地にて

泰山木の
花咲けば~
夏が来るよ~
天空の
白いハスだ

| コメント (4)

2020.06.08

ZOOMミーティング

学生時代の友達が、何人かで集まってリモート会話を楽しもうという。ZOOMというアプリをダウンロードすれば、パソコンのレンズとマイクを通して、スカイプみたいに会話が出来るという。IDもパスワードもいらない。ミニ談話室のようなものだ。

今日の昼過ぎにZOOMへの招待がきたので、メールの文中の青をクリックすると、自動的にアプリがダウンロードされた。参加ボタンを押し、向うから許可がおりると、なんと3人の声と画像が出てきた。私と他の二人だ。一人を大映しできるし、同時に何人かを映すこともできる。新型コロナウイルスの感染を防ぐために、テレビでよくやるオンライン会話である。

一人は40年ぶりぐらいに映像を見た。向こうも変わったが、わたしも白髪頭になった。30分ぐらいしゃべって終わる。最初だけ分かりにくかったが、ま、便利なものである。電話は想像力を要するが、こちらは映像が見えちゃう。見られたくない時もあるかな。

| コメント (0)

2020.06.07

花菖蒲

P1250282-640x479

日曜日。午後、生田緑地の花菖蒲を見に行った。暑い。30度以上はある。ビジターセンターでサンドイッチを食べてから菖蒲田に出る。日差しが強いので花も暑がっている。しかし、紫や白の花を元気に咲かせていた。すらりと伸びた茎の先に大きな花弁を垂らし、時おり吹く風に、ゆれている。

コロナ騒ぎで、あまり出かけることがなかったので気持ちがいい。野鳥の出る森のほうも回ってみた。遠くでアオゲラがホーと鳴いている。ホトトギスも鳴いている。もうだいぶ葉が繁って来たので、ともに姿は見えない。エナガの群れが木の実をつついている。ウグイスも鳴いているが、ガビチョウの大きな声に消されてしまう。

やはり、日曜日のわりには人出がそれほど多くはなかった。民家園も西口からは入れなかった。科学館の入口では体温測定をして、消毒ををさせていた。パンデミックは必ず終焉する。早くワクチンができるといいな。

そよ風に
ゆれる菖蒲は
着物美人
日本髪が
なびくよう

| コメント (0)

2020.06.06

ユリノキの花

Yurinokinohana

自転車で通勤しながら、ユリノキの花を探しているが、それらしい色のものを見つけるが花かどうか確信が持てない。自転車を止めて見上げても、今年は葉っぱが多くて見えない。五月下旬ごろが満開だと思うが、今年は早かったかもしれない。それで以前に撮った写真を載せておく。

ごらんのようにユリノキといいうが、葉も花もユリとはぜんぜん違う。どちらかというとチューリップに近い。薄緑の花びらに薄橙色の模様がついた可愛い花だ。ユリノキは新宿御苑のシンボルツリーで、大木が何本かある。今年は、御苑も長いこと閉園になっていたのではないだろうか。動物園もバラ苑も閉園だった。

やっと緊急事態宣言が解除されたが、感染者は減らない。2020年はコロナのおかげで悪夢のような年になってしまった。

野球も
サッカーも
お祭りもない
2020年は
コロナばかり

| コメント (0)

2020.06.05

栗の花

P1250257-640x480

栗の花の
においがする
あのむせるような
青臭い
においが

栗の花の
においを
嗅ぐと
ああ梅雨だな
と思う

| コメント (0)

2020.06.04

『五行歌』6月号・投稿歌

今回は、去年の8月27日に脳梗塞になった経験を歌にした。特集「言葉がもつれたら」という表題で15首投稿した。新型コロナウイルスを話題にした歌が多いと思ったから、あえて違うものを出した。

朝起きたら
口のまわりが
はばったい
言葉が変よと
妻が言う

タ行
ナ行
ラ行
などの
発音がおかしい

午後
内科に行くと
左顔面マヒを
指摘される
右脳梗塞らしい

手のひらを
上にして
両腕を伸ばすと
左腕が
下がる

脳神経外科で
MRIの検査
それはまるで
土木工事の
現場だった

画像に
美しい星が
輝いている
そこが
患部らしい

紹介先の
多摩病院で
右脳梗塞と
診断され
そのまま入院

採血やら
点滴やら
看護師の
手際のよさに
見とれる

症状が
悪化する場合も
あると言われ
妻は
眠れなかったらしい

普通は奇跡
とよくいうが
普通で
なくなってみると
本当だ

5メートル先の
トイレに行くにも
ナースコールの
ボタンを押す
申し訳ないことです

点滴棒を
押しながら歩く
ドラマの
主人公に
なった気分で

リハビリは
手足の運動と
文章の朗読だ
一字一字
ゆっくり読む

病室の窓から
多摩川の花火が
遠くに見えた
音は聞こえないが
じつに綺麗

脳梗塞の原因は
高血圧だったようだ
教訓、
言葉がもつれたら
即救急車を呼べ

| コメント (2)

2020.06.03

石臼挽き蕎麦

お昼に、石臼挽きのそばの店「石づか」に行った。12時すこし過ぎなのに、ランチは売り切れだった。20食限定だそうだから、11時すぎには行かないと売り切れてしまう。それで私は天せいろを、妻は辛味大根せいろを注文した。やはり、ここの蕎麦はおいしい。辛味大根は皮が赤く、芯の部分も赤く、おろすとピンク色だった。期待したほど辛くはない。ちょっと体を動かした後なので、おいしい。

休日に
草むしり
土寄せ

昔の人は
偉かった

| コメント (0)

2020.06.02

キンシバイ

P1250243-640x480
金糸梅(キンシバイ)

私の五行歌集『リプルの歌』は五行歌の会本部を介して、100支部以上の代表に配られた。その礼状が毎日数通ずつ来る。ハガキのものもあれば、封書でていねいな感想を述べているものもある。メールのものもある。それを読むのが楽しい。やはり、作品をひとつの本にまとめるというのはいいものだ。自分の心の整理にもなるし、このように読んだ感想もいただける。

私は長いあいだ「しんゆり五行歌会」の代表をしていたが、そのとき代表宛に送られてくる本に礼状を書いたことは一でもない。恥ずかしいかぎりである。もちろん、会員には紹介し、目を通してはもらっていたが、返事はださなかった。どこかの代表が「私は一通も出していません」と言ったのを真に受けていたようだ。いまさらながら、申し訳ないことをしたと思う。

| コメント (0)

2020.06.01

内視鏡検査の申込

きょうは一日ぐずついて、小雨降るじめじめした日。妻は氏神様にお参りに行った。

夕方、私は胃腸科に行き、大腸の内視鏡検査の申し込みをした。どうも便通がゆるく、回数が多いのが気になる。S字結腸のあたりが痛むこともある。以前、大腸の内視鏡の検査を受けたのは4年前だった。自分では3年前だと思っていたが、もう4年もたっていたのだ。

ついでに、超音波検査の申し込みをした。超音波の検査では膀胱に尿を溜めておいた方がいいと言われた。内臓がよく映るらしい。しかし前立腺肥大があるのでトイレが近い。一度に飲まず、少しずつ水分をとれば尿意も弱くなるといわれた。ま、1時間ぐらいがまんすればいいらしい。

それから内視鏡検査のために必要だといって採血を受けた。診察室も待合室もマスク着用で、1m以上離れるように書いてある。検査の下剤もできるだけ自宅で飲んでくるようにという。新型コロナウイルスの感染を警戒しているのだ。私は遠くないからいいが、遠い人はリクライニングベッドの部屋で下剤を服用し、トイレに通うことができる。

ま、わずらわしいが、気になることはすましておいたほうがいいに決まってる。年をとっていけば、いろんな病気が待ち構えている。そうだ、もっと瞑想をしよう。心の洗濯をしよう。

| コメント (4)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »