« たのしい「古事記」 | トップページ | 小判草 »

2020.05.13

庭仕事

暑い日だった。日陰を求めて草取りをした。できるだけ根から引き抜く。そうしないと、すぐまた草が生える。しゃがんで草を録ると腰がいたくなる。トイレのために家に入ると、かならずお尻ころがし運動をおこなう。まだ、あまり蚊がいないのがいい。

藤の剪定も行う。藤の花が終わると蔓がのびる。それをほっておくと他の木に巻き付いて始末に負えなくなる。シランの紅白、スズランも咲いている。日陰のセダムも小さな黄色い星型の花を咲かせている。柚子の花も咲き、いい匂いを放っている。

庭仕事にマスクは暑い。テレビでは熱中症になる危険があるなんて言っている。

新型コロナウイルスの感染予防のために、真夏でもマスクをすることになるのだろう。ただ、敵は暑さと湿気には弱いらしい。梅雨に入れば、感染のリスクは減るかもしれない。紫外線にも弱いはずだ。

そのうち、いい薬が見つかるかもしれない。早くその日がくるといいな。

« たのしい「古事記」 | トップページ | 小判草 »

コメント

草取りお疲れ様です。
根っこが生きてるから、草刈りをしても、雨が降って晴れると元通りになってますw仕事で草刈り頑張ってますが、まだ涼しいから救われますが、マスクをしての作業はこれからは気をつけなければなりませんね。

自然に優しいがうたい文句のラウンドアップ除草剤を使ってください。草刈りが命取りになりかねないです。

投稿: がっぽり | 2020.05.14 22:39

★がっぽりさん、
レスありがとうございます。
除草剤は使いたくないのですが、そうですね、
ラウンドアップは葉から吸収され、土には
残らないと聞いています。噴霧器でかける
のですか。

投稿: リプル | 2020.05.15 09:30

そうですね、仕事ながら除草剤代が勿体無いので使ったのは1回でした。ドクダミなど、強い草には少し濃い目に遣うのですが・・・水で薄める濃縮タイプがあります。

仕事では除草剤は原則禁止なんですね、子供達が触る可能性があるので。

でも、年齢や季節によって、草むしりは命懸けになりますから、時と場合によっては利用することも大事ですね。

投稿: がっぽり | 2020.05.16 08:53

★がっぽりさん、
去年、軽い脳梗塞を患ったのは8月27日でしたから、
暑さはこわいですね。脱水症ぎみだったのでしょう。
やはり、必要なら除草剤を使ったり、植木屋さんに
剪定を頼みます。最近、冷感マスクなんていうのが
出ているようですが、ま、あまりあてにはできない
でしょう。早朝の草取りなんかがいいのですが、
こんどは血圧が心配です。いろいろありますね。

投稿: リプル | 2020.05.16 09:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たのしい「古事記」 | トップページ | 小判草 »