« コロナウイルスの脅威 | トップページ | 新型コロナー53万人感染 »

2020.03.27

満開の桜は散らない

P1240687-640x430

千鳥が渕の桜は、水曜日には8、9分咲きだったから、今日あたりはまさに満開だろう。ただ、今日は風がつよい。スギ花粉も黄砂もコロナウイルスもそうとう撒き散らされていることだろう。

春は寒暖差があるので、開花に時差があるが、満開になった時点ですぐ花が散るわけではない。以前、小金井公園へ花見に行ったときに発見したことだ。公園の桜はまさに満開そのものなのに、花びらが一片も散っていなかったのである。地面に散ったであろう花びらを探し歩いたが見つからない。それで、こんな歌を詠んだ。

満開の桜には
ひとひらも
散らすまいと
息を殺しているような
瞬間がある

瞬間というのはオーバーで、「息を殺しているような一日がある」ぐらいだろうか。とにかく、花は子孫を残すために咲くのだから、授粉するまでは散らないのである。ソメイヨシノはクローンだから実はつけないけれど、満開のあとすぐ散る訳ではない。ま、二三日は散らない。雨風に打たれても、けっこうがんばる。ただ、咲いている期間が梅などにくらべて短いので、ワッと咲いてパッと散るような印象がある。そこが潔いとして好まれるのだろう。

千鳥が渕の桜も満開になったばかりなので、お堀の水面に花びらはひとひらもない。これが2週間もすると、お堀は花筏で埋め尽くされ、ピンクに染まる。

« コロナウイルスの脅威 | トップページ | 新型コロナー53万人感染 »

コメント

コメント、ありがとうございました。
幕末の日本でも、オーロラが江戸や東北、和歌山などで見えたことはいくつもの日記に残されています。
強力な磁場嵐が出現していたんでしょうね。

レーガン時代だったか定かでありませんが、磁場嵐のため、飛行中の大統領専用機との交信が30分程度途絶えて大騒ぎになったことを思い出しました。

桜はきょうのような嵐でも一週間程度は散りません。一週間は根性がありますね。
 

投稿: 放心 | 2020.03.27 20:08

★放心さん、
ハワイでオーロラが見えたという話を聞いたときは
驚きましたが、いろんなことが起きるものですね。
このインターネット時代に大きな磁気嵐でも起きたら
一体どうなるか想像もできません。さしあたっては
新型コロナウイルスの終息を願うばかりですが。

桜の満開は二三日でなく、一週間ぐらいでしょうか。
花吹雪も風情がありまね。

桜の大木がアスファルトを押し上げて波打つ歩道を
あるくのは疲れる。ほんとに根性があります。

投稿: リプル | 2020.03.28 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナウイルスの脅威 | トップページ | 新型コロナー53万人感染 »