« けだるそうな梅 | トップページ | シモクレン »

2020.03.16

ばらの庄

きのうの午後、読売ランドの駅あたりまで散歩した。そのとき同級生が「ばらの庄」という介護付有料老人ホームをやっているのを思い出し、寄ってみた。彼はいなかったが奥様がおられて、ていねいにホームを見学させていただいた。建物はきれいだし、庭には円形のばら苑があった。「ばらの庄」の名前の所以だ。

建物は三階で、全体的にスペースが広く、明るく、雰囲気がいい。要介護の人や病人がいるわけだから、管理が大変だろう。お医者さんとも連携しているようだが、やはり介護や調理のスタッフの確保が重要だ。44部屋満室というからりっぱなものだ。

同窓会でしか会わない彼が、りっぱな経営をしているのをみて感心した。先見の明があったのだ。バラはよく剪定されていたが、本人がやるらしい。好きでなければ、できないことでもある。

人は
みな年をとる
いずれは
だれかの
世話になる

« けだるそうな梅 | トップページ | シモクレン »

コメント

堅実に運営をされておられる同級生の方は立派ですね。
施設の雰囲気を大事にされているの、バラの花を世話されている事からわかります。
心に余裕があるから、花も大切にしておられるのでしょう。
私もこの先、人の世話になるのかなぁ?と考えたら、ボケずに自分の事ができるようにって願います。

投稿: mako | 2020.03.16 20:07

★makoさん、
駐車場の予定地をばら苑にしたのはりっぱ。
やは車より花のほうが魅力的ですよね。
最近は100歳なんて、めずらしくありませんね。
できるだけ人さまのお世話にならずにとは
思うのですが、こればかりは。

投稿: リプル | 2020.03.17 14:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« けだるそうな梅 | トップページ | シモクレン »