« ヴィパッサナー、よかった! | トップページ | 豆まき »

2020.02.01

きさらぎのついたち

P1240370-640x470
春の七草

今日は2月1日。如月である。カレンダーを見ると、昨日が七草とある。ま、このころになれば、実際、七草を摘んでおかゆを焚くこともできる。七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、となっているが、寒さに耐え抜いた野菜をたくさん食べれば元気になるということだろう。

旧暦でいうと新暦は一ヶ月ほど早くなる。時には二ヶ月あまり早くなる。だから年賀状の「賀春、新春、頌春」などと言った言葉が早すぎて、実感が伴わないのだ。

昔の春は1,2,3月をいうが、今の春は、3,4,5月だ。旧暦は新暦より一ヶ月前後おくれることになる。太陰暦は月の満ち欠けを基準にするから、太陽暦とはだいぶずれる。満月はいつも15日である。毎年、元日も違ってくる。ことしの旧暦の元日は1月25日で、中国や韓国ではこの日を「春節」といって、正月を祝う。ちなみに俳句の歳時記は2,3,4月を春と決めているというい。いろいろ、ややこしい。

西行の「願わくば花の下にて春死なん、そのきさらぎの望月のころ」という歌も、如月の望月はとうぜん新暦の2月15日ではない。旧暦の2月15日のことで、新暦だと3月末から4月に入ることもある。そのころなら、桜も満開になるだろう。

きさらぎ
という音は
耳に心地よい
妻は
木更津の人

« ヴィパッサナー、よかった! | トップページ | 豆まき »

コメント

何とも可愛らしい盆栽ですね。それに美味しそう!
以前、自然観察会で、七草を探して摘み、それを
七草粥にしていただくという貴重な経験をしました。
早や、如月なのですね。早いものです。
奥さまは木更津の方なのですね(^^)

投稿: うきふね | 2020.02.02 15:58

★うきふねさん、
きさらぎを辞書で引くと、生更きの意味で、草木が
生え変わることをいうそうです。衣更着と書いて、
服を重ね着するというのは誤用だそうです。
如月の月の如しというのがいいですね。

ほんものの七草を摘んて食べたのですか。それは貴重な
体験でしたね。はい、妻は木更津出身です。
タヌキばやしの證誠寺と与三郎で知られています。

投稿: リプル | 2020.02.03 09:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィパッサナー、よかった! | トップページ | 豆まき »