« 豆まき | トップページ | 立春 »

2020.02.03

ひいらぎと鰯の頭

広辞苑をひくと、こうある。
【節分】(セチブンとも) ①季節の移り変わる時、すなわち立春・立夏・立秋・立冬の前日の称。②特に立春の前日の称。この日の夕暮、柊ひいらぎの枝に鰯いわしの頭を刺したものを戸口に立て、鬼打豆と称して炒いった大豆をまく習慣がある。

セチブンと読むのは、お節料理と呼ぶから分かる。節分が年に4つあるのは、土用と同じだ。節分は特に立春の前日、土用は特に立夏の18日前をいう。

私を育ててくれた叔父は、たしかに節分の日、ヒイラギの枝にいわしの頭を刺したものを戸口に立てていた。ヒイラギの棘と鰯の頭のにおいが鬼を遠ざける。西洋でニンニクで悪魔を払うのと同じだ。農家はどこも自分のうちにヒイラギを植えていたものだ。

妻はきのう行った薬師堂にまた行き、4時からの豆まきに参加し、ビニールの小袋に入った豆やお菓子を拾ってきた。薬師堂では法螺貝の合図とともに、無言で豆をまいたらしい。無言? 私が帰ると、うちの豆まきだ。家の玄関と勝手口で豆まきをした。「鬼は外、鬼は外、福は内」とふつうに。

その前に、治療室では入口と南の窓を開けて、豆まきをした。外に向かって多めにまき、部屋の中はちらかるので袋入りのまま撒いた。ご利益のほどはわからない。ただ、なんとなく気持ちがすっきりする。

« 豆まき | トップページ | 立春 »

コメント

豆まきはしなかったけど、半紙に包んで神棚と仏壇に供えます。実家は豆まきしてたけど、嫁いだ時から供えています。
そして~~ひいらぎと鰯も置きましたよ。
新型コロンも毎日報道されたるので、「鬼はそと~」の心境です。

投稿: mako | 2020.02.04 13:01

★makoさん、
地方によって、いろんなやり方があるようですね。
子どもの頃から、食べ物を投げるなんてと思って
いましたが、神棚に供えるのはいいですね。
コロナウイルスは想像以上に広がっていますね。
戦争もこわいけれど、目に見えないウイルスも
こわいですね。

投稿: リプル | 2020.02.04 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豆まき | トップページ | 立春 »