« 氷雨 | トップページ | 月刊誌「五行歌」 »

2020.01.29

栗谷を歩く

午前中は来客があって、頭を使って疲れた。それで午後は歩くことにした。2時ごろ家を出て、栗谷のほうに行ってみた。妻がそっちのほうに行ったことがないというから。小田急線は谷間を走っているから、その両側はどこへ行っても坂ばかり。まず一山越えて生田の踏切に出る。踏切を渡って坂を上る。三叉路の左が長沢で、右が栗谷だ。

昔、中学の恩師が住んでいた栗谷の神社を思い出し、そこに行ってみることにした。神社の名前は忘れたし、家が建て込んでいて道がわからない。そしたら偶然、妻が知人に会い、それは須賀神社だと聞く。行ってみると、たしかに須賀神社は昔の面影を残していた。

そこから読売ランド駅方面に下る。杉山神社という看板が見えたので、そこもお参りする。長い石段を上り、竹林に挟まれた参道を行くと神殿がある。かなり広い境内だ。神社を下り、つぎに、たまに落語会をやっているという棕櫚亭を探した。だいたいの場所はわかるが、見つからない。そこで通行人にたずねた。「ああ、シュロテイね、イタリア料理の店だったけど、今はやってないよ。そこの川の左側の家だよ」と教えてくれた。

古い建物で、ここに40人も客が入って落語会をやるのかと、中を覗いてみた。読売ランド駅への裏道となるのか、細い橋をときどき人が通ってゆく。

読売ランド駅前に出て、その辺を歩きまわり、くたびれたので「モンタナ」という喫茶店に入った。自家製のケーキが並び、大きめの店だ。からだが温まっているので、私はシェフおすすめのバナナジュースを、妻はソフトクリームを注文した。両方のクリームには岩塩の粒が入っているようで、それが案外おいしい。シェフおすすめの所以なのだろう。

読売ランド駅は日本女子大生や付属の高校生が使うからか、駅前はけっこう店があり賑やかだ。小田急OXで買い物をして、また一山越えて菅馬場に到る。ここまで来れば家は近い。3時間ぐらいかけて坂道を約1万歩あるいたから、いい運動になった。

隠し塩を
加えた
ソフトクリームは
シェフの
お薦めらしい

遠くに
行かなくても
歩けば
いろんな
発見がある

« 氷雨 | トップページ | 月刊誌「五行歌」 »

コメント

いつでもできることって後回しにしがちですよね?

私も歩いてワークマンまで行こうと何度も思っていますが、いまだ実現していません。なんなんですかね?

でも、自転車ならなんとか・・・って思いますが、してませんw

投稿: がっぽり | 2020.02.02 03:13

★がっぽりさん、
遠くの山に登ったりしているのに、近くはあまり
知らない。外国旅行ばかりしているのに、日本にも
いいところがあると知るのと似てますね。
思いついたらやる、これがなかなかできませんね。

投稿: リプル | 2020.02.02 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 氷雨 | トップページ | 月刊誌「五行歌」 »