« アロエの家 | トップページ | 氷雨 »

2020.01.27

手の冷え

患者さんのなかには、手足の冷たい人がいる。全身を治療するとだいたい温まるが、温まらない人もいる。そういう人には手足の井穴(せいけつ)に糸状灸をするか、鍼をするといい。井穴というのは手足の爪の生え際の両端から5mmほど離れたところ。指先には多くの神経終末が来ているので、針や灸は痛く熱く感じるが、一瞬なので大丈夫。すぐにホカホカしてくる。鍼や灸の刺激で血行がよくなるからだ。

あとは暇があるとき、自分でその井穴を強く圧迫するように言う。これは安保医師が進めている免疫力アップの方法のひとつでもある。

親指と人差し指で
反対の手の指先を
横からつよく圧迫する
こうすると
手が温まってくる

« アロエの家 | トップページ | 氷雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アロエの家 | トップページ | 氷雨 »