« 関東合同新年五行歌会 | トップページ | エナガと太郎 »

2020.01.12

新年歌会の上位6首

 一席(旅人たびと
言葉が
収まるときは
カチッと
鍵穴に入る音が
聴こえる

 二席(山碧木星やまあおきほし
ちょっと待って
いま
感動している
動くと
こぼれそうなんだ

 三席(松村光雄)
日だまりで
爪を切る
俺にも
まだ 伸びるものが
あったのだ

 四席(かおる)
郷里の言葉の
中にいる
温泉に
浸かるゆるやかさで
ほぐれていく

 五席(長嶋通子)
病む妻を
お姫さま抱っこで
お風呂に入れる
老夫
渾身の愛

 草壁賞(渡邊伸子)
その人を通すと
相手が皆
愛すべき人に思えてくる
空気清浄機の様な
長年の友

« 関東合同新年五行歌会 | トップページ | エナガと太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関東合同新年五行歌会 | トップページ | エナガと太郎 »