« 吹奏楽の演奏 | トップページ | 昭和記念公園散策 »

2019.11.03

民家園まつりとプラネタリウム

P1230304-640x480
 
山梨の古民家
土間にわらを切ったものを敷き、その上に筵(むしろ)を並べただけの囲炉裏のある部屋。これでも裕福なほうの家だったらしい。すきま風も入るので夏はいいが、冬はさぞ寒かったことだろう。

P1230296-640x479
こちらでは、稲わらでつくった蓑(みの)や笠、雪靴、わらじ、などの試着広場があった。昔の暮らしは手づくりが主だから、ほんとうに大変だったにちがいないと、その労苦を偲ぶ。

P1230324-640x416 

開発者大平貴之: メガスターⅢ
 
民家園で二時間ぐらい過ごしてから、生田緑地の広場に出て、軽く弁当を食べた。それから、ちょうどプラネタリウムの始まる時間だというので入ってみた。大人400円がシニア200円で、川崎市民は無料だって。

投影する星の数は驚異の約2000万個。目に見えない星まで投影するので夜空が深い。自分が宇宙船に乗って旅をしているような気分にさせてくれる。解説もやさしく丁寧だった。だいぶ前に、京都の瞑想センターで天の川をはっきり見たことがあるが、東京あたりでは街の照明が強すぎて、流れ星なんかも見えなくなってしまった。たまには、プラネタリウムに入って、大昔の夜空をながめるのもいい。

« 吹奏楽の演奏 | トップページ | 昭和記念公園散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吹奏楽の演奏 | トップページ | 昭和記念公園散策 »