« ひさしぶりの銀座 | トップページ | 登戸まちなか遊園地 »

2019.11.15

氏神様

1日と15日は氏神様にお参りに行く。地域の人たちが長いあいだ心を向けてきた場所なので、私たちも毎日無事に過ごさせてもらっていることを感謝し、足を運んでいる。特にご神体のことなどは詳しく知らないが、それでもいい。この14日から15日にかけて、皇居では大嘗祭が行われた。これなども宗教行事というよりは、長いあいだの慣習にのっとって行われているものだろう。ちょっとお金をかけすぎるのはどうかと思うが。

神を敬うことはいいことだと思う。ただ、神の名を借りて戦争を起こしたりすることがあるので、用心はしなければならない。古来、日本人にとってはすべてが神だった。ほとんどアニミズムといっていいが、これは悪くはないことだと思う。山の神、海の神、火の神、水の神、風の神、かまどの神、便所の神・・・。ま、宇宙の法則は人知を超えた神のようなものだから。

水も空気も
火も風も
石もマグマも
生き物も
みな波動なのだ

« ひさしぶりの銀座 | トップページ | 登戸まちなか遊園地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひさしぶりの銀座 | トップページ | 登戸まちなか遊園地 »