« 焼きいも | トップページ | ハゼ »

2019.12.01

祈り

けさの「心の時代」は写真家の桃井和馬さんで「戦場から祈りへ」という話だった。キリスト教系の話は、ちょっとだけ見るぐらいでて消去してしまうことが多いが、今回は惹きつけられた。

番組案内にはこうある。
世界140か国以上をまわり戦場や紛争地の写真を撮ってきた。しかしある時から、争いではなく、自然など人間を超えた大いなるものにレンズを向け始めた。そして桜美林大学の客員教授を務める現在、学生たちと共にスペインの巡礼路約1000キロを歩く活動をしている。なぜ桃井さんの被写体は変わっていったのか?なぜ、いま学生たちと共に巡礼路を歩くのか?桃井さんの歩みをうかがう。

再放送が7日(土)の午後1時からある。

助けてくださいと
祈るんじゃなくて
何が起きても
耐えられる心が
持てるようにと

« 焼きいも | トップページ | ハゼ »

コメント

心が変われば
状況が
同じでも
救われたのと
同じこと

そんな経験を、昔にしました^^

投稿: うきふね | 2019.12.03 13:20

★うきふねさん、
ほんと、受け取りかたしだい、考え方しだいですね。
きょう、古い歌を整理していたら「時には死さえ癒しなのだ」というような言葉に出くわしました。

さしあたっては、毎日、小さな幸せを見つけることが
大切だなと思います。

投稿: リプル | 2019.12.03 14:55

何が起きても
耐えられる心が。

全く同感です。

投稿: 秋桜 | 2019.12.04 19:43

お久しぶりです、2年ぶりくらいでしょうか、退会しましたがこちらでも恋音でお願い致します。

恋も
仕事も日常も
耐えられる心があれば
何が起きても
前に進める

投稿: 恋音 | 2019.12.05 12:58

★秋桜さん、
耐えるというときついですが、受け入れられる心と
したほうがいいかもしれません。実際、そうしなければ
ならないことが多いですからね。秋桜さんも、大過なく
過ごされているようで嬉しく思います。

投稿: リプル | 2019.12.05 14:58

★恋音さん、
ひょっとして美~さんでしょうか。
12月号には秀逸な作品が載っていましたが、本当に退会
されたのですか。いや、人違いかな?

広大な宇宙
壮大なる今
ちっぽけな
人間が
何をわめくか

という感じもします。

投稿: リプル | 2019.12.05 15:56

はい、退会いたしました。
覚えて居て下さり有り難うございます。美~です。

投稿: 恋音 | 2019.12.05 21:08

★恋音さん、
五行歌を始めたばかりのころ、掲示板で楽しく
やりとりをしたのを懐かしく思い出します。
得意の恋の五行歌はもう応募されましたか。
私もなにか作って出すつもりです。気持ちの
上では若いつもりですから。(^-^)

投稿: リプル | 2019.12.07 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼きいも | トップページ | ハゼ »