« きのうの歌会の秀歌 | トップページ | たまりばーる »

2019.08.24

真夏の花

真夏の花は
一日花
つぎつぎ
散って
百日紅(さるすべり)

朝刊をみてびっくり、私の歌が特選になっている。だいぶ前に投稿したものだが、高校野球などで紙面がとれず、五行歌欄はしばらくお休みだったのだが、再開されたようだ。

ノウゼンカズラやムクゲ、芙蓉などは一日花と知っていたが、サルスベリは確信がなかったので、あとでネットでしらべた。そうしたら、やはり一日花とあった。ちなみにムクゲは韓国の国花である。

草壁先生の講評:特選歌、真夏にずっと勢いのいい百日紅の謎の存在が、この一首ではっきりとらえられた。ほんとだな、と共感。

四行目の「散って」はネガティブなイメージなので、本当は「咲いて」のほうがよかったかもしれない。「咲いて散って」でもいいか。

真夏の花は
一日花
つぎつぎ
咲いて
百日紅

« きのうの歌会の秀歌 | トップページ | たまりばーる »

コメント

もみじ葵の花
一日一花
灼熱の太陽を
謳歌して
へこたれもせず散ってゆく

投稿: tama | 2019.09.01 20:35

★tamaさん、
返歌ありがとうございました。
モミジアオイも綺麗な花ですね。
強い紫外線には勝てず、一日花として
毎日新鮮な花を咲かせれば長く花を
持たせ、子孫を増やすことができる。
ノウゼンカズラも酔芙蓉もみんなそう。
植物の知恵ですね。

投稿: リプル | 2019.09.13 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのうの歌会の秀歌 | トップページ | たまりばーる »