« 今風の結婚式 | トップページ | 空調シャツ »

2019.07.28

万華鏡の海

土曜の朝刊(7月27日付け)に、しんゆり五行歌会の有水さんの作品が載った。しかも特選である。

7月の歌会のときにダントツの一席だったので、有水さん本人に電話して、よみうり五行歌欄に応募するようにすすめた。けさ、妻が階下から「有水さんが載っているわよ。特選よ。」と叫ぶ。やっぱり、入選したか。よかったよかった。

階下に降りて新聞を広げると、なんと私の歌も三席で載っているではないか。歌会の歌をすこし手直しして投稿したのだが、今回は先生と意見が合ったようだ。選評を読むと喜びがます。たまにでもいい、こうして入選すると五行歌を続けてきてよかったなと思う。

自分の呼吸で、ふだんの言葉で、思いを五行に書くだけ。俳句や短歌のような約束事はなにもない。こんな自由な詩形が流行らないワケガない。そう思っているのに、五行歌の普及は歯がゆいくらい遅い。だれか有名人でも五行歌を書き始めればいいのにと思うが、いいものはやがては広まっていくだろうとの思いもある。それまでは、いい歌を書くことに専念しよう。

Img029

 

« 今風の結婚式 | トップページ | 空調シャツ »

コメント

「万華鏡の海」たとえが素晴らしい発想ですね。
たぶん私なら、海はゴミの山、くらいしか思い浮かばないでしょう。
たとえも綺麗だしいいですね。

投稿: tama | 2019.07.30 20:02

★tamaさん、
マイクロプラスチックの問題ですからね、
万華鏡の海は言い得て妙でしょう。
善悪は言わず、読み手にゆだねているのもいい。

投稿: リプル | 2019.08.01 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今風の結婚式 | トップページ | 空調シャツ »