« 菖蒲の季節 | トップページ | 額田王(ぬかだのおおきみ) »

2019.06.07

慢性上咽頭炎は万病のもと

妻が耳鼻科に行った。慢性上咽頭炎の検査をしてもらうという。鼻の奥に軽く麻酔をして、綿棒で塩化亜鉛を塗り、出血があれば慢性上咽頭炎と診断するそうだ。ここを治療すれば、いろいろな症状が軽くなる。以前、鼻うがいの記事でも触れたが、外から侵入してくる菌やウイルスは口と鼻を通る。だから虫歯や上咽頭炎の治療は想像以上に重要なのだ。

歯周病や上咽頭炎が原因で、腎臓病、心臓病、糖尿病、アトピー、リウマチ、うつ病、認知症などあらゆる病気になる可能性があるという。要するに、からだの免疫機能が落ちるからだ。私も朝晩、お湯で鼻うがいをしている。今日からは食塩でなく梅酢を少量加えることにした。それもおすすめと聞いたからだ。

« 菖蒲の季節 | トップページ | 額田王(ぬかだのおおきみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菖蒲の季節 | トップページ | 額田王(ぬかだのおおきみ) »