« 尿路感染症 | トップページ | 額田王は生きていた »

2019.05.22

導尿

今日は水曜、定休日。しかし相変わらず、おしっこの出がわるい。きのう医者で薬をもらってあるのでそれを飲んでいる。熱は下がったが、尿のではよくならない。医者は水をどんどん飲んで、尿路を洗い流してしまえばいいと言う。その通り、水を飲み、利尿作用のあるコーヒーや紅茶も飲む。しかし、尿が出ないので、水を飲むのがこわくなった。妻にもいろいろ治療をしてもらったが効果がでない。

夜になると、おしっこが数滴しか出ないときもある。膀胱がパンパンになっている。こんな状態では、夜中に救急車を呼ばなければならないかもしれない。

たまたま新百合ヶ丘総合病院の診察券があったので、夜10時ごろ、病院に電話をした。担当医が直接電話に出てくれて、「こちらでは導尿しかできませんが、いらしてください」と言ってくれた。さっそくタクシーを呼んで病院へ急ぐ。数名が待っていたが、20分ほどで私が呼ばれた。

先生が下腹を触診し、超音波で検査をし、さっそく導尿をすることになった。導尿というのは、尿道の先から細い管を入れて膀胱まで送り、膀胱に溜まった尿を排出させることである。そのときはかなり痛いだろうと思っていたが、それほどではなかった。少しずつ下腹の張りがとれて行くのがわかる。救われる思いだ。

850cc、これが導尿で排出された私の尿量である。よくもまあこんなに溜まっていたものだ。先生は、もともと前立腺肥大があり、尿路感染でさらに尿路が狭くなって溜まってしまったのだろうという。袋に溜まった尿の捨て方を教わり、導尿の管はつけたまま、畜尿の袋はレジ袋のようなものに入れたまま手で持って処置室を出た。タクシーで家に帰ると、0時をすぎていた。やばかった!

夜勤で
救急に対応する
先生方が
神々しく
見える

« 尿路感染症 | トップページ | 額田王は生きていた »

コメント

こんばんは!
ブログを読ませていただいて驚きました。
ブログの更新がなく、その後が心配です。
奥さまもご心配のことと思います。
どうかお大事になさってくださいね。
五行歌、その通りですよね。
お返事はお気になさらないでください。
お大事に<(_ _)>

投稿: うきふね | 2019.05.24 19:18

★うきふねさん、
翌日、近くの泌尿器科に行き管を抜いてもらいました、
前立腺をゆるめる薬を処方されましたが、こんどは
よく出るのですが、軟便、空咳などの副作用もあります。
いまは落ち着いていますが、こんど検査を受けようと
思います。

尿モレ
履くパンツ
そんな広告が
目について
しまいます

投稿: リプル | 2019.05.26 09:28

先生、大変だったんですね。
蓄えても出ていかない・・・怖いですよね?
そんな思いをしているのに、病気の診断はないのでしょうか?
お大事になさってください。

投稿: がっぽり | 2019.05.27 15:57

★がっぽりさん、
英語のスパムコメントがいくつも入っていて
削除できませんでした。ココログに連絡したら
いま消えているので返信できます。

病名は尿路感染症でした。前日、近くの内科に
行き、抗生剤と消炎鎮痛剤をもらっていたのですが、
ちょっと間に合わなかったようです。ふだんから
前立腺肥大があり、尿道炎か膀胱炎を起こし、
尿路の内側が腫れて、出なくなっていたようです。
前立腺肥大は男の宿命ですね。

投稿: リプル | 2019.05.28 13:24

スパムがいっぱい!?ついていましたか?
大変失礼致しました。スキャン後、2件を削除したとウイルスバスターで退治しました。

何でもない、情報サイトを見てるくらいなんですが、
どこにでも潜んでるんですね・・・。

今回は問題ありませんか?
大変失礼致しました!

投稿: がっぽり | 2019.05.29 17:38

★がっぽりさん、
管理画面からコメントを見ると、がっぽりさんの
コメントより前に入れられたものだと分かりました。
がっぽりさんのコメントがつけたものではありません。

ココログに解決法をたずねましたら、二時間ぐらいして
消えました。「お前のブログを永遠にブロックした。
ビットコインを振り込め」とかいう内容でした。

投稿: リプル | 2019.05.30 10:59

よかったです。
個人的に楽しんでいるのに悪質な行為は許せないですね!
詐欺や犯罪に巻き込まれる確率が高くなってきましたね。私も気をつけます。

投稿: がっぽり | 2019.05.30 18:51

★がっぽりさん、
世の中はぜんぶコンピュータ化のながれですが、
ちょっとついて行けません。停電でもあれば一体
どうなるのでしょう。自分もPCを使っていながら、
どこかで「おかしいな」と思っています。

投稿: リプル | 2019.05.31 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尿路感染症 | トップページ | 額田王は生きていた »