« 「五行歌」誌・四月号・投稿歌 | トップページ | 雨の真冬日 »

2019.04.09

花あそび

P1200714

カルガモが
川面であそぶ
花びらを
何と
思うだろう

« 「五行歌」誌・四月号・投稿歌 | トップページ | 雨の真冬日 »

コメント

師匠、いつも有り難うございます♪
カルガモさんたちも、水に浮かんだ花びらを
楽しんでいるように見えますね^^

↓の五行歌誌投稿歌も味わい深くていいなぁ。
いつも たゆまぬ歌ごころに尊敬しきりです。
ブログには掲載しませんが、細々と作ってはおります。

投稿: うきふね | 2019.04.11 10:17

★うきふねさん、
何とも思わない、が正解でしょうね。
ただ、今を受け入れる。人はそのために
瞑想なんかしなければなりません。

和紙の包みには、へその緒と産着が
入っていました。

投稿: リプル | 2019.04.11 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「五行歌」誌・四月号・投稿歌 | トップページ | 雨の真冬日 »