« キバナカタクリ | トップページ | 法螺貝の音 »

2019.04.17

しんゆり五行歌会(4月)

善光寺本堂で           有水
一人の生あくびから
順に移り
西方の
浄土のお顔になっていく

シャガの咲く           佳子
裏山で
たぬきの親子が
のんびりと
日向ぼっこ

「女子供に何が解る」        内藤
が口癖だった父
その無能な女子供が
いたからこその
あなたの最期でしたね

ケータイの              京子
料金設定
何度訊いても
わからない
わからない

うつ向いて            早川
この橋を渡る
通り過ぎて
そっと
振り返る

何度か              冨樫
落としても
他を犠牲にして 
生き残る
私のお茶碗

手書きの             リプル
文字は
書き手の
人柄も
伝わる

« キバナカタクリ | トップページ | 法螺貝の音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キバナカタクリ | トップページ | 法螺貝の音 »