« しんゆり五行歌会(3月) | トップページ | イチロー引退 »

2019.03.21

古井戸のお清め

春分の日。風がつよい。11時ごろ、栗平へ叔母を迎えにいった。手づくりの料理や野菜をくれるというので、パッソに積んで来た。叔母は新築の家へは初めて入る。家を建て直した事情を察しているので、時代の流れだから仕方がないねという。

しばらくして、「井戸はどうしたの?」と言う。そこで、私も古い井戸があったことを思い出した。新築の際、なにか忘れていることがあるような気がしていたが、その井戸のことだったのだと気が付いた。井戸は水神様がやどるので、お祓いをしたほうがいい。そう昔から聞いている。そこで、さっそくお祓いをすることにした。本来は神主を頼むべきところだが、私自身が神和教という道に縁があり、そのお祓いの手順は心得ている。略式になるが、心を込めて勤めさせてもらおうと思った。

さっそく神棚にコップ一杯の酒と米塩を供え、「古井戸のお祓いをさせていただきますので、どうぞ力をお貸しください」と祈った。それから、サカキの枝を採ってきて、半紙で「紙垂(しで)」を付け、お祓いの準備をした。

30分ほどしてから、お神酒と米塩を下げ、叔母と我々夫婦と三人で古井戸のあった場所に向かう。叔母が「このへんよ」と言うので、そこに向かい、お祓いをさせていただきますと声をかけた。お世話になったことを丁重に述べ、お清めが遅れたことを詫びた。それから榊を持って、三度お祓いをした。そのあと、お神酒を撒き、米と塩を撒いた。

ビールで乾杯し、食事に入る。叔母はフキノトウや野菜の煮物をこしらえてきてくれた。のらぼう菜のカラシ合えがうまい。うちでは赤飯を炊き、高野豆腐の煮つけ、にんじんシリシリなどを作った。以前は、お彼岸にはおはぎを作っていたが、最近は来客が少なくなったのでお赤飯にしている。それでも妻の仕事は忙しい。叔母は話し好きで、いろんな話をしてくれた。これだけ頭が働けば当分認知症には縁がないだろう。

だいぶ時間が立ってから、神棚を見ると、コップが一つ増えている。お祓いをさせてもらったあと、妻がお礼に水を上げてくれたのだそうだ。そのコップを見ておどろいた。コップにみごとな水花が咲いているのである。水花とはコップの内側に水が小さな泡をつけることだ。数個のときもあるが、サイダーの泡のようにたくさんつくこともある。われわれはそれを見て、思いが天に通じたと考える。叔母もそれを見ておどろいていた。明らかにたくさんの水花が咲いていたのである。毎日上げているコップのほうは何も変化がないのに、お礼をしたほうは水花がたくさん咲いている。

« しんゆり五行歌会(3月) | トップページ | イチロー引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しんゆり五行歌会(3月) | トップページ | イチロー引退 »