« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019.03.31

隅田川の花見

P1200601-640x460 
隅田公園の花見

あちこちで花まつりが行われている。妻は台和町の会場で、野菜、焼きそば、ヤキトリなどを買ってきた。台和町の桜は7分咲きぐらいだが、一週間後では葉ざくらになってしまうだろう。

午後、浅草に行き、母の実家のお墓参りをした。ご先祖様といろいろ話す。死んだら魂は千の風になるのだろうが、お寺やお墓はその基地のようなものだ。

それから合羽橋に寄り、フライパンなどを買う。ここは厨房機器、食器、食品サンプルなど、なんでもそろう。やはり、外国人が多い。フライパンを持ったまま、浅草までぶらぶら歩く。演芸場のあたりや新仲見世通りはにぎやかで、いろんな店があって面白い。若い女性の着物姿が多いが、あれもみなレンタルなのだろう。

隅田川に出ると、川沿いの公園は花見の人でいっぱいだ。スカイツリーが川向うに大きくそびえている。日が傾いてきたので、美しい。平和はありがたい。

すこし冷えて来たので銀座線に乗って帰る。表参道で千代田線に乗り換えたら、小田急線直通の急行「向ケ丘遊園ゆき」といいうのが来た。またダイヤが変わったのだろうか。

| コメント (0)

2019.03.30

ソメイヨシノ

ソメイヨシノは
一度に咲いて
一度に散る
クローンだから
なんだって

| コメント (0)

2019.03.29

さぶい!

すぐ満開
と思いきや
寒のもどりに
震える
さくら桜

| コメント (0)

2019.03.27

「風」という字

今日はきのうよりだいぶ寒い。しかも風がつよい。こつこつと物置の片づけをしたが、なかなか終わらない。そのうち、ずるずる鼻水が出るし、くしゃみが出る。スギやヒノキの花粉、pm2.5とか黄砂、土埃など、いろんなものが飛んでいるのだろう。

むかし、柴崎保三先生から、風という字の語源について教わったことを思い出した。柴崎先生は60歳をすぎてから、鍼灸の古典「黄帝内経、素問・霊枢」の翻訳を始め、80歳すぎに完成させた偉大な人物である。鍼灸学校に行ったとき、何度か先生の授業に出たことがある。

さて、風という字は、凡と虫の会意文字だという。たしかに、凡という字の中に、虫が入っている。凡は凡人の凡で、ほとんどすべてという意味を持つ。虫はヘビがとぐろを巻いて鎌首を上げた姿を表す象形文字だ。その虫はやがて動物全般を表すようになった。生き物全般を表すようになったといってもいいかもしれない。

    風 = 凡 + 虫

なぜ、風の語源が「すべての生き物」なのか。先生の話では、風がにおいを運ぶからだという。フェロモンや花粉を飛ばすかららしい。多くの生物は空気がなければ生きていけないが、その空気が動かなかったら、吐いた息をまた吸ってしまう。適当に風が吹いてくれるおかげで、空気はきれいになるし、異性のにおいも嗅ぎ分けることができるというわけだ。

風に飛んでくるやつの中には細菌やウイルスもいる。そういうのをひっくるめてカゼという。その場合、漢字では風邪と書く。わるい風というわけだ。ま、無風もこまるが、台風もこまる。いずれにしろ、風は生きものすべてに関わっている。

チコちゃんじゃないけれど、風の語源については諸説あるに違いないが、なかなか面白い話だと思う。

| コメント (1)

2019.03.26

さくら一分咲

P1200586-640x479 

26日、桜の開花宣言が出たのでせせらぎ会館まで行ってみた。まだ一分咲きぐらいだが、水面に近い所はけっこう咲いていた。暖かいのでいっぺんに咲きそうだ。芝生の上でお花見をしている人たちもいた。柳も芽吹き、多摩川の土手もうっすらと緑がかってきた。まさに、「やわらかに柳青める北上の~」の風景だ。 

| コメント (0)

2019.03.25

ping送信ができない

ブログ村のランキングに参加しているが、ココログのリニューアルでトラックバック欄が消えてしまった。いろいろ質問欄を調べていたら、なんと「トラックバック機能は2019/03/19に終了いたしました。 」とあるではないか。ココログの記事を書いたら、その都度「ブログ村にログイン」して、pingの代理送信というのをクリックすることになるらしい。面倒な話なので、ブログ村からは撤退したほうがいいかな。

| コメント (0)

2019.03.24

ソファー

居間の
ローテーブルと
ソファーが
運ばれてきた
バイバイ炬燵

| コメント (0)

2019.03.23

ココログ、使いにくくなった

ココログの管理画面がリニューアルされたが、前のものにくらべて格段に使いにくくなった。いろいろ機能が増えたらしいが、ブログなんて簡単に書けるの越したことはない。まずは改行がうまく行かない。以前は、Enterキーで文章を確定し、もう一度Enterキーを押すと改行ができた。行間を開けるにはさらにもう一度Enterキーを押せばよかった。リニューアル版でこれを保存すると、なんと全部の文章がすき間なくつながってしまうのだ。

ココログのホームページに行くと、質問欄には似たような問題が指摘されていた。ほかにも山のように苦情が寄せられ、リニューアルして使いにくくなった、元に戻せ、というような批判がたくさん寄せられていた。ささいなことだが、ストレスになる。

けさ、私の疑問に誰かが回答をしてくれた。それによると、ソースコードを押してソースを出し、HTML言語のdivをpに書き換えればいいとあった。区分divideを段落paragraphに書き換えるといいといいうのだ。段落がたくさんあるので面倒だが、ひとつひとつ書き換えてみると、なるほど前のように表示できた。しかし、毎回こんなことをやってはいられない。

| コメント (5)

2019.03.22

イチロー引退

イチロー引退
後悔なんか
あるわけないでしょう
最後まで
かっこいい

| コメント (0)

2019.03.21

古井戸のお清め

春分の日。風がつよい。11時ごろ、栗平へ叔母を迎えにいった。手づくりの料理や野菜をくれるというので、パッソに積んで来た。叔母は新築の家へは初めて入る。家を建て直した事情を察しているので、時代の流れだから仕方がないねという。

しばらくして、「井戸はどうしたの?」と言う。そこで、私も古い井戸があったことを思い出した。新築の際、なにか忘れていることがあるような気がしていたが、その井戸のことだったのだと気が付いた。井戸は水神様がやどるので、お祓いをしたほうがいい。そう昔から聞いている。そこで、さっそくお祓いをすることにした。本来は神主を頼むべきところだが、私自身が神和教という道に縁があり、そのお祓いの手順は心得ている。略式になるが、心を込めて勤めさせてもらおうと思った。

さっそく神棚にコップ一杯の酒と米塩を供え、「古井戸のお祓いをさせていただきますので、どうぞ力をお貸しください」と祈った。それから、サカキの枝を採ってきて、半紙で「紙垂(しで)」を付け、お祓いの準備をした。

30分ほどしてから、お神酒と米塩を下げ、叔母と我々夫婦と三人で古井戸のあった場所に向かう。叔母が「このへんよ」と言うので、そこに向かい、お祓いをさせていただきますと声をかけた。お世話になったことを丁重に述べ、お清めが遅れたことを詫びた。それから榊を持って、三度お祓いをした。そのあと、お神酒を撒き、米と塩を撒いた。

ビールで乾杯し、食事に入る。叔母はフキノトウや野菜の煮物をこしらえてきてくれた。のらぼう菜のカラシ合えがうまい。うちでは赤飯を炊き、高野豆腐の煮つけ、にんじんシリシリなどを作った。以前は、お彼岸にはおはぎを作っていたが、最近は来客が少なくなったのでお赤飯にしている。それでも妻の仕事は忙しい。叔母は話し好きで、いろんな話をしてくれた。これだけ頭が働けば当分認知症には縁がないだろう。

だいぶ時間が立ってから、神棚を見ると、コップが一つ増えている。お祓いをさせてもらったあと、妻がお礼に水を上げてくれたのだそうだ。そのコップを見ておどろいた。コップにみごとな水花が咲いているのである。水花とはコップの内側に水が小さな泡をつけることだ。数個のときもあるが、サイダーの泡のようにたくさんつくこともある。われわれはそれを見て、思いが天に通じたと考える。叔母もそれを見ておどろいていた。明らかにたくさんの水花が咲いていたのである。毎日上げているコップのほうは何も変化がないのに、お礼をしたほうは水花がたくさん咲いている。

| コメント (0)

2019.03.20

しんゆり五行歌会(3月)

意識なし患者の         澤田(1席)  
胃にコックをつけて
流動食どくどく
それで十年間
どう考えても変です

親切にされると         リプル(2席)
うれしい
心に
ポッと
花が咲く

春彼岸             えんみ(3席)
お寺の白木蓮が
お供えするように
おごそかに咲いている
青空が良く似合う

今回は             京子(3席)
顔の良く見える
選挙だわ
自宅前に
候補者掲示板

間もなく            早川
元号が変わる
国民には
何も変わらない
思いがする

病の癒えた人          有水
病と戦っている人
現状維持の人
病院に集まる
二時間待ちの現状

スーパーでふと気づいた     内藤
誰もかれもが皆マスク
ああ 花粉が飛ぶ飛ぶ
容赦なく
ある晴れた春の日

| コメント (0)

2019.03.19

与謝野光先生

与謝野光先生の
授業は圧巻だった
黒板に描いた
大きな蚊が
今にも飛びそうだった

先生は与謝野晶子のご長男で、東京都の衛生局長をつとめられた。ときどきテレビで与謝野晶子の写真を見ると、母似の光先生を思い出す。東京鍼灸柔整専門学校の校長をしておられたとき、「衛生学」の授業をしてくださった。実体験に基づいた話はリアルで、面白く、あっという間に時間が過ぎた。

| コメント (0)

2019.03.18

彼岸の入り

あれは
辛夷か     
こぶし
白蓮か
もう
春彼岸

| コメント (0)

2019.03.17

掘り出し物

640x460

土を掘ると
ガラが出て来た
重機がないので
穴を掘って
埋めたのだろう

| コメント (0)

2019.03.16

ホームドア

P1200546_640x436

ホームドア
これで
安心してか
スマホが
できるね

| コメント (0)

2019.03.15

目がかゆい

水曜日が異常に暖かかったせいで、スギ花粉が大量に放出されたらしい。一時間ほどユズやスダチの剪定をしていると、鼻水が出て来た。目もかゆい。

翌日の木曜日は、とくに症状がひどかった。とくに目がかゆい。これがスギ花粉症の特長である。若いときは、目の玉を取り出して水で洗いたいくらいだった。そんなことを懐かしく思い出した。鼻水もお湯のようにツーッと流れてくる。

昔はスギ花粉が原因だとは分からなくて、治療室で使っていた灸頭鍼の煙が原因かと思っていたこともある。スギ花粉症と分かってからは、抗ヒスタミン剤を飲んだり、青汁、漢方薬『鼻療』などをのんだ。

免疫力を高めるため、もちろん鍼灸もやった。濡れマスク、鼻洗いなどもやった。しかし、アレルギーの治療は長期戦である。

年とともに症状は軽くなり、今ではとくに薬は飲んでない。ときどき、鼻うがいをするぐらいだ。毎朝、ホットヨーグルトを食べているが、あれなんかも効果があるように思う。

昔は、ばい菌や寄生虫と戦うために免疫システムがフル稼働していた。今の生活は非常に清潔になって免疫システムが暇になった。そのため、花粉ごときに反応してしまう。アレルギーの人が増えた。膠原病などの自己免疫疾患も増えた。

科学の進歩はありがたいが、ぜんぶがうまくいくとは言えない。

| コメント (2)

2019.03.14

数学の日

3月14日は、ホワイトデー。バレンタインのチョコに返礼をする日で、いつのころからかそう呼ばれている。何がホワイトだかは分からない。チョコをもらわなくなった私は、お返しのことなど考えなくていいのでらくだ。

この日は「数学の日」でもあるらしい。3.14だから、正確には「円周率の日」だという。そう、円周率(パイ)は3.14で計算する場合が多い。これは、実際には3.14159265…と無限に続く。なぜ無限に続くのか分からない。だが、こういうのを無理数と呼ぶらしいので、なんとなく納得する。

     π=3.14

ときどき、円周率を何千桁、何万桁と暗記している人がテレビに紹介されたりするが、おそれ入谷の鬼子母神だ。ああいう人は認知症になる可能性が低いだろう。

| コメント (0)

2019.03.13

春は黄色

Nanohana_640x425

春は
黄色
花も
虫も
踊る

| コメント (0)

2019.03.12

大地震の翌日の新聞

News_640x426
三陸海岸の壊滅状態を伝える朝刊

| コメント (0)

2019.03.11

3.11

東日本大震災
あれから8年
ことば無く
ただ
黙祷する

| コメント (0)

2019.03.10

ふきのとう

P1070674_640x426
蕗の薹

フキノトウが
開いている
こうなる前が
うまいのだが
暖冬のせい?

| コメント (0)

2019.03.09

人は中身

人は中身
と思いながら
外見で判断している
外見も
その人ではある

| コメント (0)

2019.03.08

断捨離の目的

ものがいっぱいあって、片づかない。 だから、ものを減らせばいい。捨てればいい。ところが、なかなか捨てられない。まだ使える。いつか使う。買ったとき高かった。大切な人から記念にいただいた。要するに、もったいなくて捨てられないのだ。だから片づかない。

久しぶりにまた、断捨離のやましたひでこさんの話を聞いた。断捨離はものの片付けが目的ではない。気持ちよく暮す手段なのだ。

| コメント (2)

2019.03.07

妻の誕生日

結婚式の
祝辞のごとく
いつのまにか
とも白髪に
なってしまった

妻に
はり治療
今年は
これが
誕生祝い

| コメント (0)

2019.03.06

エナガ

Dsc_1549_800x542
エナガ

小さくて
動きが速く
カメラマン泣かせだが
かわいい
エナガ

エナガは
10羽ぐらい
群れで来る
鳴き声も
心地よい

| コメント (0)

2019.03.04

「五行歌」誌3月号・投稿歌

あなたなしの
人生なんて
考えられません
と古い日記に
書いてありました

ありがとう
と思えばしあわせ
ありがとう
と思いつづければ
一生しあわせ

人は
金太郎飴
なにをやっても
自分が出る
ほらね

書き込みや
赤線の多い本を
処分する
昔の自分を
削除するように

ああしたらよかった
と思うことがある
そうしたら
どうなったかは
わからないけれど

コンビニの前を通ると
自動ドアがあく
暗い路地を行くと
いきなりライトがつく
街は仕掛けだらけ

| コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »