« バレンタインデー | トップページ | 引き渡し式 »

2019.02.15

おことば

ついたちと15日は氏神様にお参りしている。日々、無事に暮して行けることを感謝し、そのお礼に行く。

むかし神和教という神道系の宗教に縁があって、自分が行き詰まったとき、そこの先生にいろいろ相談をしていた。先生から話を聞くこともあるが、神前で「おたずね」をするとその先生に神様が下りてきて、いろいろ教えてくれるのである。神様の「おことば」をじかに聞くことができるというわけだ。

はじめは叔母が通っていて、わたしは運転手として行っていた。疑り深い私は、心でせせら笑っていたが、いろんな事象が積み重なっていくうちに、こういう世界も実際にあるのだな、と思うようになった。

あるとき、「今年は毎月15日に雨が降るそうよ」と叔母が言う。そう神様が言っていたというのだ。そんなバカなことがあるものかと思ったが、以来、毎月その15日が気になった。半年以上、たしかに15日は雨が降った。大雨のときも小雨のときもあったと思う。ある夏の日、またその15日がやって来た。かんかん照りの日で、今日は絶対雨など降らないと確信していた。ほうら、神様なんていないだろう。自分が勝った、というような気分だった。

ところが夕方になって、ほんの一瞬、パラパラパラと雨が降ってきた。晴れていたのに雨が降ってきたのだ。雨はすぐ止んでしまったが、私は背筋がゾッとした。こんなことがあるのか、と心底おどろいた。

その先生のことを「拝み屋」さんなんて言っていたが、とにかくなんでもよく当たったのを覚えている。だから私も、よく当たる「拝み屋」さんだと思っていた。叔母は信心深く、その先生を通して、いろんな人の悩みを解決する手助けをしていたように思う。

あるとき、私は一人でその教会に行き、神前で祝詞を唱えていた。「胸すまし」という行で、仏前でお経を唱えるようなものである。胸の前で尺(短い棒のようなもの)を持ち、20分ぐらい「胸すまし」のことばを繰り返していると、その尺が少しずつ上にあがり始めた。自分の意志でなく、なにかに引っ張られるように上がっていくのである。最後は両手がまっすぐ伸びきった状態になった。腕が痛いぐらいにまでに。

やがて、尺が少しずつ下りはじめ、もとの位置に納まった。自分は何が起こったのか分からなかった。なんだか大きな力が働いたことだけは事実だった。そうしたら、わきにいた先生が「今日は神様が下りて来てくださってよかったですね」とおっしゃった。

その日、どうやって家に帰ってきたかまったく覚えていない。頭が真っ白という状態になっていたのだ。ただ涙が止まらなかった。悲しいのではなく、わけもなく嬉しいのだ。心の底から嬉し涙が込み上げてくるのだった。

その後、心がずいぶんらくになったように思う。

« バレンタインデー | トップページ | 引き渡し式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレンタインデー | トップページ | 引き渡し式 »