« 電車の音 | トップページ | 電車の音 »

2019.02.20

しんゆり五行歌会(2月)

莫大な量                 のぶ
廃棄されてゆく
恵方巻き
世界の飢餓を思えば
悲しくなる

春の陽射しに              冨樫
一番のり
つくし
たんぽぽ
合格通知

また虐待                 平田
何故?
どうして我が子を?
寒々とした気分
春が近いのに

聴きながら                熊田
体の中を
自然に通り抜ける
バッハの曲に
老いの心地よさ

でてくる                  京子
でてくる
お宝が
押入れの
奥から

濃い墨で                 リプル
私が生まれた日時が
書かれている
母の遺品のなかの
和紙の包み

« 電車の音 | トップページ | 電車の音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電車の音 | トップページ | 電車の音 »