« 高濱年尾の句碑 | トップページ | ガビチョウ? »

2019.01.23

よみた屋

去年の暮ごろ、新聞に「おじいさんの本買います」というチラシが入っていた。そのチラシを出した本屋は「よみた屋」という。チラシも本屋の名前もうまいネーミングだ。ちょうど本の整理をしていたところなので、それを読んでみた。

すると、哲学、宗教、東洋医学、歴史、言語などの専門書などを買い取ってくれるという。特に戦前のものは高額で買い取ってくれるらしい。うちにはそんなに古い本はないが、もう何年も読んでいない専門書などがかなりある。ゴミにしてしまうのは、本に申し訳ない。

電話をすると、買取依頼書なる書類が送られてきた。身分証明書のコピーを貼り、主だった本の名前を書く。本を段ボール箱に詰めておけば、運送業者が取りに来てくれる。送料は無料。それを査定して、金額が折り合えば買い取ってくれるという。

宅配便は個数が値段に反映するので、段ボール箱は25kgから35kgぐらいになるようにしてくれというが、これがけっこう重たい。妻ががんばってくれて、けっきょく、7箱分を買い取ってもらった。総額2万数千円だったが、ゴミにするよりはいい。誰かの役に立ってくれれば幸いである。

« 高濱年尾の句碑 | トップページ | ガビチョウ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高濱年尾の句碑 | トップページ | ガビチョウ? »