« 虎ノ門はのっぽビルばかり | トップページ | 冬の公園 »

2019.01.31

多摩モノレール賞

木漏れ日を
車窓のガラスに
遊ばせて
多摩のまちへと
さぁいこう            のぶちやん

しんゆり五行歌会のメンバーである中川宣義さんの作品が「多摩モノレール賞」をとった。応募したのはこの歌だそうだ。前の三行がきれいだし、あとの二行で多摩モノレールを匂わせてうまく決めている。しばらく多摩センター駅の掲示板に展示されるそうだ。おめでとうございます。「さいこう」のお題を「さぁいこう」にしたのもうまい。

いろんな人が
いろんな最高を
持っている
同じ人なんて
いないのだから

私もこんな五行歌で応募したが、あえなく討ち死。ちょっと理屈っぽいし、ぜんぜん面白くない。

« 虎ノ門はのっぽビルばかり | トップページ | 冬の公園 »

コメント

「多摩モノレール賞」ってネーミングがしゃれてますねぇ~
最高=さぁいこうなんて、よく思いつきましたね。
リプルさんの説明を聞いてわかりました。
五行歌を作る人は、目をつける感性が違うのかな?

投稿: mako | 2019.01.31 21:10

★makoさん、
多摩モノレールという会社が、毎年五行歌を募集して
いるのです。金銀銅の他に多摩モノレール賞というのを
設け、優秀作品は主要な駅にポスターのようにして
貼り出してくれるのです。私も二回入選しました。

投稿: リプル | 2019.02.01 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虎ノ門はのっぽビルばかり | トップページ | 冬の公園 »