« 山内きみ江さん | トップページ | 納戸のかたづけ »

2018.12.11

はり治療で体温が上る

リウマチを患い、大腸がんの手術もしている女性が、2年ほど通ってきている。最初はあちこち痛がっていたが、最近は腕と手のしびれに集約されてきている。少しステロイドも使っているが、全体的には進行せず、だいぶ痛みがおさまってきたと思う。

リウマチは自己免疫疾患であり、症状はさまざまだ。だから一概にはいえないが、はり灸治療はかなり効果がある。うちでは脊柱の針と灸をメインに治療している。背骨の際と、脊柱起立筋に針をし、そのあと温灸を加える。それから手足の症状を追う。

患者さんには、毎日時間ができたら、お尻ころがしの体操をやるようにすすめている。鍼灸と体操で背骨がゆるめば血行がよくな。神経の伝わりもよくなる。そして全体的に代謝が盛んになるから体温が上る。体温が上がれば免疫力も上る。

治療のあと、尿が濃くなることが多い。これは代謝がすすみ、老廃物がふだんより多めに排出されるからだ。眠くなることも多い。だいたい、治療した日はよく眠れる。そして翌朝、顔を洗うとすべすべする。すこしヌルッとした感じになることもある。顔の皮脂の分泌がよくなるからだ。

定期的に、はり灸の治療をしていると、だいたい体温が上がってくる。体温が1度上がれば、免疫力は5、6倍アップするという。いまは平熱が35度台の人も多いが、36度5分以上になれば、丈夫なからだになると思う。

« 山内きみ江さん | トップページ | 納戸のかたづけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山内きみ江さん | トップページ | 納戸のかたづけ »