« 秘密 | トップページ | あちこちスマホ »

2018.10.17

しんゆり歌会(10月)

                            浅井
ほら・・ ほら・・
あれ・・ あれ・・
あの人・・ あの人・・
あせるほどに
脳の奥へ

                            リプル
カメラを持たず
バラ園をあるく
花たちが
ずっと
身近になる

                            のぶ
だれも
使わなくなった
公園のブランコ
風があそんで
さみしく揺れる

                            熊田
クラッシックは
耳だけの鑑賞がいい
LPに針おとし
真剣に鑑賞した
懐かしき青春の日々

                            有水
「疲れたね」
小石みたいな
ひと粒の
ぶどう吸って
皮だけにする夜

                            冨樫
忘れた帽子を
店に迎えに行く
「惜しい」以上の愛情
ウチの子に
なったのだもの

                            内藤
人間四十にして不惑
のはずが逆に
わがまま度が
右肩上がり
ああ 不惑にはほど遠い

                            京子
これも
あれも
それも
みんな
ダリアだ

                            澤田
「山行かば草むす屍 ♪」は
どうもね 
眼窩から
ぺんぺん草なんて 嫌だ
晩秋に ふと思う

                            えんみ
貴女に会うと
私の眠っていた
やる気が
起き上がる
言葉の栄養かも

                            早川
暑かった
夏が過ぎ
果たして
今年の紅葉は
どうなるだろう

                            高岡
桔梗の花の如き母は
十月十五日生まれ 天秤座
穏やかな
この季節のような
生涯でした

                            市橋
行合う空に
金木犀香る
初恋の想い出
鼻腔を広げ胸一パイに
あなたを私の中に閉じ込める

                            大橋
突出した
名作
書ける訳もなし
そこそこのレベルであれば
良しとしよう

                            平田
孫の運動会
ヒヨコの声援を受けて
じいじ得意満面
景品は人参二本
馬鈴薯 玉葱 は?

« 秘密 | トップページ | あちこちスマホ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秘密 | トップページ | あちこちスマホ »