« 柿は豊作 | トップページ | 秋のバラ »

2018.10.28

井の頭公園100周年祭り

P1200017_640x490
顔面紙芝居

日曜午後、秋晴れ。井の頭公園に行った。ちょうど100年目とかで、いろんなテントが出ていた。なかでも、池の大規模なかいぼり(水抜き)のようすを展示したコーナーは見ごたえがあった。絶滅危惧種など、在来の生物を保護するためだ。

陶器、彫金、皮細工、帽子など手工芸品のお店もたくさん並んでいた。似顔絵描き、フェイスペインティングもある。ステージではいろんなバンドが出ていた。となりの男子トイレの屋根が壊れていたが、先日の台風で桜の巨木が倒れたためだ。まだ、根の部分がそのまま剥き出しになっていた。

パントマイムのお兄さんが「考える人」や「ダビデ」などの彫刻を、真似ている。考える人は椅子がない状態で爪先立っているから、太ももがプルプル震えている。けっこう大変なのだ。それで拍手をしたら、前に置いた箱を指差し目くばせする。百円玉を入れたら、こっくりと頷いた。あとで気が付いたが、この人、上野公園でも見たことがある。

野鳥はキンクロハジロ、カイツブリ、オオバン、オシドリなどを見た。

« 柿は豊作 | トップページ | 秋のバラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柿は豊作 | トップページ | 秋のバラ »