« 歌会の得点の公表 | トップページ | 叔母は元気印 »

2018.09.23

お彼岸の中日

いい天気だった。板橋の親戚が三人でみえた。いとこの次女が結婚することになったそうで、寿福寺の墓地に寄ってからうちに来た。ご先祖さまにその報告をしたという。しばらく家の墓地に行っていないので場所がわからなかったようだが、ケータイで何度もやりとりして無事に目的を果たしてきた。

妻はお赤飯を炊き、手作りの料理で歓待した。お彼岸には曼珠沙華が咲くが、うちでは酔芙蓉が咲いている。朝白く、日に当たるとピンクになり、夜はそれが濃くなる。酒に酔ったようになるので酔芙蓉というわけだ。いつも来る栗平の叔母がみえなかったが、夜電話すると、畑に行っていて、中日のことを忘れていたらしい。

P1190822_640x471
酔芙蓉、朝なので白い。赤いのは前日の花。

彼岸を
知らせる
曼珠沙華
うちでは
酔芙蓉が咲く

« 歌会の得点の公表 | トップページ | 叔母は元気印 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌会の得点の公表 | トップページ | 叔母は元気印 »