« 猛暑つづく | トップページ | しんゆり五行歌会(7月) »

2018.07.17

エアコンも扇風機もなく

ラジオ深夜便の「聴き逃しサービス」というのがあり、それで、たまたま稲垣えみ子さんという方の話を聞いた。アフロヘアがトレードマークで、朝日新聞の記者だったという。東日本大震災の原発事故を見て、原発に反対するなら電気を使わない暮らしをしてみよう、と思い立ったらしい。

冷蔵庫も掃除機も洗濯機もない。その日は、エアコンや扇風機がなくても快適に暮らせるという話をしていた。エアコンと扇風機を使わなくなって8年たつが、今では暑さが気にならなくなった。エアコンを使っている人のほうが、かえって暑さに苦しんでいるようだという。

もちろん、エアコンがなければ、冬は寒く、夏は暑い。暑いのは暑いが、そのなかで小さな涼しさを拾うことができるのだそうだ。たとえば、木陰とか、フッと吹いて来る涼風とか、かき氷の看板とか、風鈴の音とか。

暑いからこそ涼しさを求めるので、小さな涼しさを見つけることができる。暑いのが当たり前なので、そのぶん涼しさに敏感になる。暑いほど涼しさがありがたい。だから、暑さと涼しさをセットにして感謝できるという。

エアコンがあるとき、暑さは敵だった。スイッチを入れれば一撃で倒せた。だが、いまは暑さが敵でなく、友達になった。電気製品を使わなくなったら、まわりに敵が少なり、友達がふえた。そして心がおだやかになった気がする。

稲垣さんによれば、東京でも本当に寝苦しいのは10日間ぐらいだろうという、そんなときは、ハッカ水をスプレーでからだに振りかけて寝るとらくに眠れるそうだ。蚊も寄って来ない。

暑いなかで暮らしているので、いろいろ工夫をする。また、体調に気づかい、無理をしないようになった、ともいう。この人のことをいろいろ知りたくなった。

情熱大陸に出演: https://youtu.be/Xefs-uXBI9I?t=407


« 猛暑つづく | トップページ | しんゆり五行歌会(7月) »

コメント

おしゃる通り、便利な生活に慣れたら人間、鈍感になってしまいますね。
私はこの暑さで、クーラーつけないと我慢できません。
でも本当は、自然の風を感じてみたいなぁって思います。

投稿: mako | 2018.07.17 19:48

★makoさん、
子どもの頃は、クーラーも扇風機もなかったのですが、
昨今の暑さは尋常ではありませんからね。今日は京都
で39℃とか40℃とかの予報が出ていました。

でも、汗ぐっしょりかいたあとシャワーを浴びて
夕涼みなんていうのも気持ちのいいものなのですが。

投稿: リプル | 2018.07.19 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑つづく | トップページ | しんゆり五行歌会(7月) »