« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018.07.31

リュウゼツラン

P1190522_480x640

P1190520_640x416

50年たつと花を咲かせるというリュウゼツラン。その花が咲いたと、タウンニュースに載っていたので行ってみた。個人のお宅の庭なのでなかなか場所が分からなかった。やっと見つけたが、花はそれほど美しいものではない。ただ、その花茎の長さに驚かされる。4、5mはあったのではないだろうか。花は下側から咲き、上の方はまだ蕾だった。

けさのニュースで、リュウゼツランの花が台風12号の風で折れたといっていた。ここのは幸い、折れてはいなかったが、花を咲かせたから、その生涯を閉じるのだろう。

| コメント (2)

2018.07.30

たまりばーるのお惣菜

P1190501_640x460

29日(日)、台風一過。久しぶりに「たまりばーる」に行って食事する。例によって、ママさんの手づくりのお惣菜がおいしい。

①茄子の揚げびたし

②ミニトマトと胡瓜のとも和え

③おとなのポテトサラダ
 マヨネーズでなく、ヨーグルト

④甘長シシトウの味噌炒め煮

⑤だし巻き玉子

⑥冷や奴 モロヘイヤのせのせ

⑦カボチャの旨煮

⑧ゴーヤの佃煮

焼きピーマンのおすまし

とっても暑いからオマケ:一口スイカ

https://tamaribaru.exblog.jp/

| コメント (2)

2018.07.29

逆行する台風

03

観測史上
始まって以来
がつづく異常気象
今回は
台風の逆行

| コメント (0)

2018.07.28

盆踊り

夕べの盆踊りは
久しぶりに
よく踊った
炭坑節以外は
見よう見まねだけど

| コメント (0)

2018.07.26

百日紅

P1190498_640x480

百日紅
と書いて
サルスベリと読む
夏場
ほんとに長く咲く

上品な
百日紅のピンクが
猛暑を
ちょっぴり
和らげてくれる

| コメント (0)

2018.07.25

身長がすこし縮んだ

身長が
縮んでいると
判明した
予想はしていたが
愉快ではない

| コメント (0)

2018.07.24

P1190428_640x480

七月なのに
もうすぐ
栗が採れそう
ザーッと
欲しいね

| コメント (0)

2018.07.23

カジノ法案成立

東京に
カジノができたら
日本は
こわれちゃうな
賭博場だぜ!

まず
治安のよさが
吹っ飛び
不幸が
伝染する

| コメント (3)

2018.07.22

中野島音楽祭

P1190462_640x480
サミット前ステージ、下布田ティーチャーズの演奏(野球帽は校長先生)

毎年この時期、うちの前の通りで「夏祭り」が行われる。きのうも午後2時からパレードがある予定だったが、今年はあまりにも暑いので家に帰ることにした。ブラスバンド、サンバ踊り、阿波踊りなどが繰り出す。売店もゲームコーナーなどもたくさん出て楽しいのだが、今年はスルー。

3時ごろ、まだ暑かったが、中野島商店街バザール&中野島音楽祭に行ってみた。線路沿いのステージで若い子がバンド演奏をしていたが、暑いせいか観客はまばら。新多摩川ハイムの広場はもうほとんどが片付けられていた。スタッフに3時半までじゃないのと聞いたら、熱中症にならないように、早めに終わることにしたという。

サミット前は日陰で、ここは観客も多かった。ここでは最後の演目である「下布田ティーチャーズ」が「Let it be」などを演奏していた。近くの下布田小学校の先生がたのバンドで、観客の多くは生徒さんだったらしい。サミットで買い物をして帰る。異常に暑い。

| コメント (2)

2018.07.21

よみうり五行歌入選

ふつうの
暮らし
その
ほとんどは
奇跡
              川崎 太田陽太郎

草壁先生の評:
特選歌。よく言われることではあるが、いつも忘れがち。
この五行歌なら覚えられるか。ふつうに書かれ、無駄が
何もないところがいい。

これは標語のような短い歌だが、五行歌は長いのでも短いのでも、内容がよければ良しとする。短い歌は切れ味がよく、インパクトが強い。長い歌はたくさんのことが言えるが、そのぶん内容がぼける。だが、なんでも短ければいいというものではない。長くてもいい歌がある。口語でわかりやすく、歌らしく書ければいいのだ。

ほんとうのこと

自分に
だけ
言う

いつかこんな歌を見たことがある。正確ではないかもしれないが、これが歌かと思うほど短い。それでも、何度か読むと味わいがある歌だとわかる。

| コメント (2)

2018.07.20

暑いですね

暑いですね
としか言葉がない
暑いですね
そう言うと
ちょっぴり涼しくなる

| コメント (0)

2018.07.19

皮膚科へ行く

昨日の朝、近所の皮膚科に行った。右のふくらはぎの上のほうに直径7㎝ぐらいの湿疹ができたからだ。3ケ月前ぐらいに小さな赤い円形のものができて、そのうち治るだろうと思っていたが、なかなか治らず、すこしずつ大きくなってきたからだ。

皮膚科の先生は、まず患部の皮膚をすこし削り取り、それを顕微鏡で覗く。タムシかもしれないと思ったが、そうではないようだ、と言う。ステロイドと抗生剤を混ぜた塗り薬を処方してくれ、それで様子をみようという。

田虫というのは水虫に似たもので、白癬菌が皮膚を侵すらしい。足にできれば水虫で、からだにできれば田虫、男の陰部にできればインキンタムシというわけだ。むかし受験勉強のころ、こいつに悩まされたことがある。ひどく痒かったのを覚えている。

そのときは産婦人科と皮膚科をやっている町医者に行き、紫外線を照射してもらった。パンツを脱いでベッドに仰向けになると、看護婦さんが私の一物をそっと持ち上げ、タマタマに紫外線をかける。恥ずかしかったが治療なので仕方がない。

紫外線をかけた日、風呂に入ったら跳び上がるほどヒリヒリ浸みた。ひどく日焼けして、いきなり熱い風呂に入ったようなものだからだ。何度か通ったら治った。

| コメント (0)

2018.07.18

しんゆり五行歌会(7月)

                        市橋(一席)
命にはかぎりがある
どう生きるか
この年になって模索する
人生に往復キップが
あるといいよね

                        浅井(二席)
歳をとると
人間丸くなる
嘘ばっかり!
どんどん凝り固まって
貴方もわたしも角だらけ  

                        内藤(三席)
上り坂    
アクセルを踏み込めば
夏の大空へ
飛び立って行ける
そんな錯覚

                        高岡(四席)
今日から七月
紫陽花の紫は終えて
ひまわりの黄色が始まる
貴女の遺影の側にそおっと置こう
太陽の大輪を

                        のぶ
なんという
酷たらしい
惨状
二百人超の被害者
西日本豪雨 

                        早川
梅雨明け後
西日本豪雨で
多くの犠牲者
被害の多さと
治山治水の認識新た

                         佳子
西日本豪雨の災害
報道される度
胸が痛む
自然の力に
なすすべもなく

                         京子
現役バリバリ
九十才以上の
女性は
牛肉好きが
多い

                         澤田
「熱中症」なんて
私の辞書にはないよなどと
ほざいていたが
ときどき ヨロメキを感じる昨今
確実に劣化が進行している 

                         平田
養護学校へ
ボランティア
皆一生懸命生きている
本人も家族も先生も
命を大切にして

                         冨樫
長雨が上がり
虫・雑草連合軍との
戦線再開
私は
負けない!

                         大橋
泣ける程の
誠意を
そっと
届けてくれる
あなたの愛は 無限大

                         リプル
ミントや
ユーカリの
蚊よけスプレー
草取りが
ちょっと楽しい

| コメント (0)

2018.07.17

エアコンも扇風機もなく

ラジオ深夜便の「聴き逃しサービス」というのがあり、それで、たまたま稲垣えみ子さんという方の話を聞いた。アフロヘアがトレードマークで、朝日新聞の記者だったという。東日本大震災の原発事故を見て、原発に反対するなら電気を使わない暮らしをしてみよう、と思い立ったらしい。

冷蔵庫も掃除機も洗濯機もない。その日は、エアコンや扇風機がなくても快適に暮らせるという話をしていた。エアコンと扇風機を使わなくなって8年たつが、今では暑さが気にならなくなった。エアコンを使っている人のほうが、かえって暑さに苦しんでいるようだという。

もちろん、エアコンがなければ、冬は寒く、夏は暑い。暑いのは暑いが、そのなかで小さな涼しさを拾うことができるのだそうだ。たとえば、木陰とか、フッと吹いて来る涼風とか、かき氷の看板とか、風鈴の音とか。

暑いからこそ涼しさを求めるので、小さな涼しさを見つけることができる。暑いのが当たり前なので、そのぶん涼しさに敏感になる。暑いほど涼しさがありがたい。だから、暑さと涼しさをセットにして感謝できるという。

エアコンがあるとき、暑さは敵だった。スイッチを入れれば一撃で倒せた。だが、いまは暑さが敵でなく、友達になった。電気製品を使わなくなったら、まわりに敵が少なり、友達がふえた。そして心がおだやかになった気がする。

稲垣さんによれば、東京でも本当に寝苦しいのは10日間ぐらいだろうという、そんなときは、ハッカ水をスプレーでからだに振りかけて寝るとらくに眠れるそうだ。蚊も寄って来ない。

暑いなかで暮らしているので、いろいろ工夫をする。また、体調に気づかい、無理をしないようになった、ともいう。この人のことをいろいろ知りたくなった。

情熱大陸に出演: https://youtu.be/Xefs-uXBI9I?t=407

| コメント (2)

2018.07.16

猛暑つづく

早朝と夕方に
草取りをするが
たちまち汗だく
シャワーが
心地よい

| コメント (0)

2018.07.15

電柱の影

あまりの
暑さに
電信柱の
影にさえ
隠れてみたくなる

| コメント (0)

2018.07.14

ノウゼンカズラ

P1190411_800x599

紫陽花のつぎは
凌霄花の出番
ノウゼンカズラと
読めるようになったが
書くのはちょっとね

私の夏の花
三羽ガラスは
ムクゲ
キョウチクトウ
サルスベリ

| コメント (6)

2018.07.11

ひとつひとつ

いま
いくつもの問題が
同時進行している
ひとつひとつ
解決するしかない

なんとかなる
どうにかなる
いままでも
なんとかなってきた
もの

| コメント (0)

2018.07.10

パスモを落とす

用事で溝の口に出かけ、帰ってきて登戸駅の改札を出ようとしたらパスモがない。ポケットを何度も調べたがない。それで改札口に行って駅員に事情を話した。駅員はすぐ溝口駅に拾得物がないか連絡をとってくれた。そうしたら届け出があるという。記名つきパスモなので、すぐ私のものだと分かった。

さっそく溝口駅に戻り、改札口で身分証明書を提示し、書類にサインをして、パスモを受け取った。売店のところに落ちていたらしい。そう、売店でペパーミントのフリスクを買ったのだ。そのとき、ポケットから財布を出し入れしているうちに落としたらしい。金額は3500円ぐらい入っていたろうか。落としたパスモを拾って届けてくれた人に感謝する。

それからまた登戸駅まで電車に乗って戻る。まだ窓口に先ほどの駅員がいたので、「おかげさまでカードがもどりました。ありがとうございました」と礼を述べた。彼も「よかったですね」と一緒によろこんでくれた。

落としものが
手許に戻る
その確率が
高いこの国を
誇りに思う

| コメント (0)

2018.07.08

七夕かざり

学校では
七夕かざりを
作らなくなったとか
宗教色?
そんなバカな!

| コメント (4)

2018.07.07

建物の解体

あちこちで
建物が解体されてゆく
再開発か
相続か
壊すのも大仕事

| コメント (0)

2018.07.06

不快なニュース

オウムの
死刑執行
不快感に
不快感が
かさなる

| コメント (0)

2018.07.05

蚊よけスプレー

日中なら
蚊よけスプレーで
十分だが
夕方は
ネット帽が要る

蚊よけスプレーは
ミントや
ユーカリの香り
首やこめかみに
シューッ

| コメント (0)

2018.07.04

蒸し暑い

蒸し暑い日だ
八十過ぎの
おじさんが言う
梨山のほうが
涼しいよ

| コメント (0)

2018.07.03

『五行歌』誌・7月号投稿歌

藤の花
垂れ
桐の花
立つ
山の薄紫

生垣に
ヤマホロシの名札
通る人に
何度も何度も
訊かれたのだろう

草むしりして
蚊に刺された
草も蚊も
必死で
生きている

こころと
行動が
一致しない
ときどき
自分が他人になる

古民家の
小窓から
細い光が差し込む
そこは天使の
通り道

カンカンカンカン
遮断機が下りると
カンカンカンカン     
踏み切りも
周囲に気を遣っている

| コメント (0)

2018.07.02

キキョウ

P7_640x493

桔梗が
咲き始めた
風船のような
薄緑の蕾が
かわいい

| コメント (2)

2018.07.01

俳句の先生のため

俳句は
俳句の先生のために
あるのではないか

思うことがある

| コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »