« 長念寺の式典 | トップページ | 踏み切り »

2018.05.16

しんゆり五行歌会(5月)

                      平田
沈没なら
引き揚げよう
沈殿なら
かき混ぜよう
今の私

                      市橋
きみの影になりたい
ぼくの存在が
きみの影なら
いつも
一緒に歩いてゆける

                      のぶ
突然の閃光と
はげしい雨に
洗われて
街の記憶が
更新されて行くようだ

                      大橋
主婦と
主夫を兼ねる
一人身の
気楽さと
不安

                      佳子
人生に限りはあるが
あまりに
突然の別れは辛い
人の命は
何とはかないものか

                       内藤
燕の巣
去年崩れてしまった
そんな不安定な場所に今年も
あなたたち燕夫婦に
人間たちはやきもき

                      京子
今日はダウン
きのうは半袖と
はげしい
気温差
何を着たらいいの

                      リプル
藤の花
垂れ
桐の花
立つ
山の薄紫


« 長念寺の式典 | トップページ | 踏み切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長念寺の式典 | トップページ | 踏み切り »