« いとこの七回忌 | トップページ | 売り手市場 »

2018.04.04

来客

きのうの水曜日は夏日だった。25℃ぐらいあったと思う。義兄とその息子夫婦が遊びに来た。つまり、甥っ子夫婦である。二人はカリフォルニアに住んでいるが、母の墓参りをかねて日本にやってきたのだ。息子の母、すなわち私の姉は4月8日が命日で、その妻の父が4月9日だそうだ。

京子は赤飯を炊き、のらぼうのベーコン炒め、肉じゃが、ひじきの煮込み、お吸い物など、ごく普通の食事を提供した。しばし、5人でゆっくり寛いで歓談した。甥はITのアニメーションなどを作っていて、とにかくコンピュータに詳しい。ケータイさえ持たない私には異次元の人間だ。

久しぶりにアメリカの話や最先端のコンピュータの話が聞けて刺激になった。

若夫婦は大なり小なりアレルギーがあるようだ。そんな話の中で知ったのだが、pro-bioticsという言葉だ。抗生物質のことをanti-bioticsと言うが、その反対語にあたるらしい。意味は、おもに善玉の腸内細菌をふやす健康食品を指すらしい。たとえば乳酸菌や食物繊維をふくむものなどだ。アメリカは日本より健康への関心が強いのかもしれない。

桜が終わった山は、木の芽が一気に吹き出して黄緑色に衣更えだ。俳句では山笑うというが、山ふくらむも有りだろう。実際に新芽が山をふくらませているのだから。


« いとこの七回忌 | トップページ | 売り手市場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いとこの七回忌 | トップページ | 売り手市場 »