« シャクナゲ | トップページ | 肺ストレッチ »

2018.04.14

猫のお葬式

患者さんの猫が死に、ペットのお寺で火葬し、埋葬したという。人間と同じように、丁重に行われ、骨拾いまでしたそうだ。猫は18歳というから、長生きだ。家族が少ないとペットも重要な存在だから、ていねいに見送ってやりたい気持ちはわかる。

うちでも飼い犬が死んだとき、同じ場所で火葬、埋葬をしてもらったが、獣医さん任せで、そういう場には立ち会わなかった。後で、共同墓地にお墓参りに行っただけだ。月毎に区切られ、塔婆が立っていた。一年後、一周忌の法要をやりますと連絡が来たので驚いたが、それにも出席せず、家で手を合わせただけだった。

私には、人間と犬とは違うという気持ちがあり、あまり丁寧にやるのに抵抗を感じていたのだと思う。ときどき妻と思い出話をすることで、慰めになるのではないかと思っている。

ペットがいると心が癒されるということがある。彼らは裏切らないし、人によっては家族以上の存在になるだろう。30匹の猫と暮している人を知っているが、猫が可愛くてしょうがないらしい。きちんと飼っている様子を聞き、りっぱだなと思う。


« シャクナゲ | トップページ | 肺ストレッチ »

コメント

家にも、生まれた日に胎盤が付いたまま拾った猫が二匹います。17歳になりました。まだ元気です。
そんな時が来たら。どうしようかねえと、夫と話します。
次男の家では、8年生きたモルモットを、清掃工場の中にある、ペットの焼き場で焼いてもらい、遺骨をちゃんと拾いました。
まだ雌が生きているので、小さな骨壺に入れて、庭に埋めてあります。お嫁さんは涙をこぼしていました。孫が生まれても放し飼いしています。そばまで来ますが、悪さはしませんでした(笑)

長男は金魚の遺影に手を合わせてます。

私はメダカは、植木鉢にそっと埋葬します。
15年世代交代して、生きてます。

ペットは、本当に裏切らないです。癒してくれます。
思い出して話をしてあげます。
でも、お寺さんには埋葬しないかもしれない。

投稿: 愛子 | 2018.04.15 15:41

★愛子さん、
コメントありがとうございます。
犬も猫も、魚も鳥も、みんないのちを持っている
のだから、お別れもきちんとしたいところですね。
昔は、山に持っていって埋めたりしましたが、
やはり子どもながらに神妙な気持ちになったことを
思い出します。

うちは菜食が多いですが、最近、動物性たんぱく質
もいただくようにしています。そんなとき、
「牛さん、ありがとね。豚さん、ありがとね。
お魚さん、ありがとね」などとお礼を言っていただく
ようにしています。

他の命をいただいて生きていかなければならない。
これはけっこう残酷な話ですね。

投稿: リプル | 2018.04.16 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャクナゲ | トップページ | 肺ストレッチ »