« 23日 | トップページ | めまいは脊柱管狭窄症が原因? »

2018.04.24

縫工筋

膝の痛い人は多い。女性に多く、ほとんどが変形性膝関節症と診断される。膝の内側の半月板がすり減って炎症を起こし、痛むのだ。変形のはげしい場合は、手術を選択することもある。うちでは、鍼灸とカウンターストレインという手技療法、それに自分でできる体操をすすめている。

いま来ている患者さんで、内側半月板の痛みでなく、もう少し後ろが痛いという女性がいる。はじめは膝全体が痛かったのが、その部分に圧痛が限局してきたようだ。内側ハムストリングの付着部の炎症(鷲足炎)かと思ったが、そうでもないらしい。

圧痛をみてゆくと、どうも縫工筋の付着部が痛むらしい。前回、その治療をしたら、帰りにはかなり楽になった様子だった。今回も、鍼灸とカウンターストレインの治療を行った。めずらしい症例である。

からだに
どうしていいか
聴き
それに従うと
いい

これが、簡単にできれば苦労はないのだが。


« 23日 | トップページ | めまいは脊柱管狭窄症が原因? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 23日 | トップページ | めまいは脊柱管狭窄症が原因? »