« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018.04.30

ひばりのパワー

つぎに、道路を渡って井の頭動物公園に行った。暑い日だったが大きな木が多く、ほどよい日陰をつくってくれて爽やかだった。ペンギン、カピバラ、カモシカ、ニホンザル、ツシマヤマネコ、キツネ、タヌキなどがいた。象のはな子は二年前に死んでしまったが、はな子がいたところはそのまま保存され、写真などが飾られていた。

印象にのこったのは、和鳥のコーナーで聴いたヒバリの囀りである。とにかく、透き通るようなきれいな声でさえずり続けている。以前も聴いたことがあるが、スタッフの話によると、この時期は一日中さえずっているそうだ。あの小さなからだから、あのような大きな声が出ること自体ふしぎだが、それを休みなく毎日やっているというからすごい。

すぐ近くにはウグイスの小屋もあり、こちらもいい声を聴かせてくれた。用心深い鳥だが、隠れるものがアオキの葉ぐらいしかないので、動きまわる姿がよく見える。地味な色の鳥だが、切れ長の目がかっこいい。

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

| コメント (0)

2018.04.29

井の頭公園

P1190067_640x480

29日は「昭和の日」。大型連休の後半は天気が悪そうなので、出かけることにした。自転車で稲田堤まで行き、京王線で明大前、そして吉祥寺まで行く。休日なので、井の頭公園はかなりの人出だった。ボートで池が埋まりそうだ。

池の水がとてもきれいになっている。3月ごろ、かいぼりをして水を入れ替えたからだろう。水をぜんぶ抜いて天日干しをし、外来種の生物を排除したというニュースを見たことがある。それまではゴミ捨て場のような状態で、自転車なんかもたくさん投げ捨ててあったそうだ。

まず自然公園に入る。コウノトリやタンチョウ、フクロウ、白鳥、カモ類がたくさん見られた。オシドリは繁殖期なのか、あちこちで鳴き騒いでいた。池のほうでも、カイツブリのペアが奇声を上げていた。

川魚の展示室にも入ったが、フナだのハヤだのと呼んでいた魚だけでなく、その種類の多さに驚いた。すべてにちゃんと名前がつけられている。それは当たり前だろうが、私はほとんど知らない名前だ。ヤマセミが間近かで見られたのがよかった。カワセミに似ているが、色は白く、大きさはカワセミの30倍以上はあるのではなかろうか。

| コメント (0)

2018.04.28

シラン

P1190059_640x473

紫蘭が
咲き始めて
風の中
あいさつに
忙しい

| コメント (0)

2018.04.27

登戸は

登戸は
再開発で
あちこち更地になってゆく
どんな街に
変貌するやら

| コメント (2)

2018.04.26

とらわれ

一つのことに
とらわれてはいけない
と思うが
没頭する時間も
あっていい

| コメント (4)

2018.04.25

めまいは脊柱管狭窄症が原因?

めまいの原因が脊柱管狭窄症だった、というテレビ番組を見た。めまいで苦しんでいる女性が、耳鼻科はもとより、婦人科、脳神経外科などあちこちの病院をめぐる。だが処方された薬は効かず、治らない。

娘さんが雑誌に載っていた記事を読み、その先生のところに行ってみたらとアドバイスをする。以前、娘さんが治療してもらったことのある耳鼻科の先生だ。その先生は、ていねいな問診を行い、耳鼻科の検査を一通りやり、脳のMRIなどをみてくれた。

最後に、難聴などの検査に使う音叉を使ってかかとの感覚を調べた。すると、女性は音叉の振動を感じないというのだ。もう一度MRIを撮ってみて、先生は「めまいの原因は脊柱管狭窄症でしょう」と話した。

脊柱管狭窄があって、足の感覚や脳の命令がうまく伝わらず、からだのバランスがとれず、めまいを起こしていたというのだ。耳鼻科の先生が、整形外科的な診断を下したところが面白い。

その後、女性は漢方療法などを受け、めまいは治ったという。漢方薬でなく漢方療法と言っていたので、ひょっとすると鍼治療も入っているのかもしれない。

| コメント (0)

2018.04.24

縫工筋

膝の痛い人は多い。女性に多く、ほとんどが変形性膝関節症と診断される。膝の内側の半月板がすり減って炎症を起こし、痛むのだ。変形のはげしい場合は、手術を選択することもある。うちでは、鍼灸とカウンターストレインという手技療法、それに自分でできる体操をすすめている。

いま来ている患者さんで、内側半月板の痛みでなく、もう少し後ろが痛いという女性がいる。はじめは膝全体が痛かったのが、その部分に圧痛が限局してきたようだ。内側ハムストリングの付着部の炎症(鷲足炎)かと思ったが、そうでもないらしい。

圧痛をみてゆくと、どうも縫工筋の付着部が痛むらしい。前回、その治療をしたら、帰りにはかなり楽になった様子だった。今回も、鍼灸とカウンターストレインの治療を行った。めずらしい症例である。

からだに
どうしていいか
聴き
それに従うと
いい

これが、簡単にできれば苦労はないのだが。

| コメント (0)

2018.04.23

23日

23日は「ふみの日」と言われるようになったのは、いつからだったろう。手紙を書くことをすすめたようだが、いまではケータイやスマホ、PCのメールが幅をきかせているから、手紙を書くことは少なくなった。

私もキーボードを打つことが多いので、字が恐ろしく下手になった。書いていて情けない。手指の筋肉が文字を書くのを忘れていくのだろう。住所と名前すらへんな字になってしまう。

23日といえば、むかし神道系の宗教にお世話になっていて、毎月名古屋に通っていた時期があった。23日に月次祭(つきなみさい)が行われていたのだ。二十代なかごろから始まって、20年ぐらい続いたと思う。車で往復することがほとんどだったが、新幹線を使うこともあった。

その後、ヴィパッサナー瞑想をするようになり、名古屋には行かなくなったが、その頃おしえて頂いたことは、今でも役にたっていると思う。

| コメント (0)

2018.04.22

今日は夏日
草をむしっていると
蚊が一匹
飛んできた
いよいよだな

| コメント (0)

2018.04.21

つつじ満開

P1190053_640x480
府中県道沿いのオオムラサキツツジ

ピンクの花道を
行くのはいいね
なんだか
いいことが
起こりそう

| コメント (0)

2018.04.20

早い早い

根津神社の躑躅や
亀戸天神の藤が
二週間も早く
満開だって
なんだかせわしない

| コメント (2)

2018.04.19

花大根

Dsc_2033_640x442
はなだいこん

別名、諸葛菜(しょかっさい)、紫花菜(むらさきはなな)、   
大紫羅欄花(おおあらせいとう)などともいう。
たしかに、大根の花に似ている。同じアブラナ科だ。

諸葛菜というのは、三国志の諸葛孔明 (しょかつこうめい)が出陣のさきざきでこの種子をまき、兵士の食糧となるよう栽培したことから。(季節の花300

花大根より
むらさき花菜のほうが
おしゃれな感じ
言葉って
とても不思議

| コメント (4)

2018.04.18

しんゆり五行歌会(4月)

                                                高岡
両手いっぱいの
菜の花摘んで
春色に染まりながら
君と歩く
ソレイユの丘

                        有水
人生は連続する
日付をまたげば
明日の私がいる
つらい日は
明日の私にまかせる

                        浅井
薬 もらったのを忘れる
どこに置いたかを忘れる
飲むのを忘れる
飲んだのを忘れる
先生 どうしましょう

                        冨樫
スギナ線 ドクダミ線
廃線にしたはずの
庭の地下鉄
不認可延伸中
支線までも

                        平田
時は流れ
人は去り
桜も散り
春霞
うたかた

                        早川
黄色い花
菜の花じゃない
タンポポでもない
何の花だか
今でも分からない

                        京子
菩提寺の
ご本尊様の
由来を
花まつりで
初めて聞く

                        リプル
日本に生まれて
よかったと思う
とはいえ
他の国に生まれた
ことがない

| コメント (0)

2018.04.17

大谷翔平

大谷翔平は
打って、投げて
イケメンで
性格もいい
天は何物を与えたのやら     
なんぶつ

| コメント (2)

2018.04.16

藤の花

P1190043_640x480

藤の花が
香る
やわらかく
あまく
清々しい

| コメント (0)

2018.04.15

肺ストレッチ

録画しておいたガッテンの「肺ストレッチ」を見た。呼吸数を少なくすると体調がよくなるという話だった。呼吸数を少なくすると、一回の呼吸が深くなり、酸素が充分とりこめるので健康につながるというのである。その効果は、次のようなものがある。

・血圧が下がる
・冷え性がなおる
・肩こりがなおる
・よく眠れるようになる
・ストレスが減る

肺ストレッチの基本は、肺をつつむ筋肉や胸郭をほぐすことになる。深呼吸を心掛けるのもいいが、番組で紹介されたのは面白い体操だ。息を吐く姿勢で息を吸い、息を吸う姿勢で息を吐くというのである。ふだんと逆の姿勢で呼吸することで、呼吸筋をストレッチし、肺の動きをやわらかくしようというのである。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20180411/index.html

| コメント (0)

2018.04.14

猫のお葬式

患者さんの猫が死に、ペットのお寺で火葬し、埋葬したという。人間と同じように、丁重に行われ、骨拾いまでしたそうだ。猫は18歳というから、長生きだ。家族が少ないとペットも重要な存在だから、ていねいに見送ってやりたい気持ちはわかる。

うちでも飼い犬が死んだとき、同じ場所で火葬、埋葬をしてもらったが、獣医さん任せで、そういう場には立ち会わなかった。後で、共同墓地にお墓参りに行っただけだ。月毎に区切られ、塔婆が立っていた。一年後、一周忌の法要をやりますと連絡が来たので驚いたが、それにも出席せず、家で手を合わせただけだった。

私には、人間と犬とは違うという気持ちがあり、あまり丁寧にやるのに抵抗を感じていたのだと思う。ときどき妻と思い出話をすることで、慰めになるのではないかと思っている。

ペットがいると心が癒されるということがある。彼らは裏切らないし、人によっては家族以上の存在になるだろう。30匹の猫と暮している人を知っているが、猫が可愛くてしょうがないらしい。きちんと飼っている様子を聞き、りっぱだなと思う。

| コメント (2)

2018.04.13

シャクナゲ

P1180996_640x479
石楠花(寿福寺)

桜が終わると
待ってましたとばかりに
いろんな花が
咲きいそぎ
春爛漫

| コメント (0)

2018.04.12

おいてけぼり

電車の中は
みんなスマホ
一人が数独
おいてけぼりの
わたし

| コメント (4)

2018.04.11

春の嵐

暖かいので、草むしりをした。まだ蚊が出てこないのがいい。空気が乾燥しているせいか、あまり汗もかかない。

それから、中野島駅前の「ヒロ」へ行って散髪をしてもらった。大病をした奥さんもだいぶ元気になっている。よかった、よかった。床屋さんは小一時間ほど座っているので、いろんな情報が入る。往きは追い風でらくちんだったが、帰りは向かい風で自転車が進まない。花粉やほこりが飛んでくるので、目がしょぼつく。

お昼は、妻と香華飯店で食事をした。ランチと餃子、きくらげと卵炒め定食。ランチはネギソバとミニ・チャーハンだった。

そのあと、梨をやっている親戚のうちに寄った。もう授粉作業は終わったらしい。暑い日が多かったので、花粉の付きがあまりよくないようだと言っていた。ちょっと相談事もあったが、「どこだっていろいろ問題を抱えているよ」と言われ、すこしらくになった。

| コメント (0)

2018.04.10

ハナミズキの道

P1190013_640x480

上では
ハナミズキが
下では
ツツジが
咲き始めたよ

| コメント (2)

2018.04.09

八重桜

P1190003_640x480

寿福寺の八重桜は、いま満開。牡丹桜ともいう。
また山桜に対して里桜ともよばれるそうだ。

めでたい時に出される桜湯は、この花を塩漬けにしたもの。

子どもの頃、ボタンザクラのボタンが牡丹とは知らなかった。
大きなかたまりになって咲く花は、ボタンという音が似合う。

ぼたんと
落ちそうだから
ボタンザクラ?
それも
正解にしよう

こっち見てよ
と言うから
近寄ってみると
なるほど
牡丹にも優る

| コメント (0)

2018.04.08

花まつり

Amacha1

花まつりは
お釈迦さまの
誕生祭
クリスマスと違って
街は静か

思い通りに
ならないこと多く
足るを知れ
欲を出すなと
自分に言う

| コメント (0)

2018.04.07

梨の花

P1180992_640x457

桜を
追うように
梨の花咲き
すぐ
授粉作業に入る

| コメント (0)

2018.04.06

木の芽どき

冷房したり
暖房したり
落ち着かない
木の芽どき
今日は風

| コメント (2)

2018.04.05

売り手市場

少し前まで
会社の入口は
応募者の長い列
いまは
閑古鳥

今年は
新入社員が一人です
こまり顔の
責任者
世の中は変わる

| コメント (0)

2018.04.04

来客

きのうの水曜日は夏日だった。25℃ぐらいあったと思う。義兄とその息子夫婦が遊びに来た。つまり、甥っ子夫婦である。二人はカリフォルニアに住んでいるが、母の墓参りをかねて日本にやってきたのだ。息子の母、すなわち私の姉は4月8日が命日で、その妻の父が4月9日だそうだ。

京子は赤飯を炊き、のらぼうのベーコン炒め、肉じゃが、ひじきの煮込み、お吸い物など、ごく普通の食事を提供した。しばし、5人でゆっくり寛いで歓談した。甥はITのアニメーションなどを作っていて、とにかくコンピュータに詳しい。ケータイさえ持たない私には異次元の人間だ。

久しぶりにアメリカの話や最先端のコンピュータの話が聞けて刺激になった。

若夫婦は大なり小なりアレルギーがあるようだ。そんな話の中で知ったのだが、pro-bioticsという言葉だ。抗生物質のことをanti-bioticsと言うが、その反対語にあたるらしい。意味は、おもに善玉の腸内細菌をふやす健康食品を指すらしい。たとえば乳酸菌や食物繊維をふくむものなどだ。アメリカは日本より健康への関心が強いのかもしれない。

桜が終わった山は、木の芽が一気に吹き出して黄緑色に衣更えだ。俳句では山笑うというが、山ふくらむも有りだろう。実際に新芽が山をふくらませているのだから。

| コメント (0)

2018.04.03

いとこの七回忌

P1180902_640x480

寿福寺で、従弟の七回忌の法事があった。ソメイヨシノはほとんど終わり、ときどき名残りの花びらが降って来る。山門を入った右側の枝垂れ桜は満開だった。暖かく穏やかな日だが、空は少し黄ばんでもやっていた。スギやヒノキの花粉のせいで、目が痒いし。鼻が出る。

高台にある墓地は、見晴らしがいい。遅咲きの桜が近くに点々と見える。よみうりランドのすぐそばなので、ときどき大きな歓声が聞こえる。そう、まだ春休みなのだ。食事をいただいて、一息ついて家路につく。

亡くなった人は
あちらで
仏弟子となり
修行を
続けているそうな

| コメント (0)

2018.04.02

『五行歌』4月号・投稿歌

駆け込んだ
女性たちを
まもり抜いたという
東慶寺
ゆっくり歩く

雪の日は
不思議に静か
そっと
白い布団を
掛けられたみたいに

小平奈緒選手と
イ・サンファ選手が
抱き合い
日韓の国旗が
寄り添う

原子模型を見ると
物質は空間だらけ
忍者が
壁を通り抜けても
不思議はない

自分のことは
あんがい
見えていない
自分の後ろ姿が
見えないように

陽だまりで
目を細め
世界一しあわせそうな
顔をしてる

| コメント (0)

2018.04.01

花吹雪

P1180887_640x480

きのうのニケ領用水、緑化センターあたりの桜。あちこちで花見の宴。きょうの桜まつりは、なんとか花が持ちそう。

水面を
いろどる
花吹雪
もう
美しすぎる

| コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »